復縁の可能性を見出す為に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルから復縁したいとお考えの方へのアドバイスです。復縁の参考にしてください。

復縁に必要ないくつかの条件とは?

別れを切り出された経験した後には誰しもスッキリした気持ちになれるわけではありません。色々な感情がうごめいており、何故あの時〇〇しなかったんだろう?と、後悔している方達も多いのではないかと思います。

しかし、一旦は別れを経験したとしても復縁が出来る可能性はゼロではありません。別れを経験した後にも復縁に至った夫婦も存在しますし、同様のカップルも存在しますので、もしも突然別れを告げられ、納得出来ない…と思う気持ちや復縁したい…という気持ちが強い場合は諦める必要はありません。

但し、復縁にはいくつかの条件があります。

まず別れの決断に至った問題点を改善出来るかどうか?という事が大前提になってきます。

 

夫婦やカップルの関係が終わる時、そこには何らかの理由があります。浮気や暴力、浪費癖など様々な要因がありますが、その根本的な問題をクリアする事が出来なければ復縁出来る可能性は低くなります。

復縁した後にまた同じ問題が起こる可能性があれば大切な人の気持ちは絶対に動きませんし、もし同じ事を再度繰り返してしまった場合、次はないと考えなければなりません。

復縁する為には自己改善は絶対に不可欠で努力が必要となりますが、まずは何が別れの原因になってしまったのかを明確にし、別れの原因を改善してから相手の気持ちを取り戻せる様に努める事が大切です。

相手の気持ちがあるかどうか?も復縁が出来るかどうかのポイント。

復縁したい気持ちがあったとしても相手にその気が全くなければ1人で復縁を考えるのは難しいと言わざるをえません。特に大切な人にすでに別の恋人がおり、しかも上手くいっているようですと1人で復縁を目指した所で復縁の可能性は低いと言わざるを得ません。

大切な人との復縁の為には大切な人にまだ気持ちが少しでも残っている内に行動する事も大切ですから、時間を空け過ぎない様にしなければなりませんが、復縁を焦り過ぎてしまうと失敗に繋がる事もあるので注意が必要です。

善は急げという事で気持ちの向くままにアプローチをしたくなるかもしれませんが、別れて間もなかったりすると逆効果になってしまう事もあります。

夫婦やカップルが別れる時にはそれなりの覚悟がありますし、その覚悟を決めた中で復縁を求められても受け入れてもらえる可能性は低くなりますし、自分の事ばかりしか考えない人と思われてしまう事もあり、復縁から遠のく可能性も出てきます。

状況によっては時間を置く事も必要ですから、状況により一定の冷却期間を設ける事、お互いに冷静に物事を考えられるようになってからアクションを起こす事も視野に入れて下さい。

復縁をする為には周りの人達が協力的になってくれるかどうかも成功の可否を左右します。

復縁を求める際にも周りの人達の協力が必要になってくる事があります。復縁に対して友人・知人に頼り復縁工作を行ってもらい、復縁を目指すという手段は成功率を高める要素の一つになります。協力的になってくれる事が大切であり、その友人・知人は大切な人よりの人であれば復縁成功率も格段に上がります。

復縁したい場合には時に外堀から攻めることも有効になってくる事がありますし、本人ばかりに気持ちを伝えず間接的なアプローチも検討した方が良いと言えます。

友人・知人に頼る事が出来ない…というのであれば復縁屋をお勧めいたします。復縁の専門家が行う復縁工作で関係修復をお手伝いしてくれます。

復縁に必要な相手の条件とは?

復縁に必要な相手の条件をいくつか載せてみましたので参考にしていただければと思います。

学生時代の交際相手と復縁の可能性は?

学生時代には、いろんな甘酸っぱい思い出があるかと思いますが、友人といろんな体験をしてきた事や、恋人との楽しい思い出など、思い返してみれば自分の青春を沢山思い返す事が出来るでしょう。

そんな思い出の中には、初恋の相手との思い出や青春時代に付き合っていた恋人の存在もあるかと思います。

告白をして交際出来る事になった時の喜びなどは、今でも鮮明に覚えているのではないでしょうか?そんな初恋の相手や当時の恋人とも、就職や進学をする時に物理的な遠距離もそうですが、心が少しづつ疎遠になり、いつの間にか自然消滅をしてしまった…という人もいるかと思います。

学生時代に別れた相手とは、復縁する事が出来るものでしょうか?

最近ではそういった過去にお付き合いをされた状況や自分一人での復縁が物理的に難しい…とお考えの方は復縁屋を利用し、復縁工作をする方が増加傾向にあります。復縁屋には友人・知人を使った復縁工作とは全く違うプロが行う復縁工作があるのでお客様の復縁成功率を高めてくれます。

復縁したいと1人で悩む前に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい

復縁工作を依頼する人の中には、学生時代に交際していた相手と復縁したいという相談も多く、連絡がつけづらい…という状況も工作員の力によって変えてくれる事もあります。

遠距離が原因で別れてしまった…という場合には、相手の事を嫌いになって別れたわけではありませんので、キッカケさえあれば大切な人と交流を持つ事が出来、交際に発展する可能性も高くなります。

距離の問題が別れの原因になっていたのであれば、その問題をクリアにする事が復縁への解決の糸口になります。

学生時代交際していた相手とは、久しぶりに会えばそれだけでも話が盛り上がる様になり、十数年も経過しているとなると、外見もかなり変わって来ており、内面に関しても大人に成長した上で昔話に花が咲けば復縁の可能性が高まる事は分かるかと思います。

学生時代には些細な事でケンカしていた事も、学生時代から大人に成長した期間が冷却期間として上手く活用されれば笑い話しで済ませられ、そこから関係がもう一度再構築されるといった事も珍しくありません。

外見も内面も成長して大人になった姿にギャップを持たす事が出来れば、気持ちも盛り上がり、相手の状況次第で復縁したい気持ち高まっていく事も考えられます。

同窓会で再会を果たし、結婚をしたというカップルも多い為、昔の自分を知ってくれていて、尚且つ再会したというシュチュエーションによって復縁まで燃え上がるというケースは少なくなく、この場合状況が全てを後押ししてくれるといった復縁の進み方が考えられます。

復縁で最も可能性が高いのが勢いで別れた場合

一般的に夫婦やカップルが別れた場合に、後で復縁したいと考えるケースは多いとされています。

これは別れの原因の中に相手が嫌いで別れたわけではない…他の要因が多く、ちょっとしたすれ違いが理由であったり、誤解が原因で別れた場合によく見られます。

しかし、夫婦やカップルの復縁には障害になっているものが多く、障害になっているものがあるからこそ復縁が難しいというケースもあります。

勢いで別れてしまった場合

これは比較的若い夫婦やカップルにみられます。ちょっとした行き違いがあった為に別れに至ったのですが、引くに引けなくなってしまいそのままの勢いで別れたくないという本心がありながらも別れに至ってしまったケースがこのケースになります。若い夫婦やカップルは意地を張ってしまうという事に注意しなければなりません。

人間的な未熟さや判断の甘さなどが原因で別れてしまった場合

この場合の問題点は強いて挙げるならば親や友人の反対くらいで、それも強硬なものではなく心配に近いものになっていますから、人間的な未熟さや判断の甘さ等が原因で別れてしまった場合の障害は親や友人などの障害がなければ復縁の可能性は残っていると考えられます。

仕事が忙しいなどのすれ違いで別れた場合

夫婦であれば共働きなどの場合は一緒に過ごす時間が少なくなりがちで、すれ違いを感じる事が多くなりますが、学生であれば受験勉強等に励む為に時間が合わない等のすれ違いは良くあります。

そうなると寂しさから別れを決意する場合がありますが、この場合もお互いに相手に好意を持っていますので復縁の可能性は高くなると言えます。

また別れた後にも連絡を取り合っていたり、話し合って円満に別れた場合も希望すれば復縁する事に応じる可能性は高くなります。

復縁が難しい相手の条件とは?

1人では復縁が難しい相手の条件が書いてありますので参考にして下さい。

女性の浮気などが原因で別れた場合

女性の浮気は男性のプライドを著しく傷つけますので復縁に応じる可能性はゼロに近くなりますし、仮に復縁に応じた場合でも以前と同じ生活が送れなくなるという事が良くあります。

別れた後の生活が充実している場合

別れた後に一人身の生活を大切な人が謳歌している場合は、復縁して関係を取り戻す事よりも、その生活を満喫してしまう為に復縁を考えづらくなってしまいます。

金銭的な問題もありますが、仕事や人との関係の煩わしさ等がなくなる為、自由度が減る事を嫌います。

なので、別れた後の生活が充実していればしているほど復縁に応じる可能性は低くなります。

最大の障害としては新しい恋人の存在が挙げられます

これは非常に大きな障害で、基本的には新しい恋人がいる場合には復縁の可能性は相当低いとされています。

ただし、結婚ではなく恋人関係だった場合は多少の希望はありますが、結婚の場合は既に二人の生活が完成していると言えますし、場合によっては子供の存在も出てきますので、その場合に復縁を望むのは難しいと言わざるをえません。

しかし、恋人関係の場合は入り込む余地はあります。

基本的に恋人関係というものは本人の意思によって関係が維持されているので、本人以外の人間が口出しすると言う事はほとんどありませんから、恋人のいる相手に復縁したいと迫っても周囲が反対すると言うケースは少なくなっています。

しかし恋人関係であっても婚約している場合などはほぼ再婚していると見なされますので、この場合は可能性はほとんど無いと言えます。

復縁したいなら相手はどのように考えているのか思いやる

恋人とケンカをする事もあるでしょうし、夫婦でケンカをして離婚の話しが出る事もあるかと思います。

時には暴言を吐かれて大変なショックを受けてしまった方もいるかもしれませんし、感情的になりケンカしてしまうと、つい思ってもいない様な暴言を吐いてしまう方も世の中には沢山いますが、そのショックから別れる原因になった方もいます。

復縁工作で復縁成功率を上げるお手伝いが出来ます。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁したいならご相談下さい

お互いが離れて一人の状態になると、感情の高ぶりも収まり、ある程度冷静に考える時間も増えますが、一緒に過ごしていた時には、感じなかった喪失感や一緒にいて楽しい思い出を作った事も思い出される事だと思います。

時にはケンカをしたり、相手のいやな部分なども見てしまったりする事もありますが、それでも、相手に対して好意を抱いて接していた頃は、自分としても楽しく過ごせていたはずです。

大切な人に対して何をどう考えればいいのか?

大切な人は何を考え、どう思っているのか?という事を考えなければなりません。復縁にとって一番大切な事になりますが、自分よがりで行動を起こした所で大切な人も人間ですから、相手の事を想うからこそもう一度やり直していいかもしれないとは考えてくれますが、別れた後にも自分よがりでいてしまっては復縁を考えてくれる事はありません。

ケンカや一方的に別れを切り出されたり、また自分から別れ話をしたとしても、相手の事を気にかけていたり、または復縁したいと考えるならば、一度落ち着き、冷静になって考え、また友人や知人等に相談して復縁に向けて第三者の意見を聞いてみる事も大切です。

別れに至る迄の状況等を客観的にみてもらい、アドバイスをもらったり、良くなかった点などを指摘してもらう事で、自分の悪い所や、また相手の悪い所等もしっかりと把握する事が出来ます。

大切な人の事を考えず、自分がした事を反省もせずにただ復縁したいと考え行動してしまうと、相手とまた一緒に過ごすことが出来る可能性は限りなく低いのですが、仮に復縁出来たとしても、同じ失敗を繰り返す可能性も高く、再度別れに至る事になります。

自分だけで悩まずに、周囲の友人や知人等を頼る事も重要な事です。

第三者からの意見を聞き、反省する点、またこれからどのようにすれば良いのか等、復縁の為のアドバイス等をもらう事で大切な人を想った行動や考え方にも繋がります。そういった友人・知人がいないのであれば復縁を専門に扱う復縁屋に相談してみるのも一つの手段です。

別れてしまっている以上、相手はフリーです。

別れた以上、すぐに違う恋人を見つけてしまう可能性もある為、焦ってしまう事もあると思いますが、あまり焦って行動してしまうと、大切な人から自分を見た場合、余裕がなく自分の気持ちだけを優先している様に見えてしまう為、マイナスイメージにしかなりません。

相手の気持ち、相手の状況をシッカリと把握し、相手を思いやる事が重要です。

しっかりと相手の状況や自分は復縁したいが、相手はどの様に考えているのかを知る事も大切ですから連絡を取る事も大切ですが、あまりしつこく復縁を迫るのはいけません。

相手と一回きちんと話し合える機会を作る為にも、焦らず相手の反応をみる事も必要です。

復縁の為のには下準備を慎重に

なんらかの理由で恋人と別れてしまった場合、別れる理由がなんであれ、その時は誰しも感情的になり冷静に考える事はなかなか難しいものですが、別れて自分一人で冷静な状態で考え、もう一度復縁したいと考える方もいます。

その為には、行動を起こす必要もありますが、ここで注意する事は、焦ってはいけないという事です。

別れてしまったからには、大切な人が次の恋人をみつけてしまう事もあるので、復縁したいと考えるとどうしても焦って行動してしまいますが、焦っている状態で復縁を迫っても別れた大切な人からしてみれば自分の事しか考えていない身勝手な人にみられてしまいますから、魅力ある相手とは思ってもらえず、復縁したくてもうまくいかず失敗してしまう事がよくあります。

復縁を望むならば、まず、別れてしまった原因を考えることから始めましょう。

自分が悪かったのか?相手が悪かったのか?またお互いが思いやる事が出来ず、自分達の意見や考え方、価値観を押し付け合っていただけではないか?と自分の行動や言動を疑う所から始めなければなりません。

恋人として付き合った事がある以上は、好意を持って接してくれていた時期があるはずですが、その当時は大切な人に好意を持ってもらおうと大切な人が不快に思わない様に相手を思いやりを持った行動をしていたはずです。

しかし、二人でいることに慣れてしまい、その相手を思いやる気持ちが欠けてしまうと、徐々にお互いの距離が離れてしまう事からちょっとした事でケンカなどに発展してしまった可能性もあるのではないでしょうか?

 

大切な人への態度も徐々に悪くなってしまえば大切な人からのイメージはマイナスの印象しか与えていなかったかもしれません。

そのような反省すべき点がある場合には、次からは同様の態度、また大切な人の事を思いやる事を忘れない様にする事が復縁にとって大切ですから、反省すべき点を反省して改善出来るように行動に移してみましょう。

復縁するには下準備が必要です。

大切な人と連絡を取り、もう一度話し合う機会を設ける事は必要ですが、その時点で、しつこい態度を取ってしまうと相手が嫌がり、復縁に向けての話しを行う事すら出来なくなってしまいます。

大切な人にコンタクトをとるのは重要ですが、大切な人を尊重し思いやる事は絶対に忘れてはいけませんから、大切な人の都合にあわせて、もう一度きちんと話し合う機会が作れないか?と話してみる為の下準備も必要です。

忘れてはならないのは自分が復縁したいからといって大切な人も同じ気持ちでいてくれるとは限りません。

相手にその気もなく、話しが出来ない状態の時は、その時期が来るまで待つ事も必要ですが、大切な人が歩み寄って話し合いに応じてくれたのなら、冷静に話しをし、改善した部分を直接的ではなく間接的にアピールし、これからも一緒に過ごす事が出来るかどうかを二人で話し合う方向で話さなければなりません。

しっかりとした下準備がある為、復縁という目的に繋がる事にもなります。

復縁により結婚までゴールインしたカップルも多い

復縁したいから行動したい…復縁相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

男と女の関係というのは非常に複雑で、恋愛の形にもいろんな形がありますが、一度別れてしまい、二度と会う事はないだろうと思った2人が復縁して結婚する例も珍しくありません。

例えば付き合った当初、男性が女性の口うるささに嫌気がさして別れたような場合、男性は次に付き合う女性は大人しくて控えめなタイプを選ぶ事も多くなりますが、元カノとタイプが違う女性と交際する訳ですが、しばらくするとその女性との間に色々な感情も芽生えてくるわけです。

元カノと違い、あれこれ口出ししてくる事はないものの、男としては何となく物足りないという事を感じる事や、元カノとは喧嘩も絶えなかったけれど、仲直りした時の喜びも大きく、刺激の多い日々だった事も懐かしく思えてきたりします。

口うるさいと思っていた元カノの男性に対する言動も、結局はこちらの事を気にかけて言ってくれていたのだという事にも気付いてきたりもしますし、こういう思いが頭をよぎると、元カノともう一度復縁したいという気持ちになるもので、そういう気持ちをきっかけに久しぶりに連絡をとって会う約束をする様になります。

復縁したい理由を元カノに告げるのは勇気もいりますし、照れもあってなかなか素直に言えないものですが、「もう一度復縁したい」とだけでも伝えれば復縁を意識させる事にも繋がります。

久しぶりに会いたいと連絡をし、来てくれた時点で復縁の可能性は0%ではないと考えても構いませんが、全く脈がない場合、元カノはその場所に来てくれませんし、場合によってはメールを入れても返信すらして来ないという事もあります。

冷却期間をおいて復縁すると恋人の大切さというものに気付き、会えない期間に色んな事も考えますし、復縁を決意した以上、再度別れることはしない様に努力をして復縁によって結婚までゴールインしたカップルも多いです。

復縁したいならこの方法で復縁率は上がってきます

好き同士で付き合っていた大切な人から突然別れを言われて動揺したという経験がある人は多く、別れてからも忘れる事が出来ずに復縁したいと望む事がありますが、一度別れてしまった相手と復縁をするというのはとても難しく、一歩間違ってしまうと相手から嫌われてしまう事があります。

復縁経験がある人の体験談を元に、どのようにすれば復縁出来るのかを自分で調べる事で同じ境遇の人の経験を元に復縁に繋がる可能性もあります。

復縁しやすい別れ方をしているかどうかを見極めましょう。

大切な人に新しく好きな人が現れた場合も復縁する可能性が0%ではありません。

一時の浮気心かもしれませんし、その相手が必ずしもあなたの大切な人に興味を持ち、お付き合いに発展するとは限らないからという理由があります。

もしも相手の人と上手くいかなかった場合には戻って来てくれる可能性がありますが、愛想を尽かされ別れた場合に関してはこのケースには当て嵌まりません。

アプローチの仕方は?

積極的にいかないという方法や、別れてからも連絡をしないという2パターンがありますが、どちらのアプローチが正しいのか?どちらのアプローチをすれば復縁率が上がるのか?という疑問があるかと思います。

結論から言いますと、アプローチの仕方は人によって変わる為、どちらのアプローチが正しいという事はありません。復縁出来るのかどうかという際にテクニックに頼ってしまい、本来考えなければならない問題を考えずにいれば復縁に繋がる事はありません。

大切な人の事を良く考え、その上でどちらの選択が正しいのか?という事を考えましょう。

間接的に関わる事が出来る場合でも、大切な人には恋心を見せないというのもポイントです。

まだ自分を好きでいてくれるという安心感は興味を損なってしまう原因にもなりかねませんので、別れてサッパリしたという態度をとるかどうか?という事もポイントになります。

大切な人が興味を持って接してきた場合は、復縁したいと望んでいるのであれば気持ちを受け入れ、また再スタート出来るでしょうが、一度別れた相手と復縁するという事は、また同じ事で別れが来てしまうというリスクも伴います。

そのリスクを軽減する為には、2人の問題ですからお互いが思いやりをもって接する事が必要ですが、自分から復縁したいといったから…という理由やまたフラれたら…という気持ちをもってしまい、自分の思った事を言い出せず我慢をするという事もあります。

フラれたくないから我慢をするというのでは良好な関係を築き上げる事は難しくなり、その後別れに繋がる事もあるので気を付けなければなりません。

元カノとどうしても復縁したい際のコツを伝授します

男性は今まで付き合った人との思い出をフォルダ別に記憶し、女性は上書き保存すると言われています。

どうしても復縁したい場合は元カノにしつこく連絡をとってしまいがちですが、嫌な思い出が残っている場合はますます嫌われることになりかねません。

ではどのようにしたら元カノと自然に復縁することが出来るのでしょうか?復縁とはよりを戻すと考えがちですが、全く新しい関係を築くという気持ちで前向きに取り組んだ方が成功確率がアップします。

正確にはもう一度やり直すのではなく、新しくなった自分に惚れさせるという気持ちで復縁に挑むのです。

全く別人の男性として女性の目の前に現れた時、ドキッとして復縁してもいいかな?と思うのではなく好きになるという可能性もあります。

その為、いつチャンスが訪れてもいいように自分磨きを徹底しておかなければならず、愛想を尽かされた原因が分かっている場合は改善しなければならないのは言うまでもありません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁成功率を上げるお手伝い

どうしても復縁したいという気持ちがあっても、状況次第ではまずは冷却期間を設ける事が必要になる事もありますが、もしもその間に別の男性と付き合う事になっていても焦らずに、落ち着いて対応していかなければなりません。

別の男性と付き合ってしまえば、その女性が持つ自分に対しての嫌な思い出を上書きしてくれるチャンスなのだと考え、そのチャンスを活かそうと前向きに考えなければならず、もう復縁は絶対に無理なのか…と諦めてしまえばその時点で復縁は不可能だという事が言えます。

ここで重要なのは元カノと仲の良い友人との関係を維持しておく事ですが、元カノが恋愛相談をしそうな友人とこまめに連絡を取り合える間になっておけば、その友人経由で元カノの今の状況を把握する事も出来、関係を深めていけば元カノとの関係においても味方をしてくれる事もあり、応援してくれるようであれば復縁工作を行ってもらいましょう。

十分に時間を置いたら、今の彼と何かトラブルがあったときに相談にのる口実で再会し、そこで全くの別人になった男性である事をアピールすると共に一緒に居て安心する、心地よい雰囲気作りをする事によって頼れる存在だという事をアピールするのです。

再燃した恋ではなく、新しい恋が芽生えるようなイメージをしっかりもち振る舞い、敢えて自分から復縁したいという気持ちを相手に出さず、まずは気になる存在としてアピールする事がポイントです。

元カノの友人が後押ししてくれるようであれば復縁はかなりの確率で成功し、友人を使った復縁工作が成功するという訳です。

復縁したい時ほど、空回りするような行動をとってしまいがちですが、そこはどれだけ冷静になれるかで復縁できるかどうかが決まります。

復縁したい・・・A子さんの復縁のテクニック

つき合っていた彼氏と別れても、好きだった気持ちが抑えきれずに復縁したいと思う女性は多くいます。

しかし、女性がどれだけ一途な気持ちを伝えて追いかけても、元々が狩猟民族の男性は追いかけるほうが好みなので、意味がありません。

さらに、男女共通で昔の恋は新しい恋の魅力には絶対勝てません。

では、好きだった彼氏と何が何でも復縁したい時はどうすればいいのでしょうか。こんな体験談があります。

好きだった彼氏に「好きな人ができた」と別れたA子さんは、復縁したい気持ちもありましたが我慢して一切連絡をとらない事を決め、別れたことでできた空き時間を自分磨きに費やしました。

1年後、内面も外面も魅力的になったAさんは、ふとしたことで彼と連絡をとったことがきっかけで彼と再会し、彼の方から猛アタックされ復縁しました。

これは、Aさんが無意識のうちに「冷却期間」という復縁のテクニックを使ったからです。

冷却期間とは簡単に言えば、「二人の関係の為にちょっと距離をおいて冷静になる期間」の事を指します。

別れる直前はお互いの性格の悪い部分や将来に対する不安で頭がいっぱいになってしまい、出会った頃に抱いた楽しくて新鮮な気持ちを忘れてしまっています。

こんな時に復縁を申し出ても意味がありません。

その為、一度冷静になってあなたの事をすべて忘れる「冷却期間」を二人の間に設ける必要があるのです。

冷却期間の日数は、人によってバラバラです。

1週間の人もいれば、1年間に及ぶ人もいます。

冷却期間は体験談のAさんのように、自分磨きに費やしてください。

そして、冷却期間が終われば、彼もあなたとの嫌な思い出を忘れてしまい、前より一層魅力的なあなたを見て、新鮮な気持ちで復縁したいと恋心を抱いてくれる可能性が大きいです。

冷却期間をおく事は、決して楽なことではありません。

しかし、この期間を耐えれば、復縁の可能性は高くなります。彼氏との復縁を考えている人には是非お勧めします。

別れた相手と復縁したいと望む人は数多く存在します。

復縁のスタイルは人それぞれです。

別れた相手と復縁したいと望む人は数多く存在します。

お互いの考え方や価値観や世界を尊重し、恋愛で二人で過ごす時間以外が意外と多く存在するカップルもいます。離れている時間が長くてもその間にお互いに頑張っていることを信じて認め合い、その時間も大切にしようとするいわゆる大人のカップルともいえます。

その他にも、とにかく一緒に過ごしたい、会いたい、会えない時間は電話をしたり、メールをしたりして繋がっていたいと考えるカップルや恋人もいます。基本的に寂しがりやで、自分が一人でいることを苦痛に感じやすい繊細な人が多い傾向があります。

それぞれ楽しい恋人の時間を過ごせている間はいいですが、一方がまだ相手のことが大好きでも、もう片方の気持ちが離れてしまえば恋愛関係を続けることは困難になってしまいます。

人は忘れることが出来る生き物と言われますが、気持ちを片方が残したまま別れた時は、なかなか前をむけなくなる場合もあります。

復縁工作、別れさせ工作で復縁したい気持ちのサポートをします

別れた恋人と復縁したいと考える人は少なくありません。

一度はお互いに気持ちが通じ合った関係である為、復縁の可能性は全くないわけではないでしょう。

別れ方やお互いの性格によっても復縁の可能性が高いか低いかはあるでしょうが、実際に復縁しやすい人はどのような場合が多いのでしょうか。

基本的に寂しがりやの人は復縁する可能性が高いと言えます。

寂しがりやの人は一人でいることを好みません。自由になりたかったり、相手の束縛が面倒くさかったりなどの理由があって別れたとしても、ふと一人でいる時間を寂しく感じる瞬間は訪れます。

今までは常にその寂しさを感じないほど恋人と一緒の時間があったため尚更です。しかも別れた恋人は自分の寂しい気持ちを一番理解してくれて側にいてくれていた人です。

その温かみを再び求めて復縁する可能性が高いのです。

復縁したいからとすぐに連絡をするのはマイナス

本当に好きな人なら、別れることが辛いです。

二人で話し合い、別れを選んだとしても、お互いに暫くは寂しい気持ちになります。

彼氏と復縁したいと思う人は多いです。

相手のことが好きで、長く付き合っていたなら未練も残ります。

復縁出来る人もいれば、そうではない人もいるものです。

お互いに好きなのに別れなければならなくなった時は、縁があれば復縁出来る可能性が高いと言われます。

例えば、夢を追いかけて上京したり、一時的に仕事が忙しくて連絡が出来ないことで別れてしまう時です。

まだ好きなのに別れを選んだ場合、新しい恋人を作ろうとは思いません。忙しくなくなったら、相手から連絡が来るかもしれないのです。

相手に未練があれば、必ず連絡してくれます。

復縁したい時にしない方が良いことがあります。それは、別れを決めた翌日に連絡をすることです。
相手も自分から別れを伝えた場合には罪悪感を感じています。

まずは冷静になりたいと思っているので、すぐに連絡をすることはやめておきましょう。

相手が寂しいと感じて、連絡をしてくるなら、電話に出ても良いかもしれません。

復縁するとしても、3か月以上は時間を置いた方が良いと言えます。円満に別れた時には、友達関係として続けていく人もいるものです。

しかし、別れた後はお互いに冷却期間を作る方が良いと言えます。

以前は恋人同士だったのに、友達関係になろうとしても、お互いに気まずい思いをしてしまうのです。一度でも交際していたのなら、別れた後すぐには会わない方が良いと言えます。

また、新しい恋人を募集していることを話さない方が良いです。

女性の場合、元交際相手に嫉妬してほしくて、新しい恋人の存在を話したりする人もいます。

しかし、別れてからすぐに合コンなどへ行っていたり、新しい恋人を作ったことを話せば相手も悲しくなるのです。

共通の友人にも話さない方が良いと言えます。

男性はこのような人を軽いと思い、復縁したいとは思わなくなってしまうのです。

自分でできることはやってみたほうがいいと思いますが、万が一復縁できそうもない状況だと感じるようであれば復縁屋さんに相談することも方法の一つです。

復縁でわかる別れた本当の理由

恋愛は楽しくて充実した日々が送れる場合もあれば、残念ながら辛くて大変な日々を送ってしまう場合もあります。

喧嘩をしたり、相手の気持ちを疑うなどの辛い体験が続くなどの理由で、その恋愛をあきらめて自分から別れを切り出したり、逆に相手の方が嫌気がさして、別れを告げられてしまうことはよくあります。

一度は愛し合った相手と何らかの形で別れてしまった場合に、すぐに気持ちに整理を付けて、新しい出会いを求めて動き出せるという人もいるでしょうが、相手に対する気持ちを捨て去ることができずに、できれば復縁したいと願う人も少なくないはずです。

新しい恋愛対象との出会いももちろん素晴らしいことですが、復縁のまた一つの出会いの形と言って良いのです。

特に相手から別れを切り出された場合に、何が別れの理由だったのかが自分にははっきりしないのであれば、気持ちに区切りが付けられなくなる可能性は高いでしょう。

復縁は相手の気持ちに大きく関係してくるものなので、成就させるのはそう簡単なことではないかも知れません。

しかし復縁したい相手は自分のどこを不満に思っていたのかを考えて、その部分を改善するように努めたり、ある程度の冷却期間を経た後に、相手の気持ちを考えずに突っ走ることなく、自分の気持ちを相手に上手く伝えることができれば、復縁は決して不可能なことではないでしょう。

復縁を成功させるために大事なことは、相手が自分に対してまた魅力を感じてもらえるようになることなのです。

そしてそういったプロセスの中で、別れることになった本当の理由を理解できることも多いはずです。

例えば自分の気持ちばかりを相手に押し付けて、相手の気持ちを理解してあげる努力をしてなかったとか、相手の悪い部分ばかりを気にして良い部分に目を向けられなかったなど、自分の未熟な部分を反省することができ、その部分を改善して一段成長した自分になることができれば、復縁は質の高い出会いと言うことができます。

また例え復縁を成功させることが出来なくても、そのプロセスの中でしっかりと成長できたのであれば、新しい出会いの質も高くなると言えるでしょう。

復縁相談されるお客様の感情

同窓会で昔の恋人と再会して淡い思いが再熱し復縁したい