復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

人が行動する際は常に最良の選択肢を選択し、選んだ結果によって人生が変わっていきます。

  • 進むor止まる。
  • 走るor歩く

食べ物を選ぶ際も

食べるor食べない

といった選択肢の後に、何を食べるか?という選択肢があり、その選択肢に沿って行動していきます。

選択肢を与え、その選択肢の結果が復縁になる様に仕向けていくのが復縁工作の心理誘導ですが、復縁したい人の多くは復縁するor復縁したいという選択肢を与え、その前の選択肢を無視して結果だけを求めようとします。

目的が復縁したいのであれば、幾つかの選択肢を与え、その選択肢から復縁に繋がる様に話していく事が必要ですが、復縁したいと焦るあまり、すぐに結果に繋がる選択肢を与えてしまうので結果的に復縁したい。という選択肢を選ばれてしまうのです。

選択肢をいくつも重ねるから復縁を意識させていく事が出来る様になります。

  • 楽しい人or楽しくない人
  • 癒される人or癒されない人
  • 自分にとって必要か否か

こういった事を選択させた後に復縁するorしないという選択肢を与えなければなりません。

もちろん楽しい人or楽しくない人という部分にも細かい選択肢を与えなければなりませんし、選択肢を細分化していく事であなたが必要な人であるかどうかを相手に印象付ける事が出来る様になります。

手抜きをしてしまい復縁するor復縁しないという選択肢ばかりを与えようとする為、復縁に辿り着く事はありません。

復縁を焦っている人は身に覚えがあるのではないでしょうか?

復縁したい…彼氏(彼女)が出来てしまうのではないか?

そういった不安から早く復縁したい!!という事ばかりを気にしてしまい、復縁するorしないの選択肢を与えていませんか?

復縁する気があるか?ないか?

という選択肢だけを与えられる人の気持を考えた事はありますか?

常に結果のYES、NOを求められてしまい結論(復縁するか否か)を出そうと考えようかな…?と思っている時に、この質問に答えて下さい!!!と常に要求されてしまえば、その質問をどうせされるんだ…という嫌な気持ちにしかなりません。

選択肢を与えても相手がそれに答えたいと思っているかどうかは相手のペースによるものでなければなりません。

自分のペースに相手を巻き込み、その上で結論だけを求めている。

復縁を焦る人が復縁出来ない理由はこういう所にもあるのです。

相手に自分の知りたい事を求めすぎても答えたくなくなります。

自分がもしも同じ事をされたとしたら、復縁したいと思いますか?

自分が同じ事をされたら好意を持てるようになりますか?

別れた以上、あなたの事を以前と同じように好きでいる事はありません。

好きでない人から常に結論を求め、結論を出してくれなければ先に進めない!と自分の都合を押し付ける前に考えてみて下さい。

結論は出ているのです。

別れているという現実があるのです。

別れているという現実から目を逸らし、相手が思わせぶりな態度をしてくるから先に進めないという事を言う前に現状を理解して答えが出ている事に気付いて下さい。

出ている答えに対して答えを変えさせる為にはいくつもの選択肢が必要になります。

その選択肢をきちんと与えられているのか?もう一度ご自身の復縁活動に対して見直していただきたいと思います。

復縁について分からない事がありましたら復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにお気軽にご相談下さい。

復縁工作についてのお問い合わせも随時受付ています。

■⇒同棲のメリット、デメリット

■⇒仲直りの仕方を学びましょう