復縁する為にやってはいけない事3箇条を書いておきます。復縁したいと考えている人がやってはいけない事を覚えておいて復縁に向けて何をしてはいけないかを理解していただければと思います。

復縁する為に自分本位はいけません

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

復縁する為に自分本位な行動(相手の事を無視した連絡、突然の訪問)はいけません。

復縁したいと思いながらも常に自分本位で行動してしまい、復縁したいと縋り、相手の都合を考えなければ復縁する事は出来ません。

復縁する為なのか、それとも自分を忘れて欲しくないだけなのか?相手の都合を考えずに迷惑にも成りかねない行動をすれば復縁したい相手の気持ちは冷めていく一方です。

復縁する為に自分本位な行動をする事で相手から好印象を受ける事はありません。

自分本位な行動をしてしまい、別れた時よりも悪化していく事に繋がります。

復縁する為にかまって欲しいはいけません

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

復縁する為なのか、ただかまって欲しいだけなのか分からない様な接し方は控えなければなりません。

付き合っている当時と同じ感覚で連絡をしてしまい、付き合っている時と同じ感覚で会う約束をしようとすれば復縁したい相手からすれば何故別れを決意したのか分かってもらえていないのか?と考えられてしまいます。

突然恋人と別れてしまえば寂しいと思う気持ちが出て来るのは分かりますが、寂しいという気持ちを持った所でそれをぶつけて良い相手ではなくなっているという事を忘れてしまってはいけません。

復縁したい相手は復縁したいと思っているなら連絡もくれますし、自分からアピールしなくても相手からも連絡が来る事もあります。

かまって欲しいという気持ちを伝える事で復縁に繋がるか?と言われれば相手に気持ちの重さを伝えてしまうだけで得策ではありません。

寂しいから復縁したいのではなく、好きだから復縁したい。

この言葉の違いに気付き、かまって欲しいという事を前面に出すのは避けなければなりません。

復縁する為に相手を否定はいけません。

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

復縁する為にこの言葉を使う人がいます。

「自分ももちろん悪いけど相手にも悪い所がある」

この言葉は正しいかもしれませんが復縁したいのであれば口に出すべきではありません。

相手にも悪い所があるのだから自分だけ折れるのは嫌だという事を相手に伝えてしまっている事と同様ですから、この言葉を復縁したい側の人が口にするべきではありません。

自分も悪いけどあなたも悪いよね?という言葉を使って良いのは付き合っている時までであり、別れた後に同様の言葉を出した所で「それなら復縁したいなんて言わなければ良いでしょ」と一蹴されてしまいます。

復縁したいと思う人は自分だけが直さなければならない部分があるのか?と相手に対する疑問を持ってしまいますが、「自分が復縁したい」という事を忘れてしまっていては復縁出来るモノも出来なくなってしまいます。

復縁する為の3箇条のまとめ

復縁したいなら復縁工作、復縁屋

復縁する為に絶対にやってはいけない事は相手の事を考えずに行動する事や発言する事です。

相手の立場、相手の行動を考えずに復縁したいと伝えた所で相手が復縁したいと考えてくれる事はありません。

復縁したいのは自分、復縁したい相手は自分と同じ気持ちではありません。

付き合っている時と同じ様な気持ちでいて、相手も同じ気持ちであると考えているのは大きな間違いであり、復縁したい側、復縁されたい側で大きく異なります。

復縁を考えるのであれば立場の違いを考え、状況を正しく判断し、その状況に合わせた復縁方法を考えなければなりません。

復縁する為にやってはいけない事をやっていませんか?これ位なら大丈夫だろう…という小さな甘えがたび重なれば復縁とは程遠くなります。

小さな事からコツコツと始めなければ復縁には届かないのですが、小さな事からコツコツと積み上げて嫌がらせをしていればコツコツと積み上げた怒りが溜まって嫌われてしまいます。

やってはいけない事を覚えていただいてやらないようにしていただき、復縁を目指していただければと思います。

■⇒復縁屋を使うメリットとは

■⇒復縁屋を使うデメリットとは