こんにちは。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの桐生です。

皆さんは、「PDCA」という言葉をご存知ですか?

ビジネスにおいてよく使われる言葉ですが、PDCAとは品質管理を構築したアメリカのウォルター・シューハート、エドワーズ・デミングらが考え提唱したものでPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の略で主に事業活動における管理業務を円滑に進める手法の一つなんですね。

今回はこれを復縁という事項に置き換えて成功へのステップを考えていきたいと思います。

復縁の為のPDCA

復縁したいなら復縁屋

より復縁を現実のものにするための綿密な計画を立てるのであれば、PDCAの順番を変えてみるのが良いと私は考えます。

順番としては、

1.Check(検証):別れた(上手くいかなかった)原因を突き詰める。
2.ACT(改善):二度と同じ間違いをしないよう改善する。
3.PLAN(計画):改善した上で復縁計画を作成する。
4.DO(実行):計画に沿って復縁活動を行う。

この順序に沿って進めて行きたいと思います。

3.PLANと4.DO、計画し実行に移すには、復縁したいと考える依頼者様による1.CHECKと2.ACTが必要不可欠となります。
しっかりとした検証と改善を行わなければ、私たちのような復縁屋がどんな良いPLANを立てても復縁には近づきません。
どんな運命的なスチュエーションを装った復縁工作を施したところで復縁できません。

なので、今日は特に大事な1と2に焦点を当てて考えていきたいと思います。

1.CHECK(検証)

まず検証の前にすべきことは、失恋をしたということ、彼(彼女)はもうあなたの彼(彼女)ではないことを受け入れましょう。
信じたくない、受け入れたくないという気持ちはあって当たり前です。
このステップがいちばん苦しいかもしれません。

しかし、現実を受け入れないと冷静に物事を考えられなくなることもあります。これでは復縁から遠のいてしまう可能性もあります。
泣きたいときは泣きたいだけ泣いてもいいと思います。
つらい気持ちを人に聞いてもらってもいいと思います。
無理して明るくする必要はないので、まずは現実を受け入れ傷ついたあなたの心と真剣に向き合いましょう。

現実を受け入れ、自分と向き合った上で検証します。あなたが何故振られた若しくは別れたのか考えていきます。何故別れたのか、嫌われてしまった原因はなんだったのか、自分に非があるのかを深く考えましょう。

そこで自分の頭だけで考えるだけでなく、私たちのような客観的に分析できる第三者を立てて検証するのがベストとかと思います。
また紙にしっかり書き出すことも有効です。

例えば
1、何故別れたのか?→仕事が忙しく会う時間が足りなかった→相手は寂しく不安に思ってしまったのでは?→もっと会いに行けば良かった。気遣いが必要だった。
→もし復縁出来たら私は相手を寂しがらせない様逢いに行く事が継続して出来るのか?

と紙に記載していく事で気づく事が出来ます。

この検証を怠ると復縁への可能性がぐっと低くなります。別れた原因を明確にすることで自分の反省点が見えてきます。怖がらずにゆっくりと前に進んでいきましょう。それが復縁への第一歩であり近道なんです。

この検証という作業は復縁へのステップで最も重要な項目なので、私たち復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでも妥協なく徹底して依頼者様と向き合っていきます。必ず本気で自分を見つめ直してください。

2.ACT(改善)

検証と反省で別れた理由が明確になったなら次は改善に努めていきます。
別れた原因は様々だと思いますのである女性の例を挙げて進めていきます。

例1.束縛した→彼氏の一人の時間を確保する
男性は仕事などに集中しているときはそれ以外のことは頭に入らないもの。また、男性にとって人付き合いや趣味の時間、一人で過ごす時間も重要です。大好きな彼と一緒にいたい気持ちをぐっとこらえて、意識的に彼の自由時間を作るように尊重できる自分に変えましょう!

例2.謝らない、ワガママ→相手を立てる
男性は基本的に褒められることが大好きなんです。特に外で彼を立ててあげると、一緒にいて居心地のいい彼女だと感じてくれることでしょう。逆に、彼が落ち込んでいる時には信じて励ましてあげましょう。俺を理解してくれているという信頼感につながることでしょう。
付き合い始めはワガママなところがかわいいと思ってくれていても時が経つにつれて重荷になっていきます。時間の経過とともに、一緒にいるカタチを見直していくことが必要なのです。

例3.価値観が合わない→彼を理解し歩み寄る
彼にすべてを合わせる必要はありませんが、彼の趣味を理解したり、価値観が食い違った時には投げ出さずに話し合い、歩み寄ることを心がけていきましょう。金銭感覚や食生活はお互いが育ってきた環境に大きく左右されるので、変えることは難しいですが、そういった基本的な価値観だからこそ二人で共感していくことが必要なのです。

例4.服装やメイクがだらしなかった→身だしなみに気を遣う
女性だって、付き合っていくうちに彼氏がデートやプレゼントで手を抜いていったら悲しいですよね。男性にとって女性の見た目は重要なポイントですので、手を抜かないように気を付けていきたいものです。男性は視覚からの情報を多く受け取るとも言われていますので、身だしなみには気を配っていつまでも魅力的なあなたをアピールできるように改善しましょう。

4つの例を挙げましたが、正直に言いますと改善とはこんな単純なものではないです。

しかしまずは単純なことから始めることが大切で、それと同時に彼以外の人に対しても改善を心がけてください
。何の効果もないような気がしますが、そういうことの積み重ねがあなたという人をどんどん魅力的にします。そしていざ巡ってきた復縁のチャンスのときに、彼の目に魅力的になったあなたとして映るのです。

最後に

復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

反省し悪かったことを改善すると同時に、外見や内面も磨いておくように心がけていきます。

〇キロ痩せて彼を見返す!くらいの気持ちのほうが頑張れる人はそのように目標を立ててもよいでしょう。
彼と一緒にいたとき以上にお化粧を研究して、少しでもきれいになれるように努力するのもいいですよね。
新しい趣味を見つけて新しい自分を発見するのも、魅力的に輝くひとつの方法です。

少なくとも次に彼に会うチャンスがあったときに、彼の目に魅力的に映るような女性になっておくことがとても大事なのです。

今回はCHECKとACTに焦点を当ててお話しましたが、最後に注意点としてひとつ。

「彼(彼女)とやり直したいから自分だけ我慢して従う」という考え方だけはしないで下さい。

そのような考えだと、たとえ復縁できてもすぐ別れてしまうことが大半です。

ダイエットでジムに通って結果にコミットしたものの、すぐにリバウンドで元の体形に戻るのと一緒では意味がないので。
私たち復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの考える結果とは、復縁したその後もずっと幸せであり続けてもらうことなので、そこにコミットしていきましょう!

■⇒色々な人達が復縁の邪魔をする

■⇒復縁をしたい自分の我侭を自覚する