復縁できる人と復縁出来ない人。この両者の違いはなんなのか。
別れた原因は三者三様ではありますが、実際に復縁できた人に多く見られる共通点を今日は探っていきたいと思います。

現実を受け入れている

復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

「別れた」「振られた」「もう私は彼の彼女じゃない」「もうあいつの夫ではない」
こういったつらい現実を受け入れることができない人が多いのも事実であります。
その人の気持ちも分かりますし、現実逃避したい気持ちも分かります。
ただ、復縁できる人(正確に言うならば復縁できる可能性の高い方)は、まず現実をしっかり受け入れています。
そこで一旦気持ちのリセットができてます。
だから冷静な判断ができ、次に何をすべきか、自分には何が足りないかが見えてきます。
反対に復縁出来ない人(正確に言うならば復縁できる可能性の低い方)は、既に失ったはずの相手の存在が、現在の問題として頭の中に日々残り続け、別れたあとも付き合っているときと同じように相手と繋がっていようとする人がいます。
なので喪失感にまみれ、感情的で、利己的な考え方しかできない人が多いのです。
そのように心の整理と心のコントロールができていない人は、
・一方的に連絡しすぎてしまう
・やたらと相手のSNSをチェックしすぎる
・相手が何をしているのか?を気にしすぎてしまう
・相手の他の異性関係を考えると気が気でなくなってしまう
このような行動を取ってしまうのです。

一言で「現実を受け入れる」と言ってもなかなか人間の感情というのは抑えられないものもあるのは事実です。
そういった時は、「相手との写真や思い出の品を整理してみる」のもひとつです。
捨てたり、燃やしたりする必要はありません。クローゼットやタンスの奥にしまってみましょう。フェイスブックなどSNSの相手の記事を目に付かないところへ遠ざけてみましょう。
心や感情が上手くコントロールできない方は、まず行動でためしてみるのです。

復縁出来ない人は、「独りよがりなままで追いかけ続ける」という特徴があるということです。
現実を受け入れるという作業は、失恋という状況において好きであればあるほど簡単な事ではありませんが、あなたがまず最初にするべき作業なのです。

別れた原因が明確である

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

復縁出来ない人に見られる共通点は、別れた原因が把握できていない、もしくは曖昧であることが多いです。
これも1であった「現実を受け入れる」ことができていない人は、別れた原因を冷静に分析することがほとんどできていません。
復縁できる人の多くは、現実を受け止め、そして別れた原因を明確にできているのです。

では、別れた原因をどうやって明確にするのか。
別れの原因を考えるときに、最初によく間違えるのがここです。自分から振ったのか、相手に振られたのか・・・明確に説明できるでしょうか。
心理的にはどうしても「自分が相手のことを振った」としておきたいものですが、ここは正直になりましょう。
最初のステップは、まずここからです。

そして次に別れた原因はなんだったのか。
例えば、自分が浮気をして振られたなら原因は明らかですが、元カレや元カノが浮気して別れたというケースです。ここで間違ってほしくないのは「浮気をした相手が悪い」と考えてしまうことです。
もしあなたがこう思っているのであれば、復縁は成功に向かって進みにくいです。
このような場合、多くの人は「相手に悪いところを改善してもらえたら」と相手へ要望・要求することが多いのですが、相手が他の人と浮気するということは、必ず根底にあなたへの不満があると理解することが大切なのです。

例えば、
付き合いが長くなり、安心し過ぎて相手の前で気を遣わなくなった
関係に慣れてしまい、相手を放っておくことが多くなった
といった具合です。
付き合い始めのトキメキが薄れ、相手が刺激的な方へ流れてしまったという状況ですが、あなたに心当たりはないでしょうか。
逆も考えられますよね。
相手に対し干渉しすぎた
知らず知らずに束縛してたのかも

とにかく相手が悪いと決めつけず、ここは慎重に自分の反省点を見つけて欲しいと思います。「相手が悪い」という考え方をいったん頭の隅に置ける人、そんな人が復縁できる人に多く見られる共通点です。

突然振られたり、急に音信不通になったりで理由が分からないって人も、間違っていてもよいので自分に考えうる原因を紙に書き出してみましょう。
復縁できる人は、相手を責めたり欠点を変えようとするのではなく、まず相手に受け入れられるような自分に変わっていけるという前向きさがある人なんです。

プラス思考である

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

復縁できる人の多くは物事をポジティブに考えることができ、復縁できない人はネガティブにしか物事を考えられない人が多いということ。
ではなぜプラス思考だと復縁に成功できて、マイナス思考だと復縁できないのでしょうか。

まずマイナス思考の人は、「前はあれだけ好きと言ってくれてたのに」「私はこれだけ尽くしてきたのに」と過去の事実だけに目を向け、未練を引きずり、落ち込み嘆きます。
また「二度と復縁できないかも・・・」というネガティブな感情から入り、頭の中が不安と焦りで埋め尽くされます。そして自分を追いつめてしまうのです。
復縁相談に来られる人の中で、ただただ自分を悲劇のヒロインに自分で仕立て上げて、同情と共感を求めてくる相談者さんもいらっしゃいます。
そうなってしまうと、これからの行動すら否定的に感じてしまうため、前へ進むことができなくなってしまいます。
それにマイナス思考の人は他人のせいにする方が多いのも事実です。相手を攻めつづけている限り、自分から何かを変えていこうという考えに至らないのです。

ではプラス思考の人はと言うと、まず別れた原因が相手ではなく自分にあると考えます。そしてそれを十分に反省し、同じことを繰り返さないように成長していこうと前へ向いて努力します。
自分から成長しようと決めたプラス思考の人は、周りからも魅力的に映ります。
そうすると自然と周りから人が寄ってきます。

「人は自分が思い描いたような人間になる」
これは、成功哲学の第一人者ナポレオン・ヒルの言葉です。
本の中で、「確固たる願望を持つこと」が成功の扉を開ける鍵であると説き、「欲しいものを知れば、それは得られる」「他人を傷つけてまで成功することほど、愚かなことはない」。そして「勝利者は断じてあきらめない」と書かれています。
「復縁できる」「復縁に成功する」ということを信じ続けられる人が復縁できる人なのです。

■⇒夫婦関係破綻の原因の一つすれ違いとは?

■⇒住まいは東京!!復縁させて下さい!