復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

今お客様がしなければならないことは何でしょうか?

勿論”復縁のために”です。

破局に打ちひしがれることですか?

お相手様と連絡をとることですか?

お相手様のことだけを考え続けることですか?

お相手様に縋ることですか?

どれも違います。

破局に打ちひしがれたところで、お相手様が帰ってくることはありません。

連絡をとろうとアクションを起こしても、お相手様にお客様への恋愛感情がなくなった今、場合によってはストーカーとして通報をされるだけです。

お相手様のことを考え続けたとしても、破局の事実は変わりません。

縋ったところで、破局するほど嫌われているのであれば鬱陶しく思われて尚更嫌われます。

多くのお客様は、「復縁したい」と望んでいらっしゃるのに、実際に復縁に繋がる行動をなさっていません。

あまつさえ、復縁ができなくなるような不用意な行動をなさっている方もいらっしゃいます。

復縁は簡単なものではありません。

簡単ではないからこそ、今しなければならないことをしっかり考えて、計画性を持って取り組むことが大切です。

それは打ちひしがれることでも、連絡をとろうと必死になることでも、お相手様のことを考え続けることでも、縋ることでもありませんありません。

しっかりと、自分の何が悪かったかを振り返ることをしてください。

別れの悲しみを考えるよりも、お相手様が別れた今何をしているかに心をとらわれ続けるよりも、本来すべきことがあるはずです。

弊社が担当させていただくケースでも、復縁調査や復縁工作のスピードにお客様が付いてこれないことがよくあります。

それというのは、復縁調査や復縁工作はスムーズに進んでいるのに、お客様の自己改善がまったく進んでいないというものです。

復縁調査復縁工作は、早ければ1ヶ月くらいで完了する場合もあります。

お相手様のほうはいつでも復縁できる状態、ということです。

ですが、お客様ご自身が何も変わっていなければ(問題が改善できていなければ)・・・?

再会をしたとしても、お相手様から「あ、やっぱりこの人とやり直すのはムリだわ・・・」と思われて終了です。

そういった場合、改めてお相手様から認識された”ムリ”を覆すのは、一度目にくらべてかなりの時間を必要とします。

難易度がものすごく高くなるわけです。

そのようになってしまわないように、お客様自身も復縁できる人になるよう万全の自己改善を実施していただきたいのですが、するべきことをなさらないお客様の場合、再会をしていただきたくても失敗が目に見えているので会わせることができなくなってしまいます。

余計な時間がかかるのです。

余計な時間がかかるということは、余計な人員・余計な費用もかかります。

お客様にとって何一つプラスになることはありません。

ご自身が今一番すべきことを考えてください。

しっかり考えることは、それだけでも時間を必要とします。

しかしそれはしなければならないことであり、今何をすべきかを理解するからこそ、復縁する余地が生まれるのです。

堂々巡りの後悔よりも、真っ直ぐの反省を。

それが復縁のためにしなければならないことであり、それができる人こそが復縁ができる人です。

■⇒別れさせ工作の調査・工作の流れ

■⇒復縁したい時に立ちはだかる壁