復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで自己改善

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに復縁のご相談をくださるお客様の多くは、漠然と「復縁したい」と思っていらっしゃいます。
そういうお客様に対して、「ではどうすれば復縁ができると思いますか?」と伺いますと、例えば今現在お相手様と連絡が取れないお客様は「連絡が取れたら・・・」だとか、(喧嘩状態などで)お相手様と全く話ができない状況のお客様は「落ち着いて話ができたら・・・」だとかです。
ふたりの別れを回避するためには”状況”を改善することが必要だとお考えです。

特殊な場合を除き、連絡が取れただけで復縁ができる関係であったり、落ち着いて話ができれば復縁ができる関係であれば、そもそも破局していなかったのではないでしょうか?
特に後者の「落ち着いて話ができれば・・・」と仰るお客様の場合、復縁屋としての体感ですと、何の対策も練らずに落ち着いて話をした結果、お相手様は冷静に離別について考えてしまい、尚更「やっぱりもう別れるべきなんだと思う」と意思を強固になさったパターンもあります。

そうなってしまえば、落ち着くことで破局が確定的になってしまい、本末転倒ですよね。
そして、冷静に且つ強固に「別れるべきだ」「復縁するべきではない」と考えられてしまうと、以降に復縁のためにアプローチをしても、お相手様にその気持ちは届かなくなったり届き辛くなってしまいます。
また、お相手様の心の中でお客様との関係に区切りをつけられてしまうと、新しい恋に意欲的になられてしまい、新たなパートナーを作ってしまわれかねません。
尚更復縁し辛くなってしまいます。

復縁に纏わる様々なコンテンツにおいて”冷却期間”という言葉が登場しますが、冷却期間のせいで復縁ができなくなる、または冷却期間を設けても復縁できない理由と言うのが、ここにあります。
冷静になることで、かえってお客様との関係にけじめをつめてしまわれるのです。
ただただ時間=状況が変化をするのを待っても、それだけでは復縁はできません。

変わるべきは”状況”ではなく、”お客様自身”です。

では、お客様自身が変わるために何をするべきか?

そのためには、きちんと状況を整理して、ご自身が何故復縁したいと考えているか?を明確にする必要があります。
状況の整理の方法には、先日のブログを参考にしてみてください→年表を作る

さて、お客様の復縁したい理由は何でしょうか?
お相手様のことが好きだからですか?
でも、お相手様はお客様のことが好きではないから、今は復縁できていません。
お相手様と一緒にいたいからですか?
でも、お相手様はお客様と一緒にいたいと思っていらっしゃらないから、今は復縁できていません。
様々な復縁したい理由が浮かぶと思います。
ですがそれらは全て、「でも、お相手様はそれを望んでいませんよ?」という言葉で覆されてしまいます。

何が言いたいかというと、「復縁したい」と望むことそのものがお客様自身の自分本位な我侭であるということです。

その我侭が悪いというわけではありません。
ただ、その我侭を叶えたければ、我侭が叶うように”自分が”努力をしなければいけないし、漠然と「復縁したいなぁ」と思って状況が変化するのを待っていても復縁はできない、ということです。
「自分だけがその努力を?」と思うかもしれませんが、復縁したいと思っていないお相手様に復縁を望むのであれば、復縁したいと思っているお客様が努力をするのは当然ですよね?
その努力なくして復縁は叶いません。
我侭を口にするだけで叶えてもらえるのは、精々子供までです。

自分本位な我侭を叶えるためには、その我侭を相手にも利益があるものと感じてもらうようにしなければなりません。
例えば営業の仕事で考えてみてください。
「こんな商品があります。この商品を使えば、あなたにこんなプラスがありますよ。」
「前のバージョンの商品にはこのような欠点がありましたが、新バージョンではその欠点が改善され、さらにこんな便利な機能もつきました!」
言い回しは違えど、こんな感じではありませんか?
復縁も同じです。

商品の欠点が改善されたから=お客様そのものが改善されたから、
会社のお客様は=お相手様は
再度買ってくれる=付き合ってくれる

こう考えてください。
時間が空いたからと言って、欠点があったことを体感している人が再度購入してくれることはありませんよね。

漠然と状況が変化することを待っていても、いつまで経っても復縁はできません。
何も行動をせずに無意味な冷却期間を過ごしても、やっぱり復縁はできません。
復縁をしたいと思っていないお相手様に対して、再度ご自身が魅力的な人間であるとプレゼンできるから、お相手様は復縁について考え直してくれます。
お客様ご自身が、お相手様にとって”復縁する価値がある人間”になることができるからこそ、復縁が可能になるのです。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルはそう考えています。

■⇒復縁には「気付き」が必要です

■⇒非常に厳しいお話になりますが・・・