復縁屋、別れさせ屋ジースタイルには、日々、数多くの復縁についての相談が舞い込んできます。

復縁相談の数だけ別れの原因あるわけですが、別れる際の相手への心使いを忘れなければ、復縁出来る可能性も大きく広がることは間違いないようです。

冷静に話し合った末別れた

別れ話というのは大抵小さい問題から言い争いに発展し、泥沼状態になり、結果、最終的に気まずい別れというような経緯を辿っていくものです。

意を決して別れ話を切り出したとしても、相手が取り乱し、泣きながら縋りついたりと、考えるだけで気が重くなるものではないのでしょうか。

一方が別れたい旨を伝えるために話し合いを望んでも頑なに拒否し、別れたくても別れられない状態に発展すればどうなるのか?

別れたい相手もいい加減、あなたにはほとほと嫌気がさし、連絡をも取れない状態を招く、いわゆる音信不通状態に陥るといった可能性も大いに考えられるわけです。

実際に、復縁屋ジースタイルへ復縁依頼なされるお客様にも多く見受けられる現象ではあります。

だとすると、別れを切り出されたあなたが求める「復縁」の話ではなくなってしまいます。

連絡先が不明、住居も不明となった場合、これは復縁したい相手はとっくにあなたに見切りをつけたと考えるしかありません。

別れ話をいきなり切り出され、その事実をすんなり受け入れる事ができるものではないことは、長年復縁屋の相談員に従事しているので、理解はできなくはありません。

しかし、別れに至った原因を、冷静に話し合って反省の態度を示すことで、仮に別れに至ったとしても、その後の関係修復や復縁にも近付けることになるということを知っていただきたいと思います。

「復縁」を望むのであれば、別れた際の印象というのが結構なウェイトをしめます。

別れる際の理由にもよるのでしょうが、別に好きな異性が現れたわけでもなく、振られた当人に別れる原因があるとしたら、それを謙虚に受け止めることはとても大切です。

印象良く別れた後であれば未練が湧きやすく「いい人だったな」と思い返した際、復縁願望にもスイッチが入りやすく、特にヒステリックな言動というのは、男女問わず苦手なもので、かなり難しい問題だとは思いますが、冷静な態度で接することが復縁の近道となります。

将来が不安になり別れた

結婚を前提に付き合っていた場合、女性に多いのですが、彼女から将来的な不安、価値観の違いから別れを切り出されたケースも多々あります。

しかし、そう簡単に別れを受け入れられるはずはありませんよね?

が、ここで感情むき出しに怒ったり、別れの理由を問い詰めてしまってはみもふたもありません。彼女はあなたに不安や不満があるわけですから。

彼女が別れ話を切り出す前に、以前とは違う何らかの違和感を感じる事があったと思いますが、その変化を敏感に察知し、もしもの事態に対し、備えておくしか方法はありません。

よそよそしい態度や変に優しくなったメールの返信が遅いなど、別れ話を切りだしてくる前には何らかの違和感や変化を感じたなら、要注意だと考えてください。

別れを選択されたその原因を作っているのは、他でもないあなた自身なのですから、その事をよく認識する必要がでてきたわけです。

自分としてはすぐにでも「結婚」を望んでいたとしても、復縁したい相手にはやりたい事があり、今すぐには結婚が困難な状況だとしたら、将来に関しての意見の食い違いは、別れを決断させる十分な材料になるんです。

ですが、別れた後、相手に対して思い遣りや心使いを持つ覚悟があれば、「復縁」の可能性もあることでしょう。

好きな相手から別れたいと切り出されるとは考えたくはないでしょうが、単なる恋愛ではなく、結婚を意識しているならば、別れたくないと縋るより、別れた後、相手を応援するポジションを受け入れた方が賢明な行動です。

まとめ

別れを決断した側としても、好きだった相手に別れ話をするのはとても辛く、気が重く、罪悪感ばかりがのしかかっているんですね。

苦しんでいるのは振られたあなただけではなく、別れを決断した相手も苦しみ悩み最終的な決断をされているということを理解して頂きたいと思います。

しかし、別れを決断した人が、考えていたよりもあっさりと別れを承諾してくれた相手に安堵する一方、あっさりとその気持ちを受け入れてもらえた事で、物足りなさや未練の感情が少しでもあるとしたら、嫌悪感が少ない相手として復縁につなげることが可能になるということも覚えておいてください。

このような状況下で、復縁したいと悩まれている方は非常に多いと思います。

復縁は悩んでいても解決することはありませんし、状況が悪化する前にご相談いただければ幸いです。

復縁相談は24時間承っていますので、すぐにでも復縁屋ジースタイルへご相談下さいませ。