復縁したいと申し出る時、相手を傷つける事をしてしまった為に「謝罪」をしなければならない時があります。

どの様に謝罪すれば良いのか?

復縁相談時に謝り方というものを知らない人が大変多くいらっしゃいますので謝るという基本的な事について書かせていただきますので参考にしていただければと思います。

自己満足の謝罪

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

謝るという行為をすれば謝っていると認識している人はとても多く「謝っているのに!!!」「ごめんって言ってるじゃん!!!」といった謝罪ともとれない謝罪をもって謝罪しています。という人も存在します。

基本的に謝るという行動は「自分がしてしまった事に対して相手に申し訳ない」と思う所から相手に対して申し訳ないと思って謝罪をするのです。

自分が「ごめんなさい」「すいませんでした」という言葉を出すから謝罪というのではなく、【相手が反省してくれているんだな】と思ってくれるからこそ謝罪の言葉は届きます。

いくら謝っても許してくれない…

という言葉を出す人の多くは、自分は謝っているのに…という気持ちを少なからず相手は汲み取っています。

本当に反省しているのか?という反省の言葉を口にする人の頭の中身までを相手はみる事が出来ない為に謝罪している時の言葉や行動、仕種等、全ての情報を踏まえた上で判断されるものであり、「ごめんなさい」という言葉だけを持って謝っていると判断される事はありません。

謝っているのに許してくれない…という言葉には「謝っている【のに】許してくれない」という自分がこれだけ頭を下げている状態であるにも関わらず許してくれないと自分本位な部分が見受けられます。

そうした言葉が頭の中に出ている時点で相手はその言葉が頭の中にある事を察する為に反省の色が見えないという事に繋がりますので自己満足の謝罪は火に油を注ぐだけで何の意味もありません。

復縁したいからとりあえず謝ろう…復縁したいから…という言葉が冠に来るようでは自分が悪いと思って謝っているのか?それとも復縁の為に仕方なしに謝っているのか?という所に繋がります。

相手の立場に立って謝罪をする

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

相手の立場に立って謝罪をする事でより良い謝罪をする事が出来ます。

自分がしてしまった事の重大さを相手の立場に立って理解した上で相手が許せない気持ちになる事を理解する事で、どれだけ自分がしてしまった事が相手に苦痛を与えたのか?を理解する様になり、そこで初めて反省の言葉を伝える事や謝罪の言葉を伝える事が出来ます。

相手の立場に立って謝罪をするという事は相手の気持ちを理解するという事にも繋がります。

もしも自分が同じ事を相手にされてしまったら…もしも自分が同じ立場に立たされてしまったら…

少なくとも相手の気持ちや立場になった時の事を考える事が出来なければ謝罪の言葉は謝罪の言葉ではなり得ません。

もしもあなたが大切な人に浮気をされてしまったら悲しみや怒り、苦しみ、色々な感情がごちゃ混ぜになってしまい、どんな言葉があれば許したいと思えるでしょうか?

復縁したい時に謝る事が必要な時は相手の気持ちを理解し、相手の立場に立って謝罪をしようという気持ちを持つ事は最低限必要な事になります。

自分が謝っている…ではなく相手がどう思うのか?相手の立場に立って謝罪するという事がどれだけ必要であるかを考えてみましょう。

復縁の謝り方のまとめ

復縁したいなら復縁工作、復縁屋

復縁の謝り方というタイトルになっていますが、基本的に謝り方は人が失敗を犯した時や何らかの迷惑をかけた時に心から謝らなければならないという部分において復縁というよりも人として当たり前のことをしなければなりません。

自分が悪い事をしたのだから相手に謝る。

謝罪という部分において一番大切な事は如何に自分が反省し、相手に悪い事をしてしまったのか?という事を反省する様な事をした本人がシッカリと理解出来ているのかどうか?という事がとても重要です。

しかし、こういった人として当たり前の事を分かっていながらも自分の欲望(復縁したいという気持ちや自分が頭を下げているんだから許して欲しい)を優先する事でないがしろにしてしまっている人が「大人」には多く見受けられ、謝罪をするのが優先なのか、自分のプライドが優先なのかが分からない状態で相手に謝罪をする人が大変多くいらっしゃいます。

反省を口にしながらも、心で舌を出していれば反省の気持ちは伝わりません。

謝らなければいけない状況で復縁したい…と考えるのであれば謝らなければならない状況をシッカリと受け止め復縁の為に謝るのではなく、悪いと思っているから謝るという考えを忘れない様にしなければなりません。

自分を曲げない面倒な人に、恋愛は難しい

復縁とセックスの関係