復縁屋ジースタイルへ、復縁したい旨の相談をされる方の大半の話を聞いてみると、付き合っている相手から別れを告げられた、といった方が大半だという事実があります。

ただ、中には、自分から別れを告げておいて、どういうつもりかわかりませんが、「もう一度やり直したい」「復縁したい」なんてそんな都合のいい相談もあります。

これは、ごくごくまれではありますが、別れを告げた側の方からの復縁相談、依頼もあることも確かです。

相手から突然別れを告げられた事を受け止められず、復縁したいと思うことは決して恥ずかしい事ではありませんし、復縁屋としては、復縁できるよう応援することは当たり前の事です。

復縁相談されるお客様は、「別れ」という、想定していない非常事態が突然起こるからショックを受けるのは仕方がないとは思います。

もう一度元の関係に戻りたいと復縁を強く望む気持ちも分からなくはないです。

しかし、相手が、あなたとの関係を終わりにしたい、別れるという決断をとった訳ですから、まずは、相手の気持ちを尊重し、潔くその気持ちを受け止めるべきではないのか?

「別れたくない!」というのは、あくまでもあなたの感情であって、「終わりにしたい!」が、相手の感情なんです。

本人の気持ちに変化がない限り、端からどんな都合の良いことを発っしたとしても、関係を終わりにしたいと言っている相手に対しての説得はとても厳しいとは考えられないですか?

愛想も小想も尽き果てるといった諺(好意や愛情がうせてすっかり嫌になってしまった)があるように、ここまで相手の気持ちが離れてしまうと取り返しが付かなくなってしまいます。

今、本人が望んでいる意思を強制するというのは、到底無理な話です。

別れを切り出され、焦るのも当然の感情かもしれませんが、

別れを切り出された以上、この現実を、一度は受け入れるという以外の選択肢以外は、この段階では考えられないのです。

復縁屋だから提言するのですが、この状況であなたが復縁したい相手に、どんなアプローチをしようとも、今の復縁したい相手の気持ちは変わらないということ。

しかし、あなたの行動によって、万が一気持ちに変化が現れるとしたら、それは気持ちの後退しかありません。

気持ちが後退っするってことは、することで、復縁できる可能性があった状況を自らなくす事を意味します。

それは、最悪な状況だと思いませんか?

立ち止まってよーく考えてみてください。

復縁を諦めた方がいいのでは?といっているのではなく、絶対に復縁したいと考えるならば、その復縁に向けて、冷静な判断をし、行動をとるべきだといいたいのです。

愛情が薄れ別れてしまうのと、嫌いで別れてしまうのは別れの度合いが全く違います。

お互い好きで愛情が付き合ってたわけですから、愛情はなくなっても少なからず、情というものが存在する筈なんです。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルには、復縁したい相手との状況を悪化させてから、自分では手に負えない状況からの相談が後を絶ちません。

中には、そのような最悪の状況を面談の段階ではひた隠しにして、自分の都合のいい話で契約をするお客様もいらっしゃいます。

これがどういう結果になるかというと、復縁屋としては、依頼をいただければ、復縁に向けてどのような方法で進めるのが望ましいか、精査し、検討し、復縁調査、復縁工作と実行していきますが、お客様から最初に聞いていた内容とかなり乖離した状況であった場合は、中止を余儀なくされ、それまで、行ったものが全て無駄となります。

そうなると復縁は困難だと判断をした場合はお断りせざるおえなくなってしまいます。

折角、意を決して復縁屋へ相談して頂いたにも関わらず、復縁屋としてのサポートが出来なくなるのはとても残念であります。

復縁したいと切に願っている方には、是非復縁という最終目標を達成してもらいたいのが、復縁屋としての本音です。

復縁したが曖昧な関係に悩むお客様へ

復縁工作と自己改善どちらが復縁に有効?