「復縁したい」と考えて行動してる方の中に、本当に復縁したいの?と思わざるを得ないような人もいます。

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、復縁に向けたサポートを行う際に、まず依頼者様に別れた原因や自分に足りなかったもの、嫌になられた欠点をお聞き済ます。
考えられる原因、欠点を本気で考えてくださいと。

これは、私たちジースタイルが復縁に向けた改善策を見出すための情報収集であり、依頼者様の人となりを知るためでもあるのですが、本当の意味は依頼者様がもう一度自分自身を振り返り、見つめ直し、自分自身と向き合って頂くための質問になっています。
これは、私たちが復縁に向けて取り組む最初のステップになっています。

しかし依頼者様の中には、
「えー・・・分かんないです~」
「私、結構彼に尽くしてたし~・・・」
「たぶん、好きな人ができたかなんかだと思います~」
申し訳ございませんが、恋愛ごっこをしたいなら費用は返しますから復縁を諦めて下さい。

まあこんな依頼者様は稀ではありますが、自分の反省点を丸一日考えて2つ、3つ挙げて来られる方がいらっしゃいます。
口には出さないのですが正直言いますと、本当に復縁したいのですか?って思うのです。

本気で自分と向き合ったなら

復縁屋、別れさせ屋をお探しなら株式会社ジースタイル

本気で自分と向き合ったなら、10や20個の原因や欠点は見付かります。

いや、本気で復縁したいと思うなら、50個でも100個でも見付けるべきなのです。間違っててもいいし、見当違いの内容でもいいんです。とにかく考えられること、思い付くことを洗いざらいさらけ出す必要があるのです。

人は自分の欠点を人には見せたくありません。自分の中で隠し留めておきたい。
ですが、復縁したい依頼者様の中には、お相手の方から何度か注意を受けてたのにも関わらず、表面的な軽い返事でかわし、自分の欠点から目を背け、改善しようとせずにお相手の方から見切りを付けられた方もいらっしゃいます。
別れる前と同じことをまだ繰り返すのですか?そんな依頼者様がいるのも事実です。

「俺は、こことここが欠点だ。でも自分でも直す努力はする。お前の事が好きだから。気付いた時は言ってくれ」と相手に欠点をさらけ出し、相手に正直に向き合っていたら別れることにならなかったかもしれない。
そのうち直そう、あいつは優しいから大丈夫だろう、大した欠点じゃないし・・・ こんな考えが相手に愛想をつかされた原因であるのです。
相手からのサインを無視し続けた結果なのです。

とにかく本気で復縁したいと思うのなら、自分と向き合いさらけ出して下さい。
どんな紙にでもいいので、洗いざらい書き出して下さい。
まずは、そこが復縁に向けての第一歩になります。

どうしても欠点が思い付かない人は

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

人生において、ここまで自分と向き合う機会は滅多にないことだと思います。
なので10個くらいまではスラスラ思い付くまま書き出せていたのに、急にペンが進まなくなる時もあります。
どうしたら良いのか。

そんな時は身近にいる人に聞いてみるのが良いでしょう。
お父さん、お母さん、兄弟がいるなら兄弟に。
あとは親友や仲の良い友達。
あなたと合わない、あまり仲の良くない人に聞いてみるのも一つです。

「私の悪いところってどこだろう?自分でも分かる部分もあるし、見えていない部分もあると思う。でもあなたとこれからも良い関係でいたいから直していきたい。だから正直に何でも言って欲しい」

こうやって聞けば、あなたの欠点や嫌な部分を優しく教えてくれるでしょう。
そこであなたが自分では分かっていなかったことを知ることができます。
気付かされることが多いと思います。

復縁にはその『気付き』がとても重要です。
まずは、自分のことに気付きましょう。自分をよく理解しましょう。
それが出来なければ、相手の不満に思っていることや、本心、本音、危険信号を気付くことなんてできないのですから。

最後に

復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

私たち復縁屋、別れさせ屋ジースタイルが依頼者様に「別れた原因や自分に足りなかったもの、嫌になられた欠点」を聞くときには、ここまでの理由付けや意図はお話しません。

ですので、これを見た依頼者様の中には「そういうことだったのか」と気付かれる方もいらっしゃるかもしれません。
なぜ説明もせずにそのようなことを聞くのか、この事に関しても依頼者様が私たちの気持ちや考えに気付いてほしい、なぜ?と疑問に思って考えて欲しいという意図があるからなんです。

復縁には「本気で自分と向き合うこと」「気付き力を付けること」この2つがとても大切なのです。

■⇒非常に厳しいお話になりますが・・・

■⇒想像の復縁と現実の復縁