復縁まであと一歩…と思っている方に今現状、自分が復縁に向けて行っている事は正解なのか?というチェックシート代わりに使っていただければと思います。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは復縁相談に来られた方全員に下記の様な内容を一つ一つアドバイスさせていただいています。

復縁を実現したいと考えてる人には

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

多くの人にとって恋愛は大きな悩みの内の一つですが、その中でも復縁というものは簡単な様でいてとても難しいものです。

恋愛は上手くいっている時はこの上ない喜びを与えてくれますが復縁は上手くいった時はそれに加えて達成感というモノが出て来る事もあります。

恋愛の悩みで大きいものはなんといっても、別れに関する事ですが、別れは恋愛をする以上、切っても切れないものですから出会いがあれば別れもあり、それらを沢山経験していく事で恋愛が上手になる事もありますが、何度経験してもとても辛いものが別れだという事もいえます。

付き合った人は多いけれど、本当に好きな人とお付き合いした事はそれほどいない…という方も中にはいらっしゃいますし、本当に好きになった人でなければ復縁したいという問題を抱える事はないのではないかと思います。

本当に好きな相手や結婚を考えていた相手であれば、別れはとても辛く苦しいものである事は大抵の方でしたらご存じなのではないでしょうか?

あの時こうしておけば…こうするべきだった…過去を振り返ってしまうと悩みは尽きず、復縁したいと考える人の多くは過去にしてしまった事に対して反省を繰り返し、自分自身で犯した過ちに対して後悔し続けてしまい、精神的にも安定する事が出来ず、仕事や家事に集中出来なくなる…という方も大変多くいらっしゃいます。

そうした思いを抱えた方が復縁したいという気持ちを切らす事なく大切な人を取り戻す事は決して簡単な事ではありません。

復縁はなかなかうまくいかないものです。

別れを切り出された方と切り出した方、復縁したいと願う人と復縁されたいと思われる人では両者の気持ちも考え方も異なりますので、そもそも別れを切り出した時点で大切な人は復縁を考えていない事も多く、新しい恋人を作る事や一人身の生活を満喫しているというケースも少なくありません。

その為、復縁したいと大切な人に伝える事が難しいというケースは良くあり、一人での復縁を熱意でどうにかしようと思ってもなかなか上手くいくものではありません。

復縁にはきちんとした計画が必要なのです。

1人の力でやみくもに相手と接触しようとしても接触自体を拒否されるケースもあり、別れ方によってはストーカー問題に発展する事もあり、上手くいかない事も良くあります。

本当に復縁したいと考えているのであれば、復縁屋がおすすめですが、復縁屋にも当たり外れがある為、全ての状況で復縁屋に頼ろうと考えるのではなく、相談であれば無料で請けてくれる所がほとんどですが、復縁工作等の依頼をしてしまえば料金もかかる事から復縁屋に頼る前にやれる事はやっておくというのがベストな選択だと言えます。

復縁屋は復縁工作や、会話、メールなどのアドバイスなどを行い、依頼者の復縁を実現するために働いてくれる専門業者ですから復縁屋は復縁工作などを元にした復縁の為のノウハウを持っています。

この為、今自分の置かれている状況を伝えることで、復縁までの効果的な手順を考えてくれますし、第三者が入ることで、自分だけで考えるよりも客観的に状況を見ることが出来る様にもなります。

復縁屋はインターネット検索で探す事が出来るので、一人での復縁に行き詰った際には検索し、相談してみても良いかと思います。

復縁屋に頼むことで復縁が必ず成功するというわけではありませんが、1人だけで考えているよりもより良いアイデアが出てくる事や今の状況を客観視してくれるので有効利用する事をおススメします。

復縁を望むのであれば意識のずれを埋める必要があり

復縁は復縁したい側と望まない側の間にある意識のずれを埋める必要があり、元来望む側とそうでない側が交渉した所でお互いが望む着地点に至らせる事はとても難しいという事を知らなければなりません。

子供がおもちゃを欲しいと駄々をこねて、「望む側」の意見と子供におもちゃをせびられて「望まない側」の意見が合意に至るには、この場合、誕生日やクリスマス等のイベントがなければ中々合意に至る事はありません。

復縁したいと望む側と復縁したいを望まない側の意見が合意に至るにはクリスマスや誕生日等のイベントが重要ではなく、着地点である復縁しても良いかな?という部分を作り出さなければ復縁に至る事はないのです。

復縁したい側と復縁したいを望まない側の着地点というのはどこなのか?

復縁したい側の要望を飲んで着地点が出来上がる事はありません。

復縁したい側はあくまでも要望を出す側であり、要望を出された側はその要望に対して条件というものが付いてきます。

では復縁したいを望まない側の着地点というのは一体どこなのでしょうか?

正解はありません。

という答えになってしまいます。

着地点に関しては人それぞれが違う感性を持ち、復縁したい側と別れる際に別れる決意に至った経緯だけが着地点ではない場合があり、新たな恋人の存在などの外部要素も含めて、復縁したい側の要望を受け入れてくれるのであれば復縁したいと望まない側は別れを切り出す事もなかったという事も言えます。

この着地点を調べ、着地点に向けて進めていくのが復縁屋の行う復縁工作である事から、そういった着地点を調べる為に1人で復縁を考えるのはとても難しいという事が言えるのです。

復縁を望むのであれば、以前の自分とは違う自分に生まれ変わるくらいの決意で自分磨きをする必要があります。

復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

元々縁があり、お互いに恋愛感情を持っていたから交際していたのですから、相手が好ましいと思ってくれる部分が全くなかったという事はありません。

中にはお金持ちだったからお付き合いしただけだ!という様な方もいらっしゃいますが、明らかにお金目的であり、別れた原因がお金がなくなったから。というのであれば復縁を考えるのはとても難しいと言わざるを得ませんが、大抵の方はそういった関係ではなく、〇〇といった部分が嫌になった…等のなんらかの要因があります。

なんらかの要因があり、その部分を改善すればスグに復縁!!という訳にはいかないのが恋愛の中でも特殊な復縁という問題です。

良い部分を、受け入れがたいと思われてしまう部分が上回ったから別れがやってきたのですから、自分磨きをして良くない部分を変えていく事はもちろん必要で、それだけでは足りないという事を意識しなければなりませんが、何が良くない部分だったのかをきちんと素直に反省する心構えがなければとても復縁に辿り着く事は出来ません。

そういった自己改善もなく、復縁したいと伝えて復縁に繋がる可能性は1%もありませんし、その状況で復縁したいと伝えた所で相手は受け入れてくれない所か、無理に戻ってもまた同じことを繰り返すだけだ…復縁の話しをする時間が勿体ない…とさえ思う人もいる位です。

自分の良くない部分がどこだったのか?という事を、教えてから去ってくれる相手は中々いませんし、別れ際に〇〇の△△な部分は嫌だったな…等の言葉を受け、それを直せば復縁出来るかの様に話す方もいらっしゃいますが、大抵の人はその部分を直した所で復縁には至らない…という事が多々あります。

何故別れ際に聞いた悪い所を直しても復縁に至らないのか?

別れ際に復縁したい人の悪い部分を伝える事で改善されれば復縁出来るかのように話しをされた所で、いざその場で復縁したい!!!絶対に悪い部分を直して見せるから!!と伝えて復縁出来ない事に気付かなければなりません。

確かに悪い部分という復縁したいと思われる側は直して欲しい部分を伝えて来ていますが、争いを避ける為、或いは傷つけない様に、余計な事は黙って去る人がほとんどで、実際に決心した内容と異なる場合は正直にその話しをしてくれる事はありません。

その為、悪い部分を直した所で復縁に至る事がない。というよりも、悪い部分は勿論直さなければなりませんが、悪い部分が見当違いになっている可能性が高く、復縁に至らないのです。

自分で、自分の良くない所に気づく必要があります。

自分で自分の良くない箇所に気付く必要がありますが、中々自分の良くない所に気付く事は難しい事です。良かれと思ってやっていた事が実は嫌がっていたというのは良くある話しです。

そういった自分の良くない箇所を見つける作業を一人でするのは簡単ではないので、相談出来る相手がいれば頼って見つけてもらいましょう。

自分の良くない所を反省出来れば、付き合っている時に相手にどう接するすべきだったか?これからどうするべきかが自然に分かって来る様になりますが、気を付けなければならないのは自分が変わったから復縁したいと相手に近づいて積極的にアピールする事はかえって相手は遠ざかってしまいがちです。

今の自分の立ち位置は以前の様な恋人関係ではな事を忘れてはいけません。以前の様に踏み込んで話して良いものではないとしっかりわきまえた上で、相手から、なんだか変わったな、と思ってもらえるような結果を目指さなければなりません。

復縁を目指して連絡を取るのは勇気のいる事です。

相手が迷惑に感じるのではないかと不安に思いながら近づくのは苦しい事ですが、自分の正直な気持ちと努力を知ってもらえるように謙虚にしていれば、一度は付き合っていた相手なのだから気付いてくれる可能性もありますから、自分磨きが絶対に必要な条件だと意識し、復縁したいのであれば状況に合わせた形で努力していきましょう。

復縁する為には第三者の意見を取り入れる事が重要

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

復縁したいと考えた場合にしておいて損がない事が自分磨きですが、別れた時と全く変わらない状態で、やり直したいという気持ちを伝えても、変わっていないのであれば、やり直してもまた同じ理由で別れてしまうのではないかと、相手を不安にさせてしまう事があり、そういった所から復縁に踏み切れないという方は良くいらっしゃいます。

復縁したいと思われる側が復縁したい側の変化を察知しますが、実際に復縁に踏み出せない理由の一つに、自己改善が今だけなのではないか?と思われてしまう所がありますから、本気で復縁したいと考えるのであれば、出来る自分磨きをしておく事と同時にそれを継続していく強い意志を持たなければなりません。

復縁屋に依頼して復縁工作をするのも復縁に向けての行動なので間違いではありませんが、その前に重要になってくるのが自分磨きの内容です。

興味がある事を始めるというのも良いのですが、内容によっては、独りよがりになり、以前とは違うとアピールしても、自分の興味を相手に押し付ける事になってしまう事があるのでおススメ出来ません。

復縁は客観的に見て、以前とは変わった…安心して付き合える人になった…この先の未来を一緒に見る事が出来る…と感じさせる様な自分磨きをしておかなければなりません。

客観的に考える事は難しい?

客観的に考える事が難しい時は、恋愛相談をしてみる事が有効です。

信頼が出来る相手や、もしくは恋愛相談を受け付けてくれるサービス等で、別れた相手ともう一度復縁する為には、何から始めれば良いか、どんな自分磨きが効果的かを相談してみると良いでしょう。

それにより、一人では見えない視点や角度を変えてみると驚く様な発見をする事もありますし、今のままでは足りない点、今後、改善した方が良い点等も、改めて確認する事で、復縁に向けて何から始めれば良いかが見えてくる事になりますが、まずはアドバイスを受けるのであれば聞く姿勢を取らなければなりません。

聞く姿勢が出来ていなければアドバイスを受け入れる事が出来ないと共に、復縁したい相手との話しに関しても聞く姿勢を持つ事が出来ません。

自分の要望だけを伝えた所でどうにもならないという事をシッカリと理解し、アドバイスを聞く姿勢が出来ていて初めて復縁に繋がる事になります。

一人で考えて結論を出すのではなく、人の意見を取り入れるようにしておく事は重要で、何度でも気軽に相談できる相手を選んでおけば、自分磨きを始めてから、どれだけ変わったか等を客観的に知る事が出来る様にもなり、復縁の話を持ちかける時の自信にも繋がっていく事になります。

復縁したいと考えるのであれば、別れた時と同じ状態よりも、別れた時点よりもより良い状態になっておく方が、成功の可能性が高くなります。

自分磨きがおすすめですが、その為には人の意見を取り入れておく事も大切です。

どのようにして復縁へと進めていけばよいのか

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

恋人と別れても、友達としての関係が続いているという方は復縁の可能性がこじれた別れよりも比較的高いと言えます。

あなたの事が嫌いになった訳ではない為、友人関係は継続していると考える事が出来る為です。

友人関係として継続できるという事は自己改善した自分を見せるチャンスは残されている訳ですし、復縁迄に誰かに頼らなくても復縁出来る可能性があるとも言えます。

一度は恋人として交際し、別れてからも友人関係を続けるのは復縁したいと思う側にしてみれば辛い選択かもしれませんが、ここを耐える事で復縁の可能性が出て来る事もあるので腐らずに努力を続けていただければと思います。

友人関係を続けていたとしても残念ながら絶対に復縁出来るというものはありませんが、まず、二人が交際していたことを知っている友達を巻き込んでみましょう。

同性異性を問わず、復縁したい意向を友達に伝える事で復縁屋が行う復縁工作に近い形の協力を得られる事もあります。

友達も、恋人から否定的な話を聞いていないのであれば、快く協力してくれる事もあり、恋人には、自分から積極的にアプローチする事は控えるのが復縁の定石です。

元恋人としては、友人関係を継続していく意思はあるものの、一度交際を終わらせている以上は簡単によりを戻す様な事はしたくないと考えている事が多く、周りの友人達にも宣言してしまえば、復縁したいと思ってはいけないと元恋人も思ってしまいがちになるので、その際に復縁したいとアプローチをした所で復縁を受け入れてくれる可能性は低いと言わざるを得ません。

周囲の友達に協力してもらう事として、元恋人に対して復縁したいと思っている気持ちをそれとなく伝えてもらう事や、お似合いのカップルだった等と周囲から復縁を考えていない元恋人の牙城を崩す事を考えてみて下さい。

元恋人も友達から伝え聞いた程度の話であればそれほど負担には感じませんし、最初の反応は良くないかもしれませんが、友達から事あるごとに伝えてもらう事で深層心理に意識をさせる事に繋がっていきます。

その間にも、元恋人と友人関係であれば、何度か顔を合わせる機会もあり、友達として普通に接するように心がける事で元恋人に復縁を逆に意識させる様に仕向ける事が出来ます。

1つ気を付けなければならないのは、自分磨きを怠らない事です。

外見だけでなく、中身を磨く事を忘れてしまいがちですが、自分を磨く事で接する時間が長く、周囲から復縁を考えさせられる様にする事で恋人の方から復縁を意識させる事にも繋がります。

気持ちの変化は、協力してくれる友達が教えてくれるので、焦らずにチャンスを待ち、再び幸せを掴む事が出来る様に頑張りましょう。

一方的に復縁したいと気持ちを伝えるとより敬遠される

別れた恋人ともう一度復縁したいと考える人は意外と多くいますが、もう一度恋愛関係になる事が出来るかどうかは、相手の気持ち次第となります。

やり直したいと考える側は、お互いの事を良く分かっているから、やり直す事で上手くいくようになると考えやすいのに対し、やり直したいと考えていない側は、別れるという決断をする事になった相手だから、やり直してもまたすぐに別れてしまうと、復縁を敬遠してしまう可能性が高く、一方的にやり直したいという気持ちを伝えると、より敬遠されてしまう原因になってしまう事になります。

ですが、相手にやり直す気持ちがないという場合、時間が経てば、相手は新しい恋に向けて動き出すという事も少なくありません。

それだけに、復縁したいと考えたら、タイミングも重要になってきます。

一人で復縁を考えているのであれば、適度な距離感を保ち、それと同時に出来る事をしておく事が大切です。

別れた時と全く変わっていない状況では、やり直してもまた別れるのではないかと考えられてしまう事も多いので、別れた時よりも、成長している姿を見せる事が出来るように、別れてしまった原因を直しておく、相手が惚れ直しそうな状態を作っておく等の努力をしておく事が大切です。

復縁というのは、別れた状態と同じ状態でやり直す事というイメージを持つ人もいるかと思いますが、お互いが変わっていない状態でやり直すと、また同じ事で別れてしまう可能性が高くなる為、少なくとも復縁したいと想う側は何かしらの変化をしていなければなりません。

その為、やり直したいと考えるのであれば、変わる努力も必要になってきますが、その姿を見せ、相手の気持ちが復縁に向けて傾き出したと感じたら、もう一度やり直したいと伝える様にし、その兆しもないままに復縁したいと迫ってしまうと相手は少しづつ距離を置く形になります。

一方的に相手に復縁したいと気持ちを伝えるのではなく、復縁したいという気持ちを隠しながら、相手の気持ちが傾いてきたら復縁を匂わせるような駆け引きをうまく使わなければなりません。

どうしてまた復縁したいのか?理由を考えてみよう

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

復縁するためには、どうしてまた復縁したいのか?という理由を考えてみる事で自分の気持ちを確認し、復縁に向けた活動をシッカリと目標を持って行う事が必要になります。

例えば一般的に挙げられる理由として、まだ相手を好きな気持ちがあり、その人がいないと不安、なんとなく忘れられない、といったことが挙げられます。

実はこういった類の例はあやふやで自分でもまだよりを戻したいのか?という事が分かっていない状態である事が多い為、本当に自分は復縁したいのか?という事を知る為に、今の自分の気持ちを整理整頓しなければなりません。

考える、という行為は頭の整理をつけるので大変ですが、何故復縁したいのか?を考える事で大切な人への気持ちにも気付き、どれだけ自分にとって必要な人であるかどうかが分かり、復縁したいという気持ちに向けて努力する事を継続させられます。

復縁は簡単なものではないので、何故復縁したいのか?という気持ちを自分自身で分からなければ復縁という難しい問題に立ち向かう際に途中で諦めてしまう事もあり、中途半端な気持ちから復縁を考えてしまえば時間を無駄にするだけで、ただの自己満足で終わってしまう事が良くあります。

ノートなどに書き記す事や、客観的に自分の気持ちを見つめ直したり、本当に復縁したいのか?を確認し、復縁したいという気持ちを叶える為に何をすればいいのか?という事をする事で気持ちを切らさず復縁に向けて継続した気持ちを持つ事が出来るようになります。

一度別れてしまった事には、何らかの理由や問題があったはずですが、復縁したいと考えるのであればそういった問題をもう一度見つめ直す必要があると言えます。

復縁したいならどんな事をノートに書いてみるのか?

笑顔が好き、声が好き、価値観が近い、顔や体が好き、といったようにシンプルなことから、病気の時に看病してくれた、子供に優しい、好きなアイドルが同じ、好きな食べ物が一緒、といった些細な事でも構いません。

大切な人は何が好きだったのか?という事を思い出し、もう一度考えてみる事で大切な人がどう自分を見てくれていたのか?という事に気付きます。

大切な人の欠点や問題も見つめ直してみましょう。

自分勝手、たまに冷たい、ご飯を残す、物を雑に扱う、喧嘩したときにひどいことを言われた、など別れたときに許せなかった些細なことも思い出すことが重要です。

当然、思い出してくる内に嬉しい気持ちになったり、嫌な気持ちにもなるはずですが、そういった気持ちから逃げずに見つめ合いましょう。

大切な人の嫌な部分も受け入れる事が出来て、自分のどこが嫌だったのか?という事に気付くこともあります。

復縁したいを叶えるという事はもう一度相手の嫌なところや良いところを見る機会が訪れるということです。

その時に、自分がどういう対応を取れるか?また喧嘩してしまうのか?相手を受け入れるのか?話し合うのか?は人それぞれですが、さまざまな対処法を考える事が出来る様になります。

復縁したいからノートに書き写した結果

自分で挙げたさまざまな相手の良い点と悪い点を見比べて、それでも好きだと感じられるのであれば、復縁したいと考えても大丈夫だと言えます。

ただ、どんな理由で別れたにせよ、相手も嫌な思いをしていますから、好きだという気持ちは相手にだけ押し付けるのではなく、自分の事を見つめ直す事も大切で、どうして復縁したいのか?という理由を考える事は、本気で復縁したいと考えている人であれば避けては通れない道になります。

こういった細かい事を少しづつこなしていく事が復縁をする際の原動力となり、諦めない気持ちを作り上げてくれます。

そして、何があっても再び相手と幸せになるために必要な事なのです。

復縁には様々な成功事例があります

復縁屋とお客様の料金の誤差について