復縁したい人が悩まれる事の一つに復縁したいと思っていればストーカーになってしまうんじゃないか?と悩まれる事がある様ですので、復縁を扱う復縁屋がストーカーと復縁したい人の違いについて書いてみました。

復縁したい人が自分はストーカーではないか?と心配をされる前にこの記事を読まれ、もしかしたら自分はストーカーなのかも…と考える事が出来るのであれば今の所あなたはストーカーではありませんが、今後ストーカーにならない様に気を付けた行動を心掛けて下さい。

復縁したい人

復縁したい人は純粋に復縁したい相手の事を思い遣り、もう一度関係を作っていきたいという気持ちを持つ事が復縁したい人という事になります。

相手の事を思い遣り、幸せにしたいと願い、その見返りではありませんが結果的に自分も幸せになれる事を望みますが、最初から自分の幸せだけを望むのではなく、相手の幸せがあるからこそ自分の幸せが後から付いて来るという考え方を持ち、過去に「縁」があり、その「縁」をもう一度取り戻したいという気持ちを持たれた後に復縁したいという気持ちが出てきます。

ストーカー

ストーカーは以前に付き合っていた人との関係を取り戻したいと思われる方や、関係がないにも関わらず自分勝手な解釈で「付き合っていた」と記憶を錯誤されてしまう事や、復縁したい人とは異なり、全て自己中心的な考えから行動を移し、結果的に相手に恐怖心を与える事や困らせる事に気付かない人の事を言います。

ストーカーは相手に恐怖心を与えている事や困らせている事に気付かず、他人の気持ちを理解する事が出来ない人、他人の気持ちを自分勝手に解釈する人の様に捉えられ、一種の病気です。

ストーカーの多くはコミュニティ障害(コミュ症)と呼ばれる方達に比較的多い様に見受けられます。

復縁したいとストーカーの違いとは何が違うのか?

復縁したいとストーカーは一見似ている様に感じるかもしれませんが、復縁屋としては復縁したいとストーカーは似て非なるものという認識です。

復縁屋で復縁工作の契約を行う際は事前に犯罪などへの協力が発覚した場合は契約を破棄させていただく旨の書類にサインをいただきます。復縁屋は探偵が行っている事が多いので、探偵業法に基づいた契約を求められます。

ストーカー等の犯罪行為に対して復縁屋が協力する事は出来ず、公安委員会の指導の下で運営されるのですから犯罪行為に協力してしまえば認可の取り消しや営業停止等の処分を受ける形となってしまいますから、犯罪行為を幇助する様な復縁工作の依頼を復縁屋が請ける事はありません。

犯罪行為を行うかどうか?という事を復縁屋は面談時に直接お会いして判断させていただきますが、それ以前に警察からの警告等を受けていれば復縁屋が依頼を請ける事は出来ず、復縁は断念しなければなりません。

面談時に復縁屋が復縁したい人とストーカーを判断する基準としては過去のお付き合いの経緯などを伺う事や、復縁したいと思った後の行動などを詳しくヒアリングさせていただき、ストーカーとなり得るかどうか?を直接見て話しを聞く事で判断させていただく形となります。

復縁屋がストーカーと判断できる人の特徴

復縁屋がストーカーだと判断し、依頼を断る人の特徴としては、基本的に考え方が身勝手であり、復縁したいと言葉では発するものの、行動は復縁とは程遠いものになっている為、一般常識で考えればしない事を平気で行ってしまう等、常識を逸した行動を起こしている事や、その常識外の行動に対して問題があるという事を全く認識していないという事になります。

問題がある事に全く気付いていなければ相手にしてみれば恐怖心を与える結果に繋がる事もあり、結果的に復縁したいという言葉とは裏腹に復縁したい相手に嫌われる為の行動を頻繁に起こす方がストーカーだと判断出来る特徴になります。

復縁屋が復縁したい人だと判断出来る人の特徴

復縁したい人というのはストーカーと異なり、基本的には相手の事を考えた行動を起こす為、〇〇をしたらストーカーになってしまうのではないか?と相手に対する恐怖心を与えてしまう事に対する危機感や嫌われたくない…という前提をもって行動する為、ストーカーと同じ「復縁したい」という言葉を発しますが、相手の事を思い遣った行動をとり、自分を制御致します。

行ってはいけない事の分別をし、復縁したい相手に好かれたい!という気持ちからもストーカーとは全く異なる対応や自分ありきではなく、復縁したい相手ありきの行動をする為に発言も自分本位な発言ではなく純粋に復縁したいという気持ちが伝わってきます。

復縁したい人の行動とストーカーの行動

復縁したい人の行動とストーカーの行動は全く異なり、いても経ってもいられない…復縁したい相手が何をしているのかが気になる…という部分においては同様ですが、そこから実際に行動に移し、相手に恐怖心を与えるかどうかが異なってきます。

復縁したい人の行動

復縁したい人は相手の事を思い遣り、中々行動に移す事が出来ません。復縁したい人にこれ以上嫌われたらどうしよう…復縁したい人に恐怖心を与えてしまえば復縁出来ない…と考える事や復縁したいけれど、後一歩進む事が出来ず、自分が何をすれば復縁に繋がるのか分からない為、一人で悩んでしまいがちです。

復縁の仕方が分からない方は弊社の復縁屋が作った復縁マニュアルを参考にして下さい。自己改善の仕方等、復縁の為に何をしなければならないかが盛り込まれた一冊になっています。

復縁したい人の行動としては何をすればいいのかが分からない為、自分に足りないをどの様に補えば良いかが分からず、行動もインドアになりがちです。

行動だけでなく考え方もインに入ってしまい、プラス思考を持つ事が出来ず、ネガティブな発想から何か行動を起こせばストーカーになってしまうのではないか?という事に行きつき、行動自体をする事が出来ないケースが多く存在します。

ストーカーの行動

ストーカーの行動の多くは自分本位な考え方からインにこもるのではなく、自分が話したくて電話したのに出ないから出るまでかける!等、復縁したい人とは異なりアクティブに動く傾向が強く、復縁したい相手の勤め先や自宅に突然「会いたくなったから。話しを聞いてもらいたくて」といった理由で押しかけ、相手の都合はおかまいなしに行動するという傾向にあります。

相手の事をおかまいなしに行動する要因に

  • ■自分は別れた事に納得していない。
  • ■相手が自分の言った事を聞かないから仕方ない

といった自分本位な解釈が多く、相手の事を何も考えず、自分が行っている行動自体も復縁したい相手のせいにする為、自分の行動を自分だけしか分からない理解から正当性があると主張します。

一般的にみて、その行動はおかしい。という話しをされても正しい判断をする事が出来ず、身勝手な行動から相手を傷つける事に関しても正当性を主張し、自分は正しいと思ったまま間違った行動を起こす為、他人の迷惑を顧みることなく行動的に相手を傷つけます。

復縁したい人とストーカーの決定的な違い

復縁したい人は一度別れという辛い想いをされた為に2度と傷つきたくないと他人に対して牙を剥きませんが、ストーカーは傷つけられた事を相手のせいにし、自分も傷つけられたのだから相手が傷ついても仕方がないと不条理な考え方を持ちます。

こういった攻撃的な部分は直接話せば隠し通せるものではないので復縁屋は面談時にお客様が復縁したいのか?それともストーカーをしたいのか?という事を判断する事が出来ます。

自分の主張だけを当然の権利の様に主張し、相手の事を考えない為に、それらが復縁したい相手だけでなく第三者にも牙を剥き、自分を否定される事を嫌います。

逆に復縁したい人は自分に非がある事を認め、自分を否定する事から始める為、第三者からの意見やアドバイスに関しても素直に耳を傾ける事が出来ます。

人は他人の意見やアドバイスに耳を貸す事が出来なければ成長する事が出来ず、成長する事を諦めた状態から劣化の一途を辿ります。

子供達は遊びや勉強等で学ぶ姿勢を持つ事が出来る為、常に成長する過程にありますが、成人し他人の意見を強制的に聞く事が出来なくなった時点から成長は止まり、衰えていきます。

ストーカーは他人からのアドバイスや意見を聞く耳を持つ事が出来なくなる為、その時点から大切なハズの復縁したい人との関係に於いて成長する事が出来ず、その為、相手にしてみれば復縁など全く考えてもらう事は出来ず、更に自分本位な考え方に拍車がかかり、相手に対する恐怖心を与える行動に発展しやすくなってしまいます。

復縁したいと考える人は逆に、どの様にすれば復縁に向かう事が出来るのか?復縁屋にアドバイスをもらう事もありますが、自分自身で他人からいただいたアドバイスや意見に対して考えます。

もちろん考え方が間違っており、復縁に向かう方向とは異なった方向に進んでしまう事もありますが、常に考え、成長する事で復縁へと続く道はかろうじて繋がる事があるのです。

復縁したい人とストーカーの決定的な違いは自分の非を認める事が出来るかどうか?それによって自分自身で考え、成長するか、成長を止めてしまうかという部分になります。

ストーカーに付きまとわれて別れさせたいという方は弊社の別れさせ工作をご利用ください。

復縁屋でかかる料金、費用

復縁屋とは復縁のプロフェッショナル集団