復縁の為に何をするべきか?復縁の為に何をしなければならないのか?

復縁を意識していると出て来る問題に自分は何をすれば復縁出来るのかが分からない為に、何かの行動をしなければならないけれど、何も行動を起こす事が出来ない…という事態に陥ります。

何か行動を起こさなければ復縁に進む事はありません。

しかし何をすれば良いのか?と言われれば復縁の経験がないので分からない…という人は参考にしていただければと思います。

状況を把握して焦らない

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁を考える時に焦ってしまう状況といえば、復縁したい相手に新たな恋人の存在が出来てしまい、自分は復縁出来ないのではないか?という不安と葛藤しなければなりません。

復縁したい相手に新たな恋人が出来、その相手と幸せになって欲しい…と簡単に受け入れられるわけではなく、自分が元カレ(元カノ)と幸せになるはずだったのに…と焦る気持ちも分かります。

元カレ(元カノ)は昔からモテてたから別れて直ぐに恋人が出来てしまうんじゃないか…?元カレ(元カノ)の周囲にはいつも異性の存在がいて別れた後に恋人作りをしてしまうんじゃないか?

こういった見えない相手と闘う姿勢は疲れます。

そして見えない相手なので誰と競えば良いかも分からず、復縁する前に他の人に取られない様にしなければ!!!と焦りから行動に移し、「復縁したい!!!」と焦った気持ちのままに行動を起こしてしまいます。

焦りから行動を起こして新しい恋人が出来た?等の詮索はせずに、状況を把握して冷静に対応しなければならないので焦らない様にしなければなりません。

現状を受け入れる

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

別れた現実を受け入れる事が出来る人はとても少なく、現実を受け入れた行動をする事が出来ない人はとても多くいます。

別れた事実は分かっていながらも、恋人として過ごしていた時の感覚で連絡を取ろうとする事や相手が距離を置いているにも関わらず距離感を間違えて接してしまい、距離感を間違えて接する為に更に距離を置かれてしまうケースがあります。

現実は「別れていて、恋人同士ではない」というのが現実である事を受け入れなければならず、復縁したいという状況は少なくとも今現在恋人同士ではないという事を理解しなければなりません。

状況によっては友人関係すら築けていない関係かもしれません。

状況によっては相手も好意を持っているのかもしれません。

しかし、これらの目線を自分目線で考えてしまえば現実を受け入れる事が出来ません。

現実を受け入れるという事は相手の立場を考えて、自分本位な行動や考え方をするのではなく、一般的な社会人が社会人として接する様にするという事です。

友人関係、両想いの関係、今の状況はどんな関係なのか?現実を受け入れた上での接し方をしなければなりません。

復縁の為に出来る事のまとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁の為に出来る事はまずは冷静に状況分析、そして現実を受け入れる。

現実を受け入れる事が出来たので始めてそこから先に何が出来るのか?を考える事が出来ます。

しかし、復縁を考える人の多くはこういった事前の準備を何もせずに何をすれば良い?どうしたら復縁出来る?自分に出来る事は何もないのではないか?と焦りからどんな状況かも分からず復縁に向けて行動しようとして自ら復縁のチャンスを潰してしまう人が多くいます。

復縁の為に出来る事(行動)を考える前に今の自分と復縁したい相手との距離感等を考えた上で、その現実を受け入れ、受け入れた現実を元に復縁に向けた行動をしなければなりません。

復縁の為に出来る行動は別れたという現実を受け入れた状態から始まります。

■⇒心にゆとりを生む方法

■⇒別れの原因である「嫉妬」「束縛」