復縁する為に復縁したい相手にどう伝えればいいんだろう?という方は大変多いようですので復縁屋が復縁の話し方の分からない方へ参考になればと思いアドバイスさせていただいています。

LGBTの方にも使える様に復縁したい対象の方の性別を分けさせて詳細に書かせていただいています。

復縁したいけれど復縁ブログを読んでも分からない…という方は分からない事があれば弊社までお気軽にご相談下さい。

話す相手の性別によって話し方を変えなければならない理由

復縁したい相手が男性であれば男性へのアプローチとして何が有効か?を考えなければなりません。

女性と復縁したいのであれば女性へのアプローチで何が有効か?を考えなければならないのです。

復縁を考える際に一般的に行ってマズイ事は復縁イコール~と考えがちですが、復縁問題を考える際は出来るだけ詳細に分けて物事を考えていかなければなりません。

基本的に男性と女性は一人の人間ですが、人間を男性と女性に細分化する事が出来ます。その中から更に男性という分野を細分化していく事で復縁したい相手がどういう人であり、どういった話し方をすれば良いのか?という事にも繋がります。

しかし、細分化する前に大まかな分け方をしなければ細かい部分で区別する事が出来ません。

その為、まずは大きな分け方として男性と女性という分野に分けて判断してく事が必要になります。

復縁したい相手が男性の場合

では本題に入りますが、復縁したい相手が男性の場合、どの様な話し方が有効であるか?

男性には狩猟本能があり、逃げていくものを追いかけるといった本能が備わっています。

本能として逃げるモノを追うという本能が備わっているのであれば、逃げているという状況を作り出さなければなりません。

その為、縋る行為等は男性の本能的なモノとは異なる為、本来はマイナスでしかないのですが、縋る行為というのが絶対にイケないという事ではありません。

狩猟本能というものは何かを守る事や自分の身を守る事、誰かを助ける事や誰かを守る為の行動ともとれます。

狩猟本能を追い掛け回す事だけを考えていると見落としがちですが、狩猟は家族を守る為や家族に食事を与える為の行動でもあり、危険を冒してまで家族を守る行動を起こしているとも考えられます。

その為、縋る事によって自分が守らなければならない…といった本能に訴える事も時としてある事を理解した上で復縁したい時はそれらを利用する形での話し方を求められます。

復縁したい相手が女性の場合

復縁したい相手が女性であれば、女性は一般的に弱い者を守るという認識が強いのではないかと思います。

子供を産み自分がその子供を守らなければならない…という母性本能を強く持ち合わせ得ているのが女性の特徴になります。

その為、一般の復縁マニュアル等では対象者が女性の場合、母性本能に訴えた形で話しをしましょう!!であったり、自分の弱い所を見せて母性本能をくすぐりましょう!!!といった事が書かれている復縁マニュアルを良く見かけます。

復縁屋が作った復縁マニュアルはコチラ

しかし、子供を守らなければならない女性が持ち合わせている本能にはもう一点覚えておかなければならない事がある事を忘れない様にしましょう。

母が子供を守る理由

原始時代、男性は狩猟に出て狩りをして獲物を取りに行きます。

その為、女性は危険な動物から我が子を守る為に危険があれば自分の危険も顧みず我が子を守る事に本能が働きます。

自分の身よりも我が子という母性本能の原点部分に気付く方は多いのですが、自分達に危害を加えようとするものに対しては危険を察知し防衛という名の攻撃を繰り返すという本能が備わっている事を忘れてはいけません。

これは母性本能という優しさの象徴とは一転して自らの降りかかる火の粉を跳ね除けようとする本能ですから、自分の意にそぐわないという「自分達を攻撃するであろう相手」に対しての防衛本能は男性よりも優れたモノを持っていなければ原始時代で我が子を守る事が出来ませんでした。

その為、復縁したいという状況が女性にとって危害を加えられている。又は危害を加えられるかもしれない。という状況であれば女性は一転して攻撃的となり、男性よりも強固な拒否反応を示して来ます。

復縁したい相手を特定の相手に絞った話し方

復縁したい相手が男性、女性ですでにパターンが細分化されてしまいます。

ここから男性の性格、女性の性格等を更に細分化していくと復縁したい相手との話し方のコツというものが見えてきます。

復縁屋に復縁相談に来られる方の多くは復縁マニュアル等を見て、復縁マニュアルには~~と書いてあった…という事を実践したけど復縁出来なかった…というご相談も少なくないのですが、お話をお伺いさせていただいていると情報の細分化が全くされていない情報を元に実践されているという事が良く分かります。

Aさんには通じるものがBさんには通じないという事は復縁に携わっている者であれば一般常識として分かる事ですし、大抵の方は本来はご存じのはずですが、地球上に数十億という人間がいて、一人として同じ人間がいない以上、Aさんに通じてBさんに通じないというのは至極当然の事だという事を忘れてしまっている方が大変多くいらっしゃいます。

情報の細分化をする事で特定の相手に絞った話し方というモノが出来上がる為、復縁したい相手に的を絞った時は復縁したい相手が男性、女性という大まかな分類で分けるのではなく、細かく詳細に情報を細分化して「復縁したい相手に合った形」の話し方をしなければなりません。

復縁屋の復縁工作での話し方とは

例えばバニラアイスが好きな人とチョコレートアイスが好きな人がいて、バニラが好きな人にチョコを勧めた所で、バニラが好きな人はチョコになびきません。

復縁屋は復縁工作の心理誘導という形でバニラを好きな人にチョコ味の美味しさを伝え、チョコを食べさせる様に仕向けますが、そもそもチョコが美味しくなければバニラ好きは今度もチョコを買おうとは思わないのです。

バニラが好きな人にもチョコって美味しいね!と言わせるのは復縁屋ではなく、復縁屋のお客様であり、チョコの美味しさをより良いものにするのが自己改善という事になります。

あくまでも復縁屋が出来る事はチョコの魅力を伝え、チョコを食べさせるまでの事しか出来ません。

どんなチョコにする=どんな自己改善をするという事なので、全てを復縁屋に委ねた所で復縁屋が100%の復縁は難しいと言わざるを得ない理由はそこにもあります。

復縁する為の間接的な要素

復縁する為に話し方に気付いた後はシュチュエーションがとても大切になるとお考えの方は復縁屋への復縁相談でも大変多くいらっしゃいます。

場所はどこがいいですか?時間は何時頃がいいですか?こういった事をお考えの達へのメッセージとして書かせていただきます。

復縁の話し合いの場所

復縁の話し合いをする場所を気にされる方は沢山いらっしゃいます。

付き合っていた当時の思い出の場所に行けばもう一度考え直してくれるのではないか?

これを考えている時点で復縁を甘く見ていると言わざるを得ませんし、基本的にこういった考えの方は一人では復縁は難しいと言わざるを得ません。

復縁したい相手はあなたとの思い出の場所は過去のモノであり、あなたが美化して自分に都合の良いイメージを持たれているモノとイメージを共有出来ていない事に気付かなければなりません。

復縁の話し合いの場所で思い出の場所に行き「昔はこれを二人で食べたね。懐かしいな。」という話しをされた所で、復縁したい相手にしてみれば、あなたとの美味しいモノを食べたと記憶を呼び戻して共有したい訳ではありません。

復縁したいという状況で復縁して欲しいと相手に「頼む」ものとして意識を変えなければならず、「頼む人」が同等の立場で過去を共有しようとした所で、それは人に物を頼む態度ではありません。

復縁で以前は気心しれた仲だから立場は対等と考える方もいらっしゃいますが、頼まれる立場の人が何かを頼まれた時に、「頼むわ!!」と上から目線で頼む方はいないと思いますが、「~を奢ってるんだから」等と条件をつける事は論外です。

誤解しないでいただきたいのですが、言葉遣いや復縁する話し合いの場を設けてもらったのだから食事代を奢ったりしなさいという訳ではありません。

気持ちの面でせめて「お願いする立場」という認識を持たなければならないという事です。

誰かにお願いする時に思い出の場所に行きますか?という誘い方はしないと思います。

お願いをする際は、そのお願いをシッカリと聞いてくれる場所に行くのであってジックリと話しが出来る場所に行く事であなたの想いを復縁したい相手に伝える事が出来るという事に気付かなければなりません。

これを読んでも、まだ復縁の話しをするにはどこが良いですか?というのであれば、きっとあなたの復縁したいという想いは相手に伝わらない事だと思いますし、今のまま1人で復縁を目指すのは復縁の可能性を0%にする恐れがあります。

復縁の話しをする時間帯

復縁の話しをする時間帯に関しても、あなたは相手に「頼む人」という心構えでいれば、どの時間帯が良いのか?という事も気付かれるかと思います。

相手が忙しい時に自分の気持ちを相手に押し付けて時間を空けてもらう事で相手がお願いを聞き入れてくれますか?

他人にお願いをするのであれば相手を気遣った時間帯や事前に許可をもらうのが一般常識だと思いますが、その一般常識が出来なければ復縁する事は到底難しいと言わざるをえません。

相手の状況を汲む事が出来て初めて復縁成功に繋がります。相手の気持ちを汲む事が出来ない。相手の事を何も考える事が出来ない。

全て自分ありきの行動であれば復縁する事は難しいと言わざるを得ないので、復縁したいと本気で想われるのであれば復縁の話しをする時間帯も復縁したい相手に気遣った時間帯が正解であり、正解というモノはないという事に気付きましょう。