復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁する為には状況をキチンと把握しなければ適切なアドバイスをする事は出来ません。

復縁の仕方や復縁アドバイスを安易に求める人が増えて、それだけ復縁問題で悩みを抱えている人が多いのですが、アドバイスを魔法の言葉の様に誤解されている人も大変多く、安易な考えで復縁を考えている人が増えたという印象をここ最近は受けています

復縁アドバイスというのは復縁の為に何をするべきか?というアドバイスであって、当然の事ながら相談者に問題がある部分があれば相談者に問題を改善する為にアドバイスをさせていただく事も復縁アドバイスになります。

都合の良い事ばかりを考え、「本気で復縁したいと思っています」と口先だけで復縁を考えている人であれば、ハッキリ申し上げまして復縁は難しく、その状態であれば相談者ご本人様の「問題点」について指摘させていただいています。

例えば何かしらのアドバイスをお伝えした際に「分かりました!」という人はとても多く、「分かりました!で、何をすればいいんですか?」と全てを求める人は更に多くいらっしゃいます。

「分かりました!」という時点で理解し、本当に分かったのであれば、そこから先を他人に聞く必要があるのでしょうか?分かったのであれば自ずとその先に繋がるモノが見えるのではないでしょうか?

「分かりました!」という言葉が出た後に、分かったのであれば他の問題が出て来る事に気付くのですが、分かったにも関わらず、何をすれば良いかが分からない人=理解出来てない人が多くいらっしゃいます。

本気で復縁したいと考える人が本当に理解しているなら、分かりましたという事について考えるはずなのですが、分かりましたの後に何も考えず、何でもかんでも与えてもらった通りにすれば復縁出来るほど復縁は甘いモノではありません。

付き合っていた時に復縁したい相手に何かしらの問題を指摘される事や復縁したい相手が嫌だと言っていた事をロクに気にせず、考えもしなかったからこそ別れを決断されたにも関わらず、また同じ事を繰り返している状態で、どこをどうすれば復縁に繋がると思えるのか?復縁屋の立場から言わせていただきますと不思議でなりません。

そして、それすらも分かっていない人に対してアドバイスを続けますが、復縁調査や復縁工作の事を聞かれ、その説明をさせていただくと復縁屋はビジネスだからそうやってお金を支払わせようとするんですね!!!と仰います。

まず第一に、復縁屋はビジネスだという事は間違っていませんが、別れる前から復縁したい相手に言われていた事を直そうとする意思がない人、そして改善の余地がない人に対して復縁工作のセールスをする事はありません。

復縁工作を行うレベルにすら達していないにも関わらず、お金を支払わせようとするんですね!と言われてしまいますが、そういった方に対してセールスしても復縁成功率は0%でしかなく、0%の復縁成功率であれば復縁工作の依頼をお請けする事はありません。

復縁屋は復縁工作をセールスする事もありませんし、相手と連絡がつかない、どこにいるかも分からない状態で、更に復縁の為に改善する意思もなく、復縁をやり遂げるという意志も感じられない。

復縁したい相手を探して欲しいという状態にも関わらず「依頼は有料ですか?」と耳を疑う様な事を仰る人もいます。

今の状態のこういった思考を持ち合わせている人に対して無料で助けてくれる人物は【地球上】探してもいらっしゃいませんし、そういった人物が今後表れる事もありません。

ハッキリ申し上げまして聖人と言われる人物ですらも匙を投げるかと思います。

口先だけで「本気で復縁したい」と仰る人に対して本気の欠片も感じられない人に対して復縁屋が出来る事はありません。

そして更に酷いのはアドバイスをしてもアドバイスだと理解出来ていない事や、アドバイスをして分かったと仰ってもアドバイスの意味にすら気付けない人、それでどうやって復縁したい相手が嫌だと思っていた部分を察する事や、復縁したい相手が改善して欲しいと思っていた部分に気付くのでしょう?

そして別れて復縁したいにも関わらず何故直す意思も持ち合わせず「復縁したい」という言葉を出す事が出来るのでしょう?

「他人が嫌がる事はしてはいけない」

これは日本人として生まれて日本で育っているのであれば誰もが知っている言葉であり、最低限の教育を受けて来たのであれば当たり前で理解していなければいけない事だと思います。

復縁したいという状況ですから一度は他人が嫌がる事はしてはいけないというルールを守れなかったからこそ別れに至ってしまったのであれば、最低限この部分を直そうという意思がなければ復縁したい相手が復縁しても良いよと言ってくれる事は100%ありません。

何故なら別れた時点で好かれてはいないですし、好かれていない状態で更に嫌だと思っている部分があれば、誰がそんな人と付き合いたい…もう一度やり直したい…と考えてくれるでしょう?

他人の気持ちを理解しようとする意思がない人は誰かと付き合いたい。復縁したい。という言葉を軽々しく言葉に出してはいけない。の前に、誰にも相手にされません。

今の状況を考えてみて下さい。

あなたが困っている状態にも関わらず復縁屋にお金を払う意思を見せても復縁屋からも匙を投げられ、あなたが困っている状態を助けてくれる人はいません。

友人、知人だと思っていた人達もあなたを助けてくれないのではないですか?

自分が間違っている状態にいつまでも気付かなければ何かが周りから変わってくれる事はありません。

時間が経てば経つほどあなたの周りから人はいなくなり、あなたが困った時にお金を払おうとしても誰も助けてくれない状態を自ら作っているのです。

人からお金をもらってでも助けたくないと思われてしまうほどの人物が今の自分の状態だと気付いて下さい。

普通はお金を払わなくても困っていれば誰かが助けてくれるものですが、お金を払ってでも誰も助けてくれない。

復縁屋に断られるという事は、どれだけ酷い人だという事が分かります。

それだけ酷い人は復縁はおろか同性、異性関わらず他人とのお付き合いを考えるべきではないのではないでしょうか?

身勝手な行動を行うだけの人は復縁したいから復縁工作に依頼しようとしても断られてしまいます。

自分が改善しなければならない所は改善する意思がある。

それがあって初めて「本気で復縁したい!!!」という言葉を出す資格があるのです。

その資格をあなたは持ち合わせているでしょうか?

■⇒別れたあの人ともう一度やり直したいなら

■⇒ヨリを戻す為の復縁工作