本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋をすすめる理由

復縁屋とは【復縁】をサポートさせていただく会社であり、復縁工作という復縁したい相手に接触して縁を取り持つ仲人の様なものだと考えていただければ分かり易いかと思います。復縁工作と復縁屋というものはセットで考えられ、復縁工作をする会社が復縁屋だという認識を持っても間違いはありません。

復縁】というモノは目に見えて壊れた物体を修復するモノとは異なり、人の気持ちをもう一度振り向かせて関係を再構築していく為のモノですから、復縁屋にお金を払って復縁工作をしてもらって、接触をすれば復縁出来る!!といったものではありません。

お金を出せば復縁出来るだろうと誤解される方はとても多いのですが、プロに任せれば絶対に復縁出来るという保証はありません。

復縁という問題は0か100かという問題ではなく、勝率100%の復縁屋というものは世の中には存在しないのですが、復縁屋に相談して来る人の中には100%復縁が成功するならお金をいくら出しても良い!!と伝えてくる方もいらっしゃいます。

良く考えてもらいたいのですが、復縁成功率100%を求める方はお金で相手の気持ちを買うという事です。お金で相手の気持ちを買う事は出来ず、世界有数の大富豪のビルゲイツであっても地球上の全ての人の気持ちを買う事なんて出来ません。

人の気持ちをお金で買おうと考えるのであれば、そもそも復縁屋に頼る所か復縁自体を考える事を止めましょうという事を復縁屋の立場からしてみればお伝えさせていただいていますが、復縁成功率を100%に近づけるサポートをするのが復縁屋の仕事であり、復縁工作で接触したから復縁成功率が100%になるという訳ではありません。

お金を出すのだから100%の復縁成功率を求めるのは人間なんだから当たり前じゃないか?とお考えになられる方もいらっしゃるのですが、人間相手だからこそ100%の復縁成功率というものは絶対にありませんし、お金を出せば解決出来ると安易に考える事は復縁とは程遠い思考になります。

何故なら、安易な考えであれば復縁したい相手と仮に復縁出来たとしても安易な考えから別れた原因も考えず、再度同じ事を繰り返してしまいます。再度同じ事を繰り返せば次は復縁は難しい…という事を考える方も多くいますが、その前に復縁したい相手に復縁していた時間を無駄にしてしまうという事を考えなければなりません。

自分が二度と復縁出来ないから次は同じ事をしないようにしなければ…ではなく、復縁したい相手に無駄な時間を経過させてしまった…と思わせない様に考える事が出来なければ復縁はとても難しいモノであるという事に気付かなければなりません。

復縁したい相手の気持ちになって考えてみるからこそ復縁に繋がるのですが、自分本位な考えを復縁したいと考えている今も払拭出来ていない事に気付かなければなりません。そういった一人では中々気付きにくい事を教えてくれるのも復縁屋になります。

復縁屋に任せれば大丈夫」「復縁屋に任せれば復縁させてくれる」と考えるのではなく、復縁についての知識や経験を持っている人に相談する事が出来て自分の状況を客観的な視点から判断してもらい、進むべき道を教えてもらう事が出来る為に1人で復縁を目指すよりも復縁屋に頼る方が復縁成功率は上がるのです。

復縁工作以外の復縁ツール

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁関係のものをインターネットで調べてみれば復縁屋以外にも色々な復縁ツールが出て来る事に気付きます。復縁占いや復縁メール、パワースポットに復縁マニュアル。様々な復縁ツールがネット上には飛び交っています。弊社でも復縁屋が作った復縁マニュアルというマニュアルを販売させていただいていますが、こういった復縁ツールに頼った事がある方も少なくないのではないかと思います。

こういった復縁ツールのメリットは安価で手に入り、復縁に向けて何をすればいいのかが分からない状態でも指針として役に立つ事があります。復縁メール相談や復縁占い等はどうすれば復縁出来るのか?といった内容について手軽な金額で相談にのってくれる事もあり、復縁ツールを考える方が最初に使うツールとして最もメジャーなツールであると言えます。

しかし、こういった復縁ツールのデメリットを考えた事があるか?と言えば、使った後に気付く方も多いのですが、復縁したい相手の事が全く分からない人に対して相談をするという事になるという事には中々気付かないのです。

安価な復縁ツールの為に、日々沢山の復縁相談が来るのが復縁占いや復縁メールになりますが、復縁したい相手の事を知らない人に主観的な情報のみを与えて復縁を望むというのは、「自分の親に元彼(元カノ)と復縁したいと相談する事と大した差はありません。」復縁の経験が雲泥の差だと考える方もいらっしゃいますが、復縁メールや復縁占いは復縁したい相手の情報が主観的なものしかない状態で本当に復縁出来るのか?という部分に欠けており、復縁を神頼みでしよう!!という方にはうってつけかもしれませんが、パワースポット等に頼る事と大した差はないという事に気付かなければなりません。

人間は気分が落ち込んでいる状態になると、神頼みをして根拠のない努力をする人がとても多く、自分自身が本当に努力をしていると自信を持っている人は神頼みをしないという事を忘れてしまいがちです。

復縁問題は相手がありきの問題で、他人に対してもう一度関係を構築しても良いよ。と思わせる事が出来なければ問題を解決するには至りません。占い師や復縁メール相談の相手に変わった所を伝えた所で、その想いが復縁したい相手に伝わる事もなく、復縁したい相手に伝える為の復縁ツールが復縁屋であり、復縁したい相手に直接伝えていく事が復縁工作というサービスになるのです。

冷却期間で時間を空ければ復縁出来るといった事や両親、知人、友人に復縁したいと打ち明けていても復縁したい相手にその想いを伝える事は出来ません。

復縁屋という復縁したいという気持ちを代理で伝えるサービスが生まれたのは第三者が復縁したい相手との関係を取り持ってほしいという要望が沢山あったからこそ出来たサービスになり、占い等の神頼みに近い復縁ツールと復縁屋が提供する復縁工作というサービスは根本的な部分から異なります。

復縁屋に頼った後に何をしていけばいいのか?

復縁したいと1人で悩む前に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい

復縁屋に依頼した後は復縁の為に復縁屋が復縁工作を行っている事をただ待っていれば良いという訳ではありません。復縁工作をして復縁したい相手に接触したら自分は寝て待っていれば復縁出来るといった100%復縁屋に丸投げしている様では復縁は難しいと言わざるを得ません。

復縁屋に頼った後は別れの原因等、復縁に向けて失敗してしまった部分の自己改善等をしていかなければなりません。お客様が復縁に向けて努力をする事が出来なければ復縁屋がいくら復縁工作を行った所で復縁に繋がる事はないですし、復縁工作を行った所で復縁したい相手が「復縁したくない」と感じてしまえば復縁工作をするだけ無駄になってしまいます。

別れた後に大切な人は頑固だから…意志が固いから…だから復縁は考えてくれない…と考えがちですが、別れた相手にもう一度魅力的な異性である為の努力をする事が出来て初めて復縁に繋がります。

しかし、最初から「彼の気持ちは固いから…」「彼女は絶対に復縁しないと言っていた…」といった自分が復縁する為の努力をしない為の言い訳をしていれば永遠に復縁する日が来ない事は分かります。

復縁屋に頼ったから自分は何もしない…ではなく、復縁屋に頼ったからこそ、自分磨きを今まで以上にするつもりでなければ復縁が近づく事はありません。自分が彼に好かれる女性になる。自分が彼女に好かれる男性になる為に自己改善を施し、その為のアドバイスをシッカリと復縁屋から聞いて努力をし続ける事で復縁の可能性を更に上げる事が出来ます。

自己改善などを施した後の再会のキッカケ作り等、外的要因に関しては復縁屋に任せても構いませんが、内面的な部分で1人の人間として復縁したい相手から魅力的な異性だと感じてもらえる為の努力をする事を怠ってはいけません。

復縁屋ってどんな人達の集りなの?

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋は大抵の会社が探偵業が行っており、探偵の認可を得て行っている所が多く、便利屋や何でも屋等が安い復縁工作を行う所も存在します。

探偵=復縁というのは中々結びつかないかもしれませんが、復縁工作は復縁したい相手と接触し、状況を確認していったり、復縁に付いてどう思っているか?を調査します。他の復縁ツールと決定的に違う所は主観的な情報だけでなく、復縁したい相手の状況を確認し、それを元に復縁に繋がる様に仕向けていくのが復縁工作なので復縁したい相手を調査する事が出来なければ復縁工作をする事も出来ないという事になり、その為に探偵の認可を得て復縁屋を営業している会社がほとんどになります。

何故復縁屋=探偵なんだろう?と疑問を持たれていた方もいるかもしれませんが、復縁=ストーカーと誤解されがちな状況を公安委員会に認可を得て正当な形で調査をする事が出来、それらが復縁の為に必要な部分である事はあまり知られていません。探偵といえば昨今では浮気調査が主流の様に感じるかもしれませんが、浮気調査も復縁調査も相手の事を調べる為に探偵業の認可を得なければなりませんし、相手の状況を調べる為には探偵業の認可は必要不可欠になってきます。

復縁したい相手に今好きな人がいるのか?新しい恋人の有無は?等、復縁に関して重要な情報を入手する事もあり、それらを探偵の認可がない者が行えばストーカー規制法等によって抵触する恐れもあり、公安委員会の認可を得て行っている復縁屋は通常であれば警察に相談されてしまったけれど復縁工作をして欲しい等の依頼を受ける事はしません。

中には子会社の様なモノを作り、自分の所では受ける事が出来ないけれど、そういう状況でも受けてくれる復縁屋を紹介しますといった事をする復縁屋もあるようですが、自分の所で受ける事が出来ない案件を他社に振る様な事をすれば法が絡む事はありませんが、同罪であるという事に気付かない復縁屋も存在します。

道徳の観点からすれば法に触れる触れないという以前の問題で、犯罪に繋がるかもしれない人物からの案件をどうにかしようという道徳観点のない復縁屋には要注意です。事件になったから関わりを持つ事が出来ないという状態は探偵業法をしっかりと守っている復縁屋であれば事件になりそうな案件に関しても手を引きます。

復縁屋に頼って復縁出来なかった場合は、その復縁屋の能力が低かったから復縁出来なかったのか、それとも違う要因で復縁出来なかったのか?良く考えてみるとまた違った視点で復縁を目指す事が出来るかもしれません。