復縁したいけれど、どうすれば復縁出来るのか?を考える前に、今現在の状況を理解されていない人が大変多くいらっしゃいます。

その為、無意味な冷却期間を取ってしまったり、ラインやメールをしつこく送る(内容も酷いモノです)

相手の状況を鑑みずに自分の状況も分からないままに復縁の仕方が分からない…と嘆く方は大変多くいらっしゃいます。

復縁の仕方が分からない人達は今置かれている現状を理解していない人が多く、現状を理解していないままに先にすすめようとしていく為、復縁したい相手との温度差に気付く事がありません。

温度差に気付かない為に更に追い打ちで「復縁したい」と伝えます。

相手の立場になってみましょう

復縁というよりも人のお付合いは基本的に相手の立場に立って物事を考えるという事ですので、相手の立場に立って、あなたがしている事を考えてみましょう。

付き合っていた相手を「あなたの都合(他に好きな人が出来た等)」でフッた場合、フッた相手(元カノ、元カレ)から頻繁ではなくても連絡が来た場合、あなたならどう思いますか?

新しい恋人がいて、その人と付き合ったばかりであれば、新しい恋人に悪いから…と連絡自体を拒否しませんか?

その状態で復縁したいと言われた時にはどう思うでしょう?困りませんか?

上記に関しては「例えば新しい恋人が出来た場合」になりますが、新しい恋人がいなくても自分から関係を断ち切った相手から連絡が頻繁に来た場合、あなたはどう思うでしょう?

別れを決意した相手に「別れよう」という言葉を伝えました。

別れを決意するまでに色々と思い悩み、考えたはずですが、それらを理解してはくれません。

その場合に思う気持ちはなんでしょう?

何とかもう無理だという事を伝えよう!」という事を考えませんか?

そして、それと同じ事を復縁の仕方が分からない人の大半が行っています。

付き合っていた当時の気持ちを別れた今も持っていれば相手との温度は歴然です。

相手の立場に立って物事を考えるようにして下さい。

短絡的すぎる

復縁したいを実現する為に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)を行っています

復縁を考える人に見える傾向で短絡的な思考になってしまうという傾向が強く見られます。

例えば冷却期間一つにしても、インターネットで冷却期間を設けて復縁成功したという事が書いてあった為に冷却期間の意味も分からずに「とりあえず真似をする」という人がいます。

何故他人が成功した例が自分の状況に合うのか?を考えずにとりあえず実行したけれど、今度は「どの位の期間冷却期間を設ければ良い?」という問題に当たり、先の事を考えずに行動する為に行き当たりばったりで何一つ得られる事がありません。

とりあえず設けた冷却期間の結果どうなると思いますか?

復縁成功した!!!という人はいません。

何故なら理由のない冷却期間は忘れ去られるだけの期間になり、勝手に冷却期間を設けている!!これで復縁出来る!!!!と勘違いしている間に最悪の場合、復縁したい相手には新たな恋人が存在しているケースもあります。

熱くなってしまった気持ちを冷ます為に冷却期間は「冷却」期間なのですが、熱くなってしまっているのが復縁したい相手だと誤解しているケースはとても多く、熱くなっているから別れを切り出して引っ込みがつかなくなってしまっている…と勘違いしている人もいるのですが、熱くなっているのではなく、「あなたの事を以前よりも好きではなくなったから付き合っていない」という認識を見てみぬフリをしてしまえば原因が何なのか?に気付きません。

短絡的に行動する事や何も考えなしに行動する事、行動を起こすには理由が有るのです。

そういった考えなしに行動しているからこそ別れてしまい、今復縁したいと願っているのですから、何度も同じ事を繰り返してしまって短絡的に考える人は別れた時と何も変わっていない状態に相手からしてみれば映ってしまうモノですから復縁の可能性はありません。

自分勝手な考え方

復縁したいから行動したい…復縁相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

どんな事も自分の都合の良い様に考えるタイプの人の中には相手が「別れている」という言葉を出していないから…という理由だけで別れていないと自己解釈して別れた事すら認めない人もいます。

相手の気持ち、行動、言動を察する事が出来ず、察したつもりで全く別の理解をする人がいますが、まだ別れていません!という人の話しを聞いていると相手は相当嫌っているにも関わらず自分達の状況を認めずにまだ付き合っていると「思い込んでいる人」もいます。

相談する際に主観的な話しを聞くのですが、その主観的な話しをどう聞いても、「それ別れていますよね?」という状況にも関わらず、その旨をお伝えしても決して認めません。

自分は正しいと思い込み、「別れている」にも関わらず、自分の間違った考えを正そうとせずに復縁を望みます。

復縁したいと考える人の実に8割近くは考え方を間違えており、復縁したいという立場にも関わらず「相手が悪い」と自分は間違っていないと認めません。

いつまでも自分勝手な解釈のままであれば「復縁したい」という気持ちが叶う事もなく、「自分は復縁したい立場」という事を理解して、自分勝手な解釈が間違っている事を認める事が出来なければ復縁の仕方や復縁のテクニック等を学んだ所で解決出来る事はありません。

自分勝手な考え方をしているにも関わらず復縁の仕方が分からない…と思う前に自分が間違っている事をまずは認める事をおススメします。

・⇒本当に復縁したいと願うなら相談!

・⇒復縁とは難しい事なのか?