復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

こんにちは、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤です。

先日Twitterで、こんな名言を見つけました。

勝者と敗者の一番の差は、才能の差なんかじゃない。チャンスの時を見逃さず、最善を尽くしたか、出し惜しみをしたか。それだけだ

これって復縁にも言えることなんです。

復縁のチャンスが全くない別れというものは、なかなか存在しません。

例えば今から別れ話をするときというのは、復縁への大きなチャンスです。

復縁したいお客様は、すぐに一番ラブラブだったときを目指す傾向がありますが、別れそうなその瞬間にラブラブだったときに戻る方法って、あると思いますか?

答えはNOです。

それはどんな復縁屋であっても持ち合わせていない魔法です。

しかし、その別れるときの振る舞いでせめて友達関係を続けることができれば、小さな復縁できる機会は作ることができます。

そういう機会を逃さず確実に手に入れそして活かすことで、復縁できるチャンスを作ることができるのです。

そして最高ではなく最善の手段をとることができれば、復縁できるチャンスを復縁という果実として実らせることができるでしょう。

別れ方というものは、非常に大切です。

復縁できるかどうかを決める大きな要素に”別れ方”があると言っても過言ではありません。

復縁したい、そもそも関係を破綻させたくないと必死になっている人は、別れの場面で「別れないで」と縋ることに必死になります。

それは既に切れている縁の糸に対し、「認めない!」と頑なになっているだけです。

大切なことはまた糸を1本に繋ぐことではないでしょうか?

つまり、復縁して、また彼氏彼女や夫婦に戻ることです。

縋って現実を受け入れないようにすることではありません。

弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにも「別れそうなんです」という相談や、「今から別れ話をするのですが、どうしたら別れなくて済みますか?」という相談が多く寄せられます。

わたし個人はそのようなお客様に対し、無理に縋らずに、一旦お相手様の要望を受け入れましょうとアドバイスさせていただくことが多いです。

というのも、お相手様が「別れたい」と仰っているときに、「別れたくない」と必死に縋ることは、意味がないからです。

もしお相手様から生ごみのように扱われ、身体的な意味でも金銭的な意味でも”都合が良い相手”としてでも傍にいたいのであれば、土下座をして通帳を差し出して縋っても良いかもしれません。

しかし、そのような行動を受け入れてくれるお相手様でしょうか?

また、それはお客様が本当に望む復縁の形でしょうか?

ともすればその姿こそ、お相手様に尚更嫌われてしまう行動になってしまいかねません。

必死に縋って別れたくないとアピールして「ウザい」と思われてしまっては、別れてから再度連絡をとることすら難しくなります。

だったらお相手様の意志を受け入れ、しかし縁が完全に切れてしまわないように、赤い糸が切れるだけでなく燃え尽きてしまわないように、”せめて友達でいることができる”(もしくは”せめて友達に戻りやすい”)別れ方をしたほうが、後々復縁はしやすくなるのです。

基本的に人は、最後の出来事を印象深く覚える傾向があります。

終わりよければ全て良しとのことわざの通りです。

男女の恋愛もそうで、結果的に最後さえよければ、それまでの悪い印象は多少ボカすことができるのです。

つまり別れるそのときこそが復縁の最初のチャンスと言えるわけです。

弊社のブログをご覧になり自身の別れ方について思い出したお客様の中には、「やっちまったなぁ~!!」と思ってしまった方もいらっしゃるでしょう。

しかし、復縁のチャンスは1回きりではありません。

お客様が気がついていないだけで、実は何度もあるのです。

ですがよく言われているように、チャンスの女神には前髪しかありません。

通り過ぎてしまったが最後、また再びそのチャンスが巡ってくるとは限らないのです。

そのチャンスを逃さず、そして最善を尽くせてこそ、やっと復縁できるのです。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルのブログには復縁の方法に関した多くの投稿があります。

色々なブログをご覧になって、復縁の方法を知ってください。

このブログもまた、お客様の最善をサポートする、復縁のチャンスなのです。

■⇒面談を希望するお客様

■⇒相手の携帯を勝手に見てしまった結果…