復縁の可能性を上げる為に何をしていますか?元カレ(元カノ)と復縁したい…復縁したいけど、どうやって復縁の可能性を上げればいいんだろう?と頭を抱えたまま何も出来ずにタイミングを逃してしまったりキッカケを待っているだけで行動せずに時間が経過して相手に新しい恋人が出来てしまった…という事がない様に少しでも復縁の可能性を上げるキッカケを作って復縁を目指していただければと思います。

但し、注意していただきたいのはキッカケ作りはあくまでもキッカケ作りなので、キッカケがあってもあなたが魅力的な異性となっていなければ相手は全く復縁したいとも思いません。

復縁したいと思わないという事はキッカケを作った所で無駄に終わるという事です。

キッカケはあくまでもキッカケである事を忘れない様にして下さい。

復縁したいと思わせる為のキッカケの前にお読み下さい

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

復縁したいと思わせるキッカケを作った所で復縁を意識してくれる訳ではありません。

復縁の為のキッカケ作りとは自分の事を思い出してくれる事、つまり思い出してくれるだけであり、思い出してくれる事と好きになってくれる事は全く異なります。

復縁したいと思ってくれるという事は、あなたの事を好きになってくれるという事ですが、好き=思い出す。ではないので、その辺を同じ事と考えてしまえば復縁に繋がる事はありません。

今現在、自分の事を相手がまだ好きだと思っている。もしくは好きなハズだ。と思っているのであれば大きな勘違いなので、その考えは捨てていただかなければ、いくら復縁のキッカケを作った所で復縁出来る可能性は0%です。

復縁のキッカケを作っている今の状態で相手があなたの事を好きでいてくれる事はありません。

復縁したい人と復縁出来る人の違い

復縁したい人の多くは自分の気持ちを優先し、復縁したいんだから復縁してくれればいいじゃん!!と言わんばかりに相手に復縁を持ち掛けます。

男性が女性に対して体の関係を求める際にこんな事を仰る人が中にはいます。

「減るもんじゃないんだから一回位いいじゃんか~?な?な?な?な?頼むよ~!!」

そうです。キャバクラに行ってるおじ様達がお目当てのキャバクラ嬢におねだりしている姿です。

減るもんじゃないんだから
一回位

という言葉を聞いたキャバクラ嬢が素直に「良いですよ~一回位なら!!」という事はありません。

自分の気持ちだけを相手に押し付け、相手が嫌がっている事に気付かずに自分の思いや「減るもんじゃないんだから」「一回位」と自分にとって都合の良い事ばかりを伝える人は「減らないけど嫌」「その一回が嫌」と断られる姿は目に浮かぶかと思います。

復縁したい!!お願いだから復縁して下さい!!!といった言葉が相手から更に警戒されていく言葉だという事にお気づきになられた方は復縁の可能性を少しでも見出し上げる事が出来るかと思いますが、大抵の方達は言葉を変えただけで内容が同じキャバクラ嬢を口説くオジサマ達と変わらない口説き文句を伝えているのです。

減るもんじゃないんだから復縁してよ~
一回位復縁してくれてもいいじゃな~い

復縁出来る訳がありません。

オジサマ達はこうも言います。

「一体いくらお前にお金を使ったと思ってるんだ~」

復縁したい人はこう言います。

「どれだけお前の事を好きだと思ってるんだ~」

オジサマ達がいくらキャバクラ嬢にお金を使おうと、キャバクラ嬢は【お金を使ってくれ】と頼んでいません。

あなたがどれだけ相手を好きであろうと相手はあなたに自分の事を愛してくれと頼んでません。

オジサマ達は「そんな事言うなら店に来なければ良い」と言われてしまい、悪質な場合、【店を出禁】になってしまいます。

思い当たる節がありませんか?

あなたは復縁したい相手から出禁という名の着信拒否をされたり、LINEをブロックされたりしていませんか?

この様な人でも中には「自分の事を相手は好きなんです」と仰る人がいますが、そういった方に対しては復縁屋は「ストーカー予備軍」と称して注意を促し、今の状況で復縁は100%難しいという事をお伝えさせていただきます。

ここまでお読みになった方でご理解出来た方はキャバクラ嬢を口説くのに「減るもんじゃないし」や「一回位~」という言葉では関係を持つ事が難しいという事はご理解いただけるかと思います、賢明なこのブログの読者であれば「なるほど」とご理解いただき、ではどうすれば復縁に向かう事が出来るのか?という事も分かるのではないかと思います。

そうです。

減るもんじゃないしや一回位ではなく、相手を喜ばせ、相手の懐に入り、相手が心を許してくれる状態を作ればお願いしなくても相手の方から「減るもんじゃないし…」や「一回位良いかな…」という状態に持っていけるのです。

相手が望むモノを与え、相手から「良いかな…」という気持ちを持たせる事が復縁を叶える秘訣にもなるのです。

但し、相手が望むモノを一方的に常に与え続けてはいけません。

復縁の場合、相手の望むモノを一方的に与え続けると【セフレ】という関係になってしまう事があります。

セフレになってしまえば交渉のカードをなくしてしまい、交渉カードをなくしてしまえば復縁へと繋がる道が先細り状態になってしまう可能性もあります。

復縁出来ない人が復縁出来ない理由はこういった所にありますが、復縁の専門家である復縁屋はこういった所に関しても客観的な視点で状況判断する事が出来る為、復縁したい相手が何を望むか?という事に関しても復縁工作という手段で聞きだし、実際にそれらを使って駆け引きを持ち込ませて復縁成功率を上げる事もあります。

復縁出来る人と復縁したいと思いながらも復縁出来ない人の決定的な違いは復縁出来る人は相手の望むモノを与え、男女の駆け引きを用いながら自分の魅力を伝えていきますが、復縁出来ない人はそれらが全く出来ないという事にもなるのです。

復縁の為の駆け引きとは?

駆け引きとはメリット、デメリットを見せながら、それらのカードを使い、自分の望む形にもっていく為の心理作戦を用いるのです。

復縁の為の駆け引きとは言え、通常の駆け引きと同じです。

自分と復縁するメリット、デメリットを相手に間接的に伝え、メリットの方が大きく見せる事が出来て初めて駆け引きは有効になります。

復縁(恋愛)の仕方というものが理解出来たらキッカケ作りを実行しよう!!!

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

キッカケはあくまでもキッカケであり、キッカケがあれば復縁出来るという訳ではありません。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに復縁工作の依頼をいただく事は多々ありますが、キッカケだけが欲しいんです!!!という人に限ってキッカケを与えた所で復縁失敗!!!という結果が待っている事を弊社相談員は知っていて、それを復縁相談時にお伝えさせていただいていますが、キッカケをもらえれば復縁出来ます!!!という言葉通りの行動をして見事に散る!!という人も沢山見て来ています。

「後は復縁のキッカケがあれば復縁成功するな…」という人は第三者目線で見てスグに分かりますが、自分でキッカケがあれば復縁成功します!!!という人の9割位の方が復縁失敗する事が分かっている為に弊社では、そういった方の復縁工作のご依頼を承りませんので他社復縁屋で復縁工作をしてもらった結果、「復縁出来ませんでした~オーイオイオイオイ…」と涙を流して弊社に再度復縁相談に来られます。

復縁工作でキッカケを作って心理誘導を行った所で本人が前述のキャバクラのオジサマ達と同様の人物であれば復縁出来るはずがありません。

キャバクラに通うオジサマ達とジェントルマンでモテるオジサマとの違いに気付かなければ復縁工作を行った所で復縁に辿り着く事が出来ないのです。

そしてそれに気付かないまま弊社で復縁工作の依頼を断られ、他の復縁屋に依頼した人が再度弊社に復縁相談に来られて復縁を成就させた。という方も多くいらっしゃいます。

下記では復縁工作以外の復縁のキッカケについて書いておきますので参考にしてみて下さい。

キッカケを作るまでの冷却期間については省かせていただきますので冷却期間について参考にしたい…とお考えの方は下記ページを参照して下さい。

SNSで復縁のキッカケ作り

SNS(ツイッター・フェイスブック・インスタグラム)を使って今の自分と過去の自分の変化や復縁したい相手に未練がない様に見せかけるという手段を用いて復縁のキッカケ作りを行う事が出来ます。

LINEのタイムライン等、相手が絶対に見てくれる。と考えるのではなく、相手が見てくれれば良いという考えで登校し続ける事で懐かしさを感じてアクションを起こしてくれる事があります。

SNSで投稿しつづける事は復縁のキッカケを作る為の更にキッカケ作りだという認識で撒き餌を撒くつもりで投稿しつづける事がポイントになります。

SNSで偶然を装う

フェイスブックやツイッター等で今どこにいるのか?という情報を入手する事が可能です。

もちろん復縁したい相手がやっていれば…という条件付きですが、その条件が揃っている場合、SNSで知り得た情報を元に偶然を装って出会う事が出来る可能性もある為、キッカケ作りとしては重宝されますが、場所によっては、こんな所で絶対に会わないだろう…という場所を選定してしまい、明らかに不自然な形で再会してしまいストーカー扱いされてしまう可能性もあります。

その為、十分に気を付けて行動しなければなりません。

誕生日おめでとうのLINEとメール

誕生日おめでとうのLINEやメールを送る事で、その年の抱負等をキッカケに会話を弾ませる事が可能です。

どんな会話に持って行くか?という事や相手の警戒心などを含めて復縁したいという気持ちが前面に出過ぎない様にし、今の相手の情報を入手する事にも繋がり、復縁のキッカケ作りとしてはやり方次第で先の段階に進む事が可能になっています。

久しぶりの挨拶のLINEとメール

久しぶりの挨拶や友人ヅテに話しを聞いたというキッカケで相手と会話をし、復縁に進める事が可能なケースがあります。

懐かしさだけを推してしまうのではなく、今現在の状況等を組み込み、会話の流れを作り出していく事で自分を相手に思い出させる事が出来ます。

外見を磨いて復縁のキッカケ作り

外見を磨いて友人ヅテに可愛くなった…キレイになった…カッコ良くなった…等を伝えさせる事やSNS等で今の自分を公開し、見せていく事で以前とは違うな…という魅力を見せる事が出来ますが、外見が良くなった=新しい恋人が出来たのかな…?それだと連絡したらまずいんじゃないかな?と逆に牽制してしまう事もある為、要注意です。

相談を持ち掛けて復縁のキッカケ作り

恋愛相談や仕事の相談等、悩みを抱えているが、その相談を出来る相手がいないので相談させてもらった…という状況を作り出す事で会話をするキッカケを作る事が出来る可能性があります。

付き合いが古ければ古い程、相談を持ち掛けて返答しやすいという傾向にありますが、付き合って一ヶ月で別れてしまったから相談メールを装って相手に相談をすれば「復縁が目的でしょ?」と気付かれてしまい復縁のキッカケには逆効果になってしまう事があります。

借りたモノを返して復縁のキッカケ作り

借りたモノを返す事で連絡をしてはいけないと思っていたけれど、連絡をしなければならない…という状態を作る事が出来ます。

よくある復縁ブログには物を少しづつ返していって話すキッカケを残すという様な事が書かれていますが、もしも自分がそれをされた時にどう思うか?を考えてみていただければ、その考えが間違いである事に気付くと思います。

物を返すにしても返し方というものがあり、その返し方次第で相手に名残惜しい…と思わせる様にしなければ借りたモノを返して復縁のキッカケを作る事は出来ません。

合コンに誘って復縁のキッカケ作り

合コンに誘う事で異性として気にしていないよ。復縁したいとか考えていないよ。という印象を与え、複数人の男女が集まる場所で堂々と会えるキッカケを作る事が可能になります。

合コンに誘って復縁のキッカケ作りは有効利用出来ますが、そこで復縁を意識させるのではなく、後日また誘える様な状態を作る事が重要になります。

■⇒浮気が原因で別れてしまったが復縁したい

■⇒復縁に悩む未成年のお客様へ