復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

こんにちは、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤です。
前回と同じく、仏教用語を用いて、復縁について書かせていただきます。

禅宗のお坊さんに教えていただいた「莫妄想(まくもうぞう)」という禅語があります。
これは「妄想すること莫(なか)れ」との意味で、子どものころからネガティブで、「テストで良い点が取れないかも~」とマイナスなことばかり考えている佐藤に、禅宗のお坊さんが教えてくださった言葉です。

人は誰しも、まだ起こってもいない未来のことをあれこれ考えてしまいます。
勝手に悲観的に考えて勝手に傷付いたり、獲らぬ狸の皮算用的に変な方向にポジティブになったり・・・。
また、既に起こっていることに対しても、あれやこれやと事実以上のことを妄想します。

それというのは、意味があることでしょうか?
テストで良い点が取れそうになければ、良い点が取れるように勉強をすれば良いだけです。

これは復縁においても言えることです。

復縁できるかもしれない、復縁できないかもしれない。
・お相手様に新しい相手がいるかもしれない、いないかもしれない。
・自分は変われるかもしれない、変われないかもしれない。

そんなことを考えても意味はありません。
事実以上のことを考える必要はなく、妄想はしなくてよいのです。

《お客様とお相手様は破局をした》
《お客様は復縁がしたい》
《そのためには、もう一度愛されるように努力をする必要がある》
《もう一度愛してもらえるご自身へと変化することができれば、復縁ができる》

それ以上のものは、何も存在しないのです。
余計な妄想をする必要はありません。

当初に書かせていただいたように、人間は、起こっていない未来のことをあれこれと考えるとても弱い精神構造をしています。
自分の立っている地面が見えなければ不安を感じ、考える必要のない妄想、または優先度の低い問題についてばかりクヨクヨ悩んでしまいます。
本来考えるべき問題があるのに、です。
しかし、今立っている場所がどこかわからずとも、”立っている”という絶対的事実は揺らぎません。
「復縁できるかどうか」「お相手様に新たなパートナーがいるか」「ご自身は変化できるか」、どんな妄想が浮かぼうと、お客様ご自身が《復縁したい》と強く思ってさえいれば、そのような些細なことは関係がないはずです。(特に”新たなパートナーの有無”については、復縁調査をすれば解決できる程度の問題です)

今ご自身の目の前にある事実と、ご自身がなさりたいことにのみ必死になってみてください。
《どう変化をすればもう一度愛してもらえるか?》との疑問は浮かんだとしても、お相手様との復縁について余計なことを考える必要はなくなりませんか?
仮にお相手様に新たなパートナーがいたとしても、お客様ご自身がお相手様に選ばれる存在にさえなってしまえば、他の誰がいようと問題にはなりません。
その人を捨ててでも一緒にいたいほどの存在に、お客様なれば良いだけです。

と言っても、”その人を捨ててでも一緒にいたいほどの存在に、お客様なれば良いだけです”と書いてしまえば簡単なように見えますが、現実はそう容易いことではありません。
しかし、復縁するためにはその方法しかありません。
いくら復縁工作をしても、です。
結局お客様を選ぶかどうかを決めるのはお相手様であり、そのお相手様にとってお客様が価値ある存在でなければ、どれだけ復縁工作をしても意味がないからです。

ですが、逆に考えれば、《その人を捨ててでも一緒にいたいほどの存在に、お客様なれば》、復縁できる可能性や確率は、天井知らずで上がっていきます。
”復縁の成功率”を気にされるお客様は多くいらっしゃいますが、そんなもの、ご自身の努力次第でどこまででも上げることができる、という事実に気付いていらっしゃらないお客様がほとんどです。

莫妄想、余計な妄想はなさる必要がありません。
すべきことさえすれば、そんな妄想をする暇などなく、復縁は成功します。
むしろ妄想は、お客様の復縁の成功率を下げるだけです。
ご自身で可能性を無くしてしまわないでください。

今後も偶に、佐藤の親しんだお坊さんから教えてもらった言葉で、復縁についてお客様にご案内していきたいと思います。
以上、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤でした☆

■⇒つまらないラインをするから嫌われる

■⇒振ったつもりが復縁を望む結果に