復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

復縁屋別れさせ屋ジースタイルで、自分を変える為に自己改善に一生懸命取り組んでいらっしゃいます。

勿論、復縁したいという強い想いから、弊社で指摘を受けた事を真摯に受け止め自分を変えることがまずはやらなければならない課題だということをしっかりと認識し努力しています。

復縁を望む人の中には、強がりで自己防衛本能が強く、そのことに悩みを抱える方は少なくありません。

特に年齢を重ねてくると、それなりの経験なども自負するようになり、変なプライドというものも無意識のうちに出てくるものです。そうなると、中々理解していても直すことができなかったり、これまでずっと行なってきた、言動や行動をすぐに直したり変える事というのはとても困難なことです。

しかし、その事実を自覚して改善に取り組むことと、自覚がないまま取り組むのでは、「自己改善」「自己改革」にかかる時間は大きく違ってくることは間違いありません。

自分の事は自分が良くわかっている」という事を口にする人がいます。が、復縁したいと望む人を含め、多くの人というのは自分のことをわかっているようでわかっていないの方が多いということです。

そこで、自分の悪い部分、課題等を認識するきっかけにして欲しいのが、他人である復縁屋の指摘です。

友人、知人からの指摘でもいいのですが、やはり友人ということで関係が壊れることを嫌がり相手を否定するような事は中々いえません。復縁したいと考えているのであれば、客観的に指摘できるのが復縁屋ということになります。

復縁屋への復縁相談では、仮に自分が強がっていたり、何かにつけて言い訳をする、自己保身に走ったり、責任転嫁しようとすると必ず客観的に話を聞けている相談員からの指摘が入ることとなります。

誰しもが、相手を嫌な気持ちにはしたくはありません。しかし、復縁屋として指摘するという事は、その指摘部分に別れに至った原因が含まれているものです。

しかし、相談員がこういうところは治す必要があるのではないのでしょうか?と伝えると、反発し逆切れとも思えるような言動をしてくる相談者の方もいらっしゃいます。

復縁したいと考えて相談してきたのに係わらずその原因の一端となっている部分を指摘すると不貞腐れるや怒るといった言動をする人に何のアドバイスも与える事もできません。

このように、自分の悪い部分を指摘されると反発し逆切れをおこすような人は、知らない間に周りの人はいなくなっていきます。付き合っていた相手と破局した原因がそこにあるにも係わらずです。一度指摘した事に反発された人が陥る思考です。

復縁屋も能力者ではありません。復縁したいと相談いただいた以上、復縁を望む人のお役に立ちたいと考えており、言葉にしないことには相手に伝わりません。

つまり、「自分の想いを汲み取って欲しい」や「言わないでも理解して欲しい」なんて、自分本位の気持ちは誰にも伝わることはないのです。万が一悪気がなかったとしても、相手からの評価が変わることはありません。

本気で復縁したい相手との復縁を望むのであれば、自分の指摘は真摯に受け止め、復縁活動を行っていただければと切に願います。復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでもその為の十分なお手伝いはさせて頂きます。

■⇒復縁出来る方法を探しても無駄

■⇒復縁したいなら自分の評価を決めるのは誰?