こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル相談員の山下です。

復縁したいと復縁屋へ相談をされる方というのは、自身の復縁の難易度といいますか、復縁の可能性がどれ位あるのか?比較できる判断材料がない為にまったくと言っていいほど認識をされていることはないんじゃないのでしょうか。

復縁屋ジースタイルへ復縁相談なされるほとんどのお客様も「復縁の可能性ありますか?」と問いただしてくることが多いように思います。

復縁屋であれば、復縁できるかどうかの判断が電話相談の段階で認識できるものだと思われているのだということでしょうか。

復縁を望む方の覚悟は?

しかし、いきなり復縁できるかどうかといわれても、人それぞれ付き合いの形というものがあり、因果関係がある以上相違するのは当然で、いきなり復縁できるか問われたところでお答えしようがありませんし、別れた理由もそれぞれ異なる以上、状況、詳細を聞かずして復縁出来るかどうかを判断することは、さすがにプロである復縁屋であっても難解なことです。

さらに付け加えると、離別に至った経緯を伺ったとしても、復縁を望む方の覚悟の違いで、復縁が可能であるかどうかは大きく左右されるものなんですね。

このことをしっかり理解しているのか?復縁屋の相談員としては甚だ疑問が湧いてきます。

復縁したいと望んでいる方は、

別離の原因が自分自身であるという事をしっかり理解しているのでしょうか?

自分自身の考えや行動について熟考をしてきたんでしょうか?

自己改善という、身体的あるいは精神的なエネルギーを使うことに尽力しなければいけない事をきちんと理解しているんでしょうか?

復縁したいと思っているが、その復縁にむけての努力を注ぐ覚悟があるんでしょうか?

このように、復縁したい方自身の意識が、復縁可能かどうかということに大きく関係することは紛れも無い事実なのです。

復縁を目指すに当たって、必須条件である自己改革を軽視していると感じられるならば、復縁の有無を問われたとしても復縁屋である相談員としてはお答えする事は困難です。

このように、自分自身ですら、復縁の為のプロセスを全うもせず、ただ結果だけを欲する人に言えることは、復縁の可能性はないといっても過言ではありません。

改善に取り組む覚悟と姿勢

今伝えた自己の努力を前提に、復縁したい相手との現在の状況も大きいものとなりますね。

復縁したい相手とは絶縁状態の方もいらっしゃれば、友人として良好な関係を保っている方もいます。

絶縁状態とは関係を断絶している状態のことをいいますので、復縁の間逆である縁切り状態なので、連絡する手段もない、相手の居所も見当がつかないといった絶望的な状況ですよね。

最悪、復縁したい相手との関係が悪化している状況の場合は、復縁調査で状況把握し、調査結果を精査した後、復縁工作を実行に移行する形となります。

復縁工作を講じ、心理誘導を行う事で、復縁のための道筋を作って行きます。

さらに大切なことなのですが、道筋を弊社でつけていく間、胡坐をかいてただ報告を待って貰うわけではないのですよ。ここからが依頼者が努力してもらわないといけないことが、自分自身の改善となるわけです。

再三申し上げていることですが、復縁を目指すのであれば、その復縁にむけての努力を惜しまず、全身全霊を注ぐ覚悟を持って必須条件である、自己改革、自己改善に取り組んで頂きたいと考えます。

状況が悪いうえ、自身の改善をも行わない状態では復縁出来る可能性は殆どないといっても過言ではありませんし、どちらかが欠如しては何の意味もなしません。

復縁は、復縁したい相手がいるということを、しっかり理解して下さい。

復縁屋ジースタイルでの復縁を望まれる方、今現在でも、復縁したいと切に願ってやまない方、1人での復縁は困難と悩まれているのであれば、弊社でお手伝いさせて頂きますのでご相談してください。

本質を見つめる大切さ

ポジティブ過ぎて復縁出来ない