復縁に対して取り組む場合、お客様のお心の状態がとても大切になります。

復縁工作をすれば、100%復縁できるんですか?

そう仰られるお客様もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

ピッチャーとピッチングコーチ

わたしたち復縁屋ができることは調査、そして、お客様とお相手様の縁を結ぶきっかけを作り出すことです。

野球のピッチャーとキャッチャーの関係に置き換えると分かりやすいかもしれません。

お客様はピッチャーで、お相手様がキャッチャーとします。

お客様がしっかりお相手様の望むコースにボールを投げなければ、お相手様はキャッチできないし、キャッチしてくれません。(プロのキャッチャーは意地でもキャッチするでしょうが)

ジースタイルは、ピッチングコーチ兼アドバイザーです。

キャッチャーがキャッチしやすいコースはどこなのかを調べ、そのようなピッチングができるように、お客様をコーチングします。

しかし、実際の試合に臨むのは我々ではなく、ピッチャーであるお客様お一人です。

どれだけコーチがアドバイスしようとも、マウンドにはひとりで立たねばなりません。

それが野球であり、復縁なのです。

ジースタイルというピッチングコーチがどれだけ調べようとも、投球スタイルについてアドバイスしようとも、本番のひとりきりの試合でお客様が良い球を投げなければ、意味はありません。

良い球を投げることができるかどうかは、お客様の日々のトレーニングが必要なのです。

コーチ頼りでそれらを放棄しては、どれだけ復縁工作をしても復縁はできません。

わたしたちは、最大限復縁が叶うように調査致しますし、お客様が復縁できるようにアドバイス致します。

お客様にも、ご自身の『復縁したい』との想いを叶えるために、最大限の努力をして頂きたいのです。

復縁できる人のメンタルとは

では、そうやってお客様ご自身で努力をする中で必要なメンタルとは、どのようなものでしょうか?

以下に、「復縁できる人のメンタルABC」を紹介致します。

言葉の頭文字のABCです。

Aパターンというものではなく、A:あせらない、あわてない

復縁したい』と必死なお客様は、様々なことについて焦って慌てていらっしゃいます。

必死になることは悪いことではありませんが、焦って慌てたからと言って復縁は上手くいくものではありません。

また、そのお気持ちがお相手様に届いてしまうと、お相手様はプレッシャーを感じてしまいます。

復縁するためにご自身を変えるために必死になることは良いことですが、復縁そのものを焦って慌てて必死にならないように気をつけましょう。

焦って慌ててばかりの方に振り向いてくれる人はいません。

落ち着いて、穏やかな気持ちで、復縁に取り組みましょう。

B:べつにいっか

深く考えない。

これは、“ネガティブな方向ばかりに”深く考えないという意味です。

復縁への取り組みに対しては、深く考えてくださいね。(笑)

お相手様が今何をしているかばかりをずっと考え込んだり、過去のご自身の失敗にばかり囚われてクヨクヨしたり。

  • 会社や学校などで偶然会ったのに、そっけない態度を取られた。
  • 目が合った気がしたけれど、無視をされた

ネガティブな方向に考えてしまえば考えてしまうほど、ロクな考えにはたどり着きません。

その一瞬の出来事に一喜一憂するのではなく、もっと大きな視野で物事を考えましょう。

勿論、深く考えたりしないこともまた、良いことではないので、考える加減を調節しましょう、ということです。

考えることは悪いことではありませんが、それ“ばかり”を考え、こらから歩むべき復縁に対して足取りが止まってしまうことは、良いことではありません。

焦って慌てる必要はありません。

しかし、過去にばかり囚われて立ち止まることも、間違いです。

  • 過去のことは過去のこと。
  • 反省はしても、後悔はしない。

反省が無い人は復縁できませんが、後悔ばかりしている人も復縁はできません。

その違いをしっかり認識し、反省にはしっかり取り組み、後悔は押しつぶされる前に「べつにいっか」と切り離す。

それらを足かせにするのではなく、糧にして、ネガティブな気持ちにばかり引っ張られないように気をつけつつ、復縁に取り組みましょう。

C:ちょっとまってみる

AとBにも共通するものですが、焦って慌てそうになったり…例えば、お相手様からLINEの返事がないだとか、既読無視をされたとか。

そういうときに必要なマインドこそ、「ちょっと待ってみる」。

お客様のペースとお相手様のペースは違います。

恋愛関係に限らず、全ての人間関係において、相手のペースに合わせることは大切なことです。

その努力が見えるからこそ、「この人は、自分のことを考えてくれている」と、相手は嬉しく思い、信用が少しずつ芽生えるのです。

それは人間関係の基本であり、それができていなかったから、離別という結果になったのではないでしょうか?

気が短い人と気が長い人、どちらと一緒にいたほうが心地よいでしょうか?

復縁に取り組み焦って慌てて失敗するお客様の共通点は、復縁にばかり目を向けて、ご自身が相手にどう思われているかが抜けている方が多いです。

どんな人物像なら好かれるだろうかを考え、ゆっくり考えて、お相手様のペースに合わせる癖をつけましょう。

まとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁成功率を上げるお手伝い

以上のメンタルで復縁に取り組むことができれば、復縁の成功確率は、今までよりもかなり高いものとなるでしょう。

大切なことは、お相手様のことを考え、落ち着いた気持ちで取り組むことです。

焦れば焦るほどに、その切羽詰った印象が、お客様のイメージを良くないものにしてしまいます。

復縁できる愛情とは、包み込む愛情です。

「逃がさない」と言わんばかりに縋りつく愛情では、復縁はできません。

また、このような“気持ち”の部分だけの改善でも、復縁はできません。

気持ちを改善し、それを行動に反映させて、初めて復縁ができるのです。

行動については、おひとりで取り組もうにも、その方向性がなかなかわからないお客様が多くいらっしゃるでしょう。

そんなときこそ、ジースタイルにご連絡ください。

ピッチングコーチとして、お客様の『復縁したい』とのお気持ちを、しっかりサポートさせていただきます。

このブログをこのお読みだった方はこちらのブログも見ております。

  • ⇒何度もLINEをしてしまう方は、ぜひお読みください
  • ⇒復縁屋を利用することは、卑怯なのか?
  • ⇒サラッとぶりっ子、サラッとあざと子で復縁を目指そう