復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁したい人が相手を信じないという矛盾な気持ちを抱えている事がありますが、相手を信じない矛盾な気持ちを持ったまま復縁に挑んだ所で復縁を叶える事は出来ません。

人を信じる事が出来ない人は他人から信じられる事はなく、自分が信じる事が出来なければ相手が信じてくれないのは誰でも分かる事だと思いますが、復縁したいという立場にいながらも相手の事を信じられないという矛盾を抱えていれば、どんなに取り繕った所で相手にその気持ちを見透かされます。

気持ちを伝える事は気持ちがあって初めて伝わる事です。

伝える気持ちが無ければ相手に言葉を伝える事は出来ますが、気持ちを伝える事は出来ません。

復縁したい相手に復縁したいんだという気持ちを伝える時に【復縁】というものがどんなものなのか?を理解出来ていなければ復縁の気持ちを伝える事は出来ません。

復縁したい人の多くは言葉を伝える事はしますが、気持ちを伝える事はあまりしません。

復縁するという事は別れた原因などを振り返り、もう一度関係を紡いで下さい。という事が復縁であり、ただ関係を続けていく事を復縁とは言いません。

言葉上は関係を取り戻せば復縁と言いますが、復縁という言葉の中には以前の関係の際に起きた問題をなかった事にし、良い所だけをお互いにみようというのが復縁ではなく、起きた問題を解決し、新たにもう一度関係を紡ぎ、以前よりも良好な関係になりましょう。というのが復縁です。

以前よりも良好な関係になる事をお互いに望むから復縁という結果に繋がるのであって、とりあえず関係を取り戻すというのでは復縁した後も関係が拗れ、同じ過ちを繰り返し、再度別れを経験しましょうと言っている事と変わりがありません。

復縁を目指している際にインターネットで検索をすれば自己改善というのは必須条件の様に出て来るかと思いますが、自己改善の中には悪い部分を改善し、良好な関係を取り戻せる様に進む事が出来ますよ

という復縁したい相手へのアピールも含まれます。

もう一度付き合ってもらう為に自己改善ではなく、良い関係を紡いでいく形を取る為の自己改善をしていくから復縁したい相手ももう一度目を向けてくれるのです。

良好な関係を紡ぐ事が復縁したい人には見えてきません。

目先の復縁ばかりに気を取られ、何をすべきか分からない人が多すぎます。

しかし、復縁したい相手とどんな関係に戻りたいのか?復縁したい相手はどんな関係を望んでいたのか?相手の事を考えれば考えるほど何が正解なのか?を理解する事が出来る様になります。

復縁という言葉の本当の意味を理解して復縁したい相手に「復縁したい」と伝える事と、ただ関係を取り戻したいから「復縁したい」と伝える事は全く違います。

復縁したいという言葉、別れた時に別れたくないと言った自分自身の言葉、あなたの言葉はどんな気持ちを込めて相手に伝えていたのでしょう?

気持ちを込めた言葉に魂が宿るという事を書きたい訳ではなく、本当の意味で理解している人の言葉と理解せずに発している人の言葉では言葉の重み、言葉の想い、本当に伝えたい事が異なる事をご理解いただければと思います。

■⇒復縁は焦れば焦るほどドツボにハマる

■⇒あなたならどちらを応援する?