人の運命とは人それぞれ様々な形があるように、復縁にもお客様それぞれの形があり、ただ1つの事を行えばいいわけではありません。

今回ジースタイルがご依頼をお受けした復縁工作をご紹介致しますので、お客様のご相談内容に近いものがございましたら、参考にしてみて下さい。

ジースタイルの復縁工作の成功事例のご紹介

過去の復縁工作成功事例をご紹介させて頂きます。各復縁成功事例は、プライバシー保護の為、若干の修正を行っておりますので、ご了承ください。

ジースタイルの復縁工作ケース① 30代女性 付き合っている相手に好きな彼女が出来た可能性が?

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルは復縁したい人を応援させていただいています

A様(以後お客様)は知人の紹介で会社員である40歳の男性(以後対象者)と2年程交際を続けていましたが、別れる間際には、会う度に些細な事で喧嘩が絶えず、対象者から別れを告げられたとの事でした。別れた1ヶ月後にジースタイルeに相談されました。

ジースタイルへの無料相談時に、お客様の復縁したいという強い意志が感じ取れた為、早急に面談にて詳しい事情を聞きお客様の復縁の為のプランを立てる事となりますが事前に電話にて相談いただいた内容ですと新たな恋人の問題が焦点になりそうでした。

復縁へのスタートはまずは対象者の情報を収集する事から始まりますが、これはどういったお客様であっても変わりません。

相手の状況が分からなければ何をどうすればいいのか?という解決策を見出すことも難しく、ジースタイルでは復縁調査の重要性をお客様にご説明させていただいていますので、対象者の生活サイクル、性格や趣味、交友関係、LINE・メールの文面、会話した内容等、過去の状況も含めた現在の復縁したい対象者の事を詳しくお聞きし分析していくことになります。

お客様は、失恋した痛手からかなり動揺しており、辛いかもしれませんが、対象者と付き合っていた当時の記憶を思い出してもらう事になります。

ジースタイルでは過去の良い状況も悪い状況も思い出していただく際に、あまりの辛さから涙を流してしまう方も多い事から面談室を設けさせていただき、ジースタイルにご来社いただいた方には今の状況をしっかりとヒアリングさせていただき、思いの丈を吐露していただきます。

お客様の状況は特に別れを告げられた2ヶ月前から遡り、出会いのキッカケやお付き合いの最中の経過等の詳細をお伺いさせていただきました。

普段、頼りがいがある優しい素敵な彼でしたが、口論の際よく口にしていた事は、「以前付き合っていた彼女はこういう女性だった」「女性とはこうあるべきだ」などと、以前付き合っていた彼女の事を引き合いに出していた事や、自分が考える理想の女性像を押し付けたりしていたと言います。

またLINEやメール、電話履歴から返答の頻度などを分析し、対象者の生活リズムと照合しながら、心理状態を読み取るという方法を試みます。

対象者は浮気はしていなかったと、お客様から伝えられてはいたのですが、ジースタイルの専門カウンセラーのヒアリングの結果、別れる以前から、恋愛対象としての女性の存在があるという判断に至っていましたが、裏付けがない為、その可能性があるという事を事前にお伝えさせていただきます。

2時間程の面談を終えた結果、現在の対象者の状況や気持ちを正確に把握し、2つの復縁工作プランを提案させていただき、まずは事前の復縁調査を行う事になります。

15日間の復縁調査により、ジースタイルの推測通り女性(以下を第2対象者)の存在が浮かび上がる事になりました。

復縁調査期間はお客様とジースタイルの担当者がほぼ毎日の様に連絡を取り合い、お客様が暴走してしまわないかどうか?というお客様の制御と過去の状況からどういった反省すべき点があるか?そしてその問題解決に向けてのアドバイスを実施させていただき、自己改善の部分では順調に進んでいましたが、第2対象者の存在をジースタイルの担当者がお客様にお伝えすると、やはり暴走してしまいそうな所をジースタイルの担当者が制御させていただきました。

この時点でお客様が暴走し、復縁を迫ったところで確実に復縁は出来ない所か、新しい女性との逢瀬を邪魔されるような形になれば恨みをかってしまい、復縁を考える事は100%なくなっていたと思われます。

二人が密会する所を確認し、関係性を分析していく事にし、会う時間帯や回数・会話の内容から考察すると、まだ交際期間は短く、関係性は浅いと判断出来る所があり、焦るお客様へとその旨をしっかりとお伝えさせていただきました。

次にとった行動は第2対象者に対して身辺調査を開始し、情報を収集するという方向に進むのですが、相手の情報が何も分からなければ対策を立てる事も問題を解決に導く事にも繋がりませんから第2対象者に関しても調査を行うことによって、お客様の復縁に繋がる為の穴を見つけるのです。

復縁調査をすると、いくつかの事実が判明します。第2対象者には、他に付き合っている男性が存在し、その男性の方が対象者との関係よりも親しく感じ取れました。

その事実をお客様に報告し、承諾を取ったうえで本格的な復縁工作に移行する事になりました。

対象者に対して復縁工作活動を行い、その一方で、第2対象者の別の男性に対しては別れさせ工作を行う事で、第2対象者の浮気の事実を、それとなく対象者に知らせる手法を取る事になります。

接触の方法に関しては対象者の職種が特殊な職種であった為、こちらで書いてしまいますと万が一にもこの記事を発見されてしまった際にお客様がジースタイルに相談した事が気付かれてしまう可能性がある為、控えさせていただきますが、特殊な職種であった為、普段他分野との交流がない為か、意外とアッサリと接触自体は成功します。

復縁工作開始からから約3週間後、別働隊で動いていたジースタイルの別れさせ工作員が対象者と第2対象者の関係を終了させる事に成功し、対象者は恋人のいない状況を作り上げる事が出来ましたが、お客様から事前にいただいていた情報やヒアリングをしっかりとしていた所から対象者を崩す事に成功したという事になります。

もしもお客様のヒアリングをしっかりとしていなければ、こういった結果にはなっていなかったかもしれませんが、事前に時間を割いていただき状況判断を丁寧にする事で出来た結果であるとも考えられます。

その後は契約当初から行っていたジースタイルの担当者から指示をさせていただいていた復縁アドバイスによってお客様自身が自分がしてしまった事をキチンと理解をし、何が対象者から別れを告げられてしまった原因か?という事を理解していた為、自己改善においても順調にいっていた為、ジースタイルの担当者との打ち合わせの結果、対象者との偶然の再会が出来るタイミングを見計らって自然な形で再会させる事に成功したわけです。

「対象者からもう一度告白されたい」というお客様の強い思いがありましたので、再会後は自ら復縁については触れさせずに「対象者から告白をさせる」方法をお客様の強い気持ちの元にジースタイルの復縁工作員が対象者を誘導していきます。

対象者からも復縁したいという気持ちはあるものの、自分がした事などを考えると簡単に復縁したいとは言えないという言葉を引き出しましたが、時間をかけて女性から告白させるのは男性としてどうなのか?という事を考えさせ、悩ませる時間を持たせた結果、復縁工作員の描いた方向に持っていくことに成功しました。

現状で他に女性がない事も功を奏して、お客様は気持ちに焦りが消え、強い気持ちを持つ事が出来た為、復縁工作の依頼から約3ヶ月後、対象者から改めて復縁の話を持ちかけられ、それをお客様は快く承諾し、新たに生活を始める為の同棲生活をスタートいたしました。

お客様が復縁できた事実を確認し復縁できたというお客様から声をいただき、調査、及び復縁工作活動は終了しました。

ジースタイルの復縁工作ケース② 20代女性 ケンカが絶えず夫が家を出た

復縁したいから行動したい…復縁相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

B様(以下お客様)は結婚5年目で、4歳になるお子さんがいる中で、夫(以下対象者)に離婚をつきつけられており、自分一人では離婚を避けられないと考え、ジースタイルの無料相談に連絡を取ってきました。

離婚問題については、世間ではよく弁護士を通して相談するのですが、近年では復縁屋を利用するケースが増えてきています。

夫婦間の問題で弁護士は別居などを勧め、お互いに冷静になって話しを出来る状態を作る事を勧める弁護士や離婚カウンセラーに関しても一度離婚をし、改めて復縁を考えさせた方が復縁の可能性があるといった様な事を伝える事が多く、お客様の要望とは少し異なった提案をされる為、弁護士や離婚カウンセラーよりも復縁屋へと流れてくる事が多くなっているのです。

ジースタイルは、このような離婚問題についても専門家が無料にて相談にのっていますが、弁護士とは異なる為、法律的な問題を解決に導く事はありません。

離婚問題はとてもデリケートな案件で、電話相談での離婚は避けたい!復縁したい!という切実な相談をうけて、このお客様とは早急に面談を行うことになりました。

対象者(28歳)は会社勤務で、社交性があり、真面目な性格であるようなのですが、1年位前から家に帰ってくる時間が遅くなり、酔って帰宅することが増え、出張とかこつけて数日間家を空けることも、しばしあるということです。

当然の流れではありますが、お客様とお子さんとのコミュニケーションを取る事が、減少していきました。

対象者がお客様と顔をあわせる度に夫婦間の問題や子供との問題で口論になってしまい、今回の離婚話に至ったのだと言う事で、ジースタイルへの相談では 結婚までの経緯、これまでの口論の理由、これまでの浮気の有無など、知り得る全ての情報を出来る限り、詳しくお話ししてもらう事で復縁にむけての可能性があるのかどうか?を分析いたしました。

離婚話が出た原因となったのが、お客様が束縛をしている事由があり、それが一つの原因として考えられましたが、お客様からの情報だけでは裏付けもなく、定かではありません。

対象者は容姿に自信があり社交性も持ち合わせ、タイプ的には女性受けするような男性であり、お客様としては、日々不安に陥り、日常的に束縛してしまっているようでした。

状況は家庭内別居に近い事と、対象者の情報が確かではない事が多い様なので、正確な状況を調査する必要があり、ジースタイルに来社いただき、面談させていただいた際にヒアリングをさせていただいた情報と共に復縁調査を提案させていただきます。

約3週間の調査結果は、同僚との会食や、休日は友人との外出だけで、特に浮気相手の存在はありませんでした。

尚、出張の際にも、普通に仕事をこなしていただけの様で、特定の異性の存在はなく、出張の際に風俗嬢等を呼び寄せた形跡もない為、女性問題に関してはお客様の考え過ぎであった事をお伝えします。

復縁調査の結果から、今回の離婚話の原因は、多忙な仕事からの生活のすれ違いによるものであると判断させていただきました。

生活のすれ違いであればジースタイルの行った復縁工作は、対象者に復縁工作員を接触させ、現在の対象者の本音を知るという方法になります。復縁したいという方向に仕向けるというよりも、仕事や自宅での愚痴を聞いてあげる事でストレスを発散し、多忙な仕事での夫婦間のすれ違いをなくす為のアドバイスに近いものをお客様ではなく対象者にさせていただく事で、対象者自身も悪い所に気付いていただくという手法が適切であると判断しました。

対象者の行きつけの飲み屋にて自然に接触するのですが、勿論一度目にそのような深い話をすることは不自然になりますので、何度かその店に通い、対象者と飲み仲間として週に1~2回飲む仲に発展させる事を目的として最初は接触します。

ジースタイルの復縁工作員は慎重に慎重を来たす為、最初から仲良くなる事も可能ですが不自然にならない様に自然を装わなければなりません。

一度復縁工作に失敗してもまた違う復縁工作員を近づければ良いという考えは適切ではなく、常に一発勝負の気持ちで取り掛からなければならず、一度失敗してしまうと対象者の警戒心も強まる事から遠回りの様で最短の道を復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは推奨させていただいています。

復縁工作員が接触している間はお客様への的確なアドバイスを施し、今より関係悪化をさせないようサポートしていきます。

今回の依頼のケースではお客様が束縛するのは対象者の行動が本当に仕事で忙しいのか?という自信を持てなかった事なので、その部分を改善する為には対象者が浮気をしないだろうという自信を持たなければなりません。

自信を持ち、大きな心で対象者を迎え入れる事が夫婦喧嘩を途絶えさせる部分にも繋がり、対象者の事を理解する事で子供への理解や夫婦間への理解を得られ、それらが良好な夫婦関係を築く事に繋がり、再構築に至るという事にもつながります。

アドバイスも含め、対象者の調査の末、浮気相手の存在がいない事、そして数ヶ月後、対象者の本音を完ぺきに把握する事ができる事に成功致しました。

以後、対象者からの本音を聞きだす事で、復縁工作の結果をお客様にその都度報告しさせていただき、次の復縁プランに移行しました。

このケースの場合、お互いの言い分はお互いに正しく、ちょっとしたすれ違いや不安感から関係が悪化したものですから、お客様から相手の心情を先回りし、先に折れる様な行動を試みることと、言い分があれば時間をズラして自分の意見を主張する事をアドバイスさせていただき、その際の心構えやどういったタイミングで対象者に自分の気持ちを伝えれば良いのか?という事を意識していただくことになります。

お客様としては、浮気相手でも出来たのだと思い、誤った仮説のままに口論に発展していたのだと思いを語っていた様に、お互いの勘違い、誤解、すれ違いから離婚に発展する事は多いので言葉に出して話しをする事で今の気持ちをシッカリと相手に伝える事を重視する事で対象者もまたお客様に対して思いやりをもって言葉を選ぶ事にも繋がります。

復縁工作により、対象者の本音を知ることになったお客様は、ジースタイルからのアドバイスのもと、離婚はしたくない旨と、これからは束縛や勘違いの言動は控えること、今までの感謝の気持ち、そして今後は対象者を信じていきたいと言葉に出し、心から伝えたようでした。

その結果、対象者側からも、普段言えない感謝の気持ちなどをお客様に伝えることができ、関係を再構築する事が出来ました。

ジースタイルの復縁工作ケース③ 40代女性 夫の浮気&不仲

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

今回ジースタイルへ相談にこられた40代のお客様は、対象者の浮気に対し精神的に焦燥している感じでした。

ジースタイルの専門カウンセラーが、結婚から現在に至るまでの経緯をお客様とのヒアリングによって、対象者の浮気、ならびに不仲になった原因を徹底的に分析して原因の解明に努めます。

ヒアリングの結果、以前は家族でよく外食に出掛けたり、レジャー等精力的に行動していたとの事でしたが、対象者との関係が壊れていく内に家族で食事にいく事もなく、家族の絆が薄れていくように感じているとの事でした。

対象者の浮気をしている可能性もヒアリングの中から推測出来ましたので、復縁工作プランを提示して実行に移す事になり、まずは素行調査、身辺調査にて飲み会で知り合った若いOLと不倫の仲になっている事実を突き止め報告させていただきました。

復縁調査の結果、不倫相手は20才前半の女性で、相手の女性が勤務している近隣でのデートを重ねていました。

このケースの復縁工作のポイントは2つあります。

  • 対象者から浮気相手を遠ざける別れさせ工作
  • お客様自身の自己改善

を解決していく事で復縁に繋がる可能性が出てきます。

その為にジースタイルが出来る事は浮気相手との別れさせ工作による部分とお客様の自己改善に向けてのアドバイスになりますので、復縁工作料金ではなく、別れさせ工作での料金をいただく形になり、それら工作、アドバイスを実施する事で復縁の可能性が高くなる事をお客様に説明させていただきます。

別れさせ工作員を対象者の浮気相手に接触させ、友人関係にまで発展させる事を実行しました。

別れさせ工作員との接触が対象者との接触よりも刺激的で楽しいと思わせた為、自然な形で対象者と浮気相手は距離を置いていきます。

対象者はお客様とは離婚するという意思は全くなく、浮気相手にもその事を打ち明けていた為に、浮気相手も別れさせ工作員と会う事を優先してくれたという事もあります。対象者は家庭のストレスを浮気相手で発散させているようで、そういった部分も浮気相手に接触したからこそ見えてきたものですが、別れさせる為に様々な工作を用意しなくても別れさせに至る事となりました。

ただし、対象者は家庭でのストレスは抱えており、そのストレス要因を改善しなければ復縁したとしても仮の状況で、また同じ事を繰り返してしまう事から、その浮気相手から聞いたストレスの内容をお客様に伝え、時間をかけてでも改善していく形をとっていただく方向で、夫婦仲を修復する復縁工作プランは約3ヶ月で再構築へと向かったのです。

相談にきた当初はお客様も浮気の事実を知り、離婚も頭をよぎったとの事でしたが、復縁調査で判明した夫の、妻との結婚に対する思いなどから離婚を踏みとどまり、復縁に向けて自身も努力し、再構築へと至りました。

ジースタイルの復縁工作ケース④ 30代女性 夫婦関係が悪化し離婚話をされている

ジースタイルの無料面談に来たお客様は、同僚として会社勤めしていて、お互い惹かれあって6年前に結婚し、当初は幸せだった結婚生活だったようでしたが、以前からお互いが気が強い性格で、口論などが絶えなかったとの事でした。

しかし、このケースは伴侶が家を出てしまい、半月ほど帰宅しない状態なので、対象者の事を心配し、不安な日々を送っているというご相談でした。

ジースタイルがとった行動としては、お客様からいただいた情報を元に早急に対象者の復縁調査を開始し、現在の居場所、職場、浮気の有無などを調査をした結果、対象者は実家に身を寄せて居る事が判明しました。

仮にお客様からいただいく情報が何もなく、手掛かりも何もない状態であれば復縁出来るかどうか?の前に接触が出来るかどうか?という事にも繋がり、消息が不明なまま調査料金を消化してしまう可能性があった為、依頼を断るケースになっていました。

ジースタイルの復縁調査の結果、対象者は浮気の事実は全くなく、実家から普段通りいただいた情報の職場に通っていましたので、対象者が家を出て行った今現在の本当の気持ちを知る事を優先とし、このケースでジースタイルが提案したプランは下記の通りになります。

  • 新しい恋人の有無
  • 対象者の今現在の気持ちを知る
  • 結婚生活についてどう思っていたのか?という部分の解明

この3点を押さえれば復縁に向けて前進する可能性は高く、新しい恋人の有無が判明すればジースタイルでは別れさせ工作も行っているので、別れさせ工作を行い、後に復縁工作に入れば問題を解決に近づける可能性が高まります。

対象者の今現在の気持ちや結婚生活についての考え方を聞き出す事でお客様の改善部分をアドバイスさせていただき、お客様の自己改善が出来上がった所で対象者とお客様を接触させる方向で話しをする事が出来ます。

こういった復縁工作をする為には以下のものが必要になります。

  • 対象者との接触ポイントの選定
  • 対象者に好かれる様なプロフィール設定と人格作り

こういった箇所を抑える事で復縁工作も入り易く、ジースタイルではこういった部分を見定める為に復縁調査の重要性をご説明させていただいています。

対象者との復縁工作の接触ポイントは、どこになるのか綿密に調査した所、対象者は、建設関係の営業の仕事についており、頻繁に接待などに出る為、建設関係のルートを使い、対象者との接点を持つ事に成功します。

対象者との接触後、仕事の打ち合わせという名目で何度か会う事で顔見知りの関係を続け、飲みに誘うまでの友好関係を構築し、お客様への気持ちを徐々にですが聞き出す事に成功します。

この接触で対象者から聞き出せた事は、お客様への感謝の気持ちは今でもあるが、愛情に関しては良く分からなくなっている…という事や、顔を合わせ話すと、どうしても言い争いをしてしまう不安や、衝動的に家を出た事に申し訳なく合わす顔がないという事を聞きだしました。

対象者の気持ちをお客様にそのまま伝える事でお客様自身は愛情に関して良く分からなくなっている状態に失望した気持ちを持たれてしまいましたが、そうなってしまった原因は自分にもある。という事を理解し、原因が解明されたのであれば、それを解き解していけばいいだけだ…と前向きに考える事が出来る様になりました。

対象者が家へ戻りづらいという言葉を続けていたので、昔からの友人に外で会ったので、その流れで自宅に戻らなければならなくなった為に自宅に戻るという口実をつけて家に戻ろうと対象者を説得し、工作員は対象者と共に自宅に向かう形をつけてあげる事になりました。

対象者に言い訳を作ってあげる事で自宅に帰る口実を与えられ、それが元で復縁を考えられる様になったという復縁工作の手法の一つで人は言い訳を与えると本来思っている事を行動に移すという習性を利用したモノです。

お客様には対象者が家へ戻ってきた際には、温かく迎え入れる様に事前にアドバイスをさせていただき、工作員と対象者が自宅に戻ってきた当初はギクシャクしていた関係も時間が経つにつれて少しづつ自然になっていきました。

お客様も対象者に対して、激しく口論などをした事を後悔し、今後の新たな復縁に向けての課題とし、ジースタイルの担当者が、これからどのように夫婦仲を良くしていくか?という事をアドバイスし、復縁工作員が対象者に家に帰るよう誘導してから1週間後、対象者が自宅に戻る事に成功し、お客様も温かく家へ迎え入れる事が、お互いに感情的にならず、今後についてお互いに話しをする事も出来、お互いになくてはならない存在だという事に気付きます。

結果的に現在では、以前よりも夫婦仲は良くなり、再構築が成功した形となりました。

上記の復縁依頼からの分かる様にお客様それぞれの復縁の仕方がございますので、復縁と一言でいっても様々な状況があるという事をご理解頂ければと思います。

復縁屋は、お客様の本当に復縁したいと思う気持ちを、サポート致します。