復縁したい人との復縁を実現させる為に何をするべきか?どんな手順を踏み、どんな方法で復縁に向かうのか?本当に復縁屋は必要なのか?復縁したいと願う方へ復縁屋の行えるサポートに関してや、復縁アドバイスをさせていただいています。

復縁したい相手と復縁屋との関係とは?

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

復縁したい人と、どうすれば復縁成功するのか?復縁成功って本当に出来るのか?復縁を考えている人にとって一番気になる事だと思います。

復縁成功って本当に出来るの?と復縁屋には沢山の相談をされますが、復縁屋が必要な理由も分かり易く書いてありますので参考にしていただければと思います。

別れたくないと縋りついたら…

復縁したい相手はあなたに対しての好意を今現在は持ち合わせていません。少なくとも恋人としての好意を持っている事は別れを経験した今であれば持ち合わせていない事はご理解いただいているかと思います。

自分は復縁したい相手の事は好きだけど、好意がない事を考えるだけで辛い…と嘆くかもしれません。

しかし、好意というモノは積み重ねから着実に上積みさせる事は可能ですし、辛い気持ちは分かりますが、気持ちを強く読んでみて下さい。

別れ際に関して、相手に縋りつけば友人関係は築けなく可能性があり、もしも今別れを迎えそうだ…という状態であり、近日中に別れ話になってしまった際は相手に縋りつく事は控えて下さい。

相手に縋りついてしまえば、相手は関係を破壊しに来てしまいます。

木端微塵にされてしまった関係を修復する事はとても難しくなりますが、破壊されていない状態であれば修復は難しいモノではありません。

復縁を「レゴブロック」で例えた時に復縁屋の出番はどこにある?

相手とあなたとの関係を「レゴブロック」に置き換えて考えてみて下さい

箱から出した状態の「レゴブロック」はバラバラです。

付き合っている状態は少しづつブロックを積み上げて二人で共通の「レゴブロック」の完成形を目指していきます。

しかし、ある時どちらかが「レゴブロック」やーめた!!

と言って「レゴブロック」を止めてしまいますが、これが別れの時になります。

途中まで積み上げた「レゴブロック」はそのままであれば再度積み上げていく事で完成に近づきますが、あなたが「何故途中で投げ出すの!?完成するまでやろうよ!!1人で見捨てないで!!」と縋りつけば、こんなのやってられるか~と破壊活動を行われ、箱から出した状態の「レゴブロック」になってしまう可能性が高くなってしまいます。

一度積み上げていった「レゴブロック」は説明書がない為、再生するのはとても難しくなります。

その時、相手は何を考え、何故途中で投げ出したか?を考えなければなりませんが、あなたは自分一人で「レゴブロック」を積み上げていけばいつか復縁したい人は戻って来てくれる…と考えます。

しかし、その「レゴブロック」がどれだけ再生されたか?または復縁したい人が好みの「レゴブロック」が完成されていくのか?は分かりません。

これが1人で復縁を考える人の行動であり、「レゴブロック」が再生されている事や、復縁したい人好みの形になっているかどうかを確認すれば復縁したい人はもう一度「レゴブロック」に興味を持ってくれるかもしれませんが、あなたは復縁したい人が「また一緒に作りたい」と自然に言ってくれる事を待ってしまい、復縁したい人の気持ちを考える事は致しません。

これでは1人での復縁はとても難しい…と考えざるを得ません。

この状況の時に「レゴブロック」を一緒にやろう!!!なんで「レゴブロック」を途中でやめたの?「レゴブロック」の気に入らない所でもあるの?と復縁したい相手に「レゴブロック」をやらない理由を聞きだす事が復縁屋の出来る事であり、復縁したい相手から「レゴブロック」の完成形が自分の望むモノではない…という話しを聞いた時に、「レゴブロック」を1人で黙々と作っている人に望む形ではないから違うモノを作った方が良いんじゃない?とアドバイスをする事が出来るのも復縁屋の業務です。

どんな「レゴブロック」であればもう一度「レゴブロック」をやりたいと思うのか?という事を復縁したい相手に聞きだします。

  • 飛行機の形の「レゴブロック」だったらもう一度やりたいな…
  • 家を作る「レゴブロック」ならもう一度やりたいな…

こういったもう一度やり直したいと思う要素を聞きだし、「レゴブロック」の形を作り変えていきます。そして、復縁したい相手に、それだったら「レゴブロック」で好きな形を作ればいいんじゃない?「レゴブロック」面白いよ!!

という言葉を投げかけ、「レゴブロック」をもう一度やり直させる方向に話しを進めていきます。

これが復縁屋が行う復縁工作という事になります。

復縁工作は強制的に復縁したいと思わせる訳ではない

「レゴブロック」で分かる様に復縁屋が行う復縁工作は強制的に「レゴブロック」をやらせる為に工作を行う訳ではありません。

あくまでも復縁したい相手の気持ちをそそのかし、もう一度魅力ある玩具に目を向かせる為に工作を行います。

逆に言えば「レゴブロック」に魅力がなければ、いつまで経っても「レゴブロック」をやりたいと思う事はなく、「レゴブロック」の魅力を最大限に引き出し、「レゴブロック」に対して興味を示させるものがなければならないので、生理的に受け付けない。といった状況であれば、どれだけ「レゴブロック」の魅力を語った所で見向きもされません。

復縁工作というと誤解されがちですが、「レゴブロック」が強制的に好きになる様に催眠術の類をかけて、「レゴブロック」を好きにさせるといった考えを持たれる方もいらっしゃいますが、「レゴブロック」を催眠術によって好きにさせる事が出来たとしても、その催眠術が解けた時、「レゴブロック」に対しての興味が一切消え去ります。

復縁屋が行う復縁工作の施術は「レゴブロック」の良い所を引き出し、復縁したい相手にもう一度「レゴブロック」をやってみようかな?と思わせる為に工作を行う為、「レゴブロック」の魅力を気付かせる事が出来れば、後は「レゴブロック」を使い様々なモノを作りだし、飽きさせない様にする事でいつまでも「レゴブロック」で遊んでくれるという事です。

「復縁した後」を飽きさせない為には?

いつまでも同じ「レゴブロック」で遊んでいればいつかは飽きてしまいますが、「レゴブロック」の遊び方を変え、「レゴブロック」から新製品が出ればいつまでも飽きないのが「レゴブロック」です。

その「レゴブロック」の新製品や遊び方を変えるというのは復縁した後のあなたの努力次第になります。

いつまでも同じ「レゴブロック」しか与える事が出来なければ、復縁した後もまた別れを切り出され、常に新しい「レゴブロック」を生み出す「努力」を重ねなければなりません。

復縁した後に飽きてしまった…そしてまた別れてしまった…というケースは少なくなく、復縁という1つの目的で努力をする事がそこでゴールかのように振る舞ってしまった為に飽きられ、再度の別れを切り出されてしまったという事は良くあります。

新製品がなければ飽きられてしまうのは、お付き合いという関係でマンネリ化していく事や最初はワクワクドキドキさせる様に行動していた事が当たり前になり過ぎて慣れてしまい、途中から完全に手を抜いてしまう為に魅力を失ってしまうのです。

魅力を失ってしまった「レゴブロック」は部屋の片隅に追いやられ、いつかは捨てられる運命にあります。

あなたが復縁したいと思い、必死の努力で復縁成功した後に何も努力をしなければ飽きられてしまい、扱いがぞんざいになり、その内捨てられてしまうのです。

復縁をレゴに例えた時に復縁屋は必要?のまとめ

復縁と「レゴブロック」には何も関係はありませんが、「レゴブロック」で幼い頃に遊んだ記憶を持たれている方も多いのではないかと思います。

レゴブロックというものは長年に渡り人気のある玩具ですが、人気のある玩具でも本質はブロック同士をくっつけるだけという至って簡単なモノになります。

復縁はそこまで簡単ではありませんし、離れたモノをただくっつけるという単純な作業でもありません。

しかし、本質的なモノは離れてしまった心をくっ付け、飽きられない様に努力を重ね、最新作を常に出していく、時代が変わっても「レゴブロック」も復縁も求められるものは何も変わらず、復縁したい相手の気持ちになって行動する事が重要だという事です。

あなたの復縁を望む際に復縁屋の助けは必要でしょうか?自分一人で「レゴブロック」を黙々と完成させる様に自己満足の努力をされていませんか?

もしも復縁でお困りの際は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお気軽にご相談いただければお客様と復縁したい相手とのブロックを繋げる橋渡しをさせていただくサポートをさせていただけます。

復縁にまつわる様々なコンテンツ

復縁したいのに悩んでいる…という方は