復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

復縁を考えていない状態で元恋人と友人関係になった場合、復縁がしやすい事があります。

友人関係に戻って仲の良い友人として関係を築き上げ、その内にもう一度やり直そうか?という話しになり復縁に至るというケースです。

去る者を追わずの姿勢で待っていると望んでいる、望んでいないに関わらず復縁に至るケースは良くあります。

復縁するのに去る者追わずの精神は一番復縁に近づきやすい状況を作るという事にも繋がります。

復縁を望むなら別れ方はとても重要で、別れ方次第で一人で復縁に至るか誰かの手を借りなければ復縁に至る事がないのか?という事にも繋がります。

しかし、実際に別れ話を持ち出されてしまい、別れたくない…という気持ちを押し殺せる人は中々いません。

別れ方がとても重要であるはずなのに別れ方が上手くいかず、復縁したいという想いを成し遂げられない…と悩みを抱えている相談者の方はとても多くいらっしゃいます。

その状態を打破する為に何も思い浮かばずに復縁屋に相談して来て復縁したいという気持ちをぶつけてくれる方がほとんどです。

復縁したい人のほとんどは追う側です。

恋愛の駆け引きは追えば去り、引けば追われます。

もちろん何も考えず、引けば追われる事はありません。

しかし大抵の人が押せば引かれ、引けば押されるという言葉通りの事だけをしようとして1人で勝手に駆け引きを行っているつもりになって何も出来ません。

相手があって初めて駆け引きは成り立ちます。

独りよがりで押そうと、独りよがりで引こうと相手の心情を操作する事には繋がりませんし、相手の心情を操作する為には相手を巻き込んで駆け引きを行わなければなりません。

去る者は追わずの姿勢は、その典型的なモノで、去る者は追わずの際に気持ちをぶつけた後に待っていても仕方がありません。

待っている姿勢の間には気持ちをぶつけるのではなく、復縁を意識しているから待っているという姿勢でもなく、お互いに良い関係を築いていけるね。という姿勢が出来て初めて去る者は追わずの復縁に繋がります。

去られてしまう…それに気付いた時には押せば引く、引けば押される。

この言葉を思い出し、復縁に向けて前進出来る様に事前にコントロールする事が必要です。

■⇒復縁の為にどんな手紙を書いていますか?

■⇒復縁には「心のゆとり」が必要です