復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

弊社ではご契約いただいた後はラインやメールの添削も行わせていただいていますが、ラインやメールの内容を全部作って欲しいという方もいらっしゃいます。

全てを代筆してしまえば復縁した後のやり取りも代筆しなくてはならなくなり、自分である程度出来る様にならなければ復縁した後にラインやメールのやり取りで別人が書いていたという事に気付かれてしまい、再度別れに繋がってしまいます。

代筆する事は出来ますが、代筆を使って復縁しようとする人はメールやラインでは良い関係になる事は出来ますが、直接会った際に離れられてしまいます。

何故ならメールやラインとは別人の印象を持たれてしまい、別れた時と何も変わらない事を気付かれてしまい、復縁したいと手っ取り早い方法を使って相手を騙す様な形で復縁を目指しているのですから当然と言えば当然です。

自分で作ったモノを手直しする事や、客観的に見ておかしいと思う所を添削するから自分で考えた内容を相手に送る事が出来るのです。

自分で考えた内容を復縁したい相手に送っているので直接会った時にも違和感を覚えられません。

復縁の為のラインやメールを代筆してもらおうとしても復縁に繋がる事はありませんが、そこに気付かない人は沢山いらっしゃいます。

弊社のお客様で他の復縁屋に当初依頼していたけれど、復縁に繋がらないので、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに相談に来たという方がいらっしゃいました。

その方はラインの代筆を復縁屋にしてもらい、復縁したい相手に送ったとの事でしたが、その内容を見て弊社担当者は唖然とします。

何故こんな復縁から遠ざかる様な内容を送ってしまったのですか?何故相手の怒りを買う様な内容を送っても良いと判断したのですか?

この質問に「プロの方がこの内容で絶対に返信が来る」と言ってたので送りました。という話しをされました。

そして、それを聞いた担当者が、こんな内容を送って来るわけないですよ…という話しをし、実際に返信来ましたか?とお伺いを立てると来てません。

という話しをされました。

もう一年以上ラインの返信が来ない状態で、どうすれば良いか分からずに頼っていただいたので、どういう内容を書いていただき、それを添削させて下さい。という話しをした所、スタンプを返してくれるという結果が出ます。

第三者が状況を分かりもせずに、身勝手な内容を送り付けて、相手の怒りを買うであろう文章を送った所で返信が来るはずがありません。

たまたま返信が来るケースもありますが、それであっても直接会えば代筆してもらった事に気付かれてしまい、復縁に進むはずもありません。

そういった事が分かっているからこそ代筆を出来るけれども復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは代筆をするのではなく、添削をさせていただき、復縁に向けてのラインをご自身で作っていただき、添削させていただいています。

■⇒復縁しましたの感謝の声

■⇒ラインのブロックを解く前に