復縁メールや復縁LINEについてお悩みになられている方…本当にその復縁メールや復縁LINEで復縁出来ますか?復縁屋から復縁メールや復縁LINEについてちょっとしたアドバイスをさせていただきます。

復縁メール(LINE)の書き方って?

復縁工作と別れさせ工作で復縁したい相手を取り戻すお手伝いを行います

別れた人が復縁したいと思った場合に一番利用されるのがメールやラインになります。

電話はかけづらい…でも気持ちを伝えたい…だからといって家に突然押しかけたり会社に押しかけたりしたらストーカー扱いされてしまうかも…という悩みを持たれている際に一方的に送る事が出来、気持ちを伝える事が出来るのもメールやLINEの良い所でもあるのですが、これらが逆に諸刃の剣となり、自分の一方的な気持ちだけを押し付けてしまい、気持ちは届けた!と自己満足してしまい、読んでくれたら復縁出来るかも…という淡い期待をしながらも返事が来ない…という経験をされた方も少なくないのではないかと思います。

復縁メールを何時に作っていますか?

復縁メールを送る時間帯等は〇時の仕事が終わる時間帯が良いよ!という様な事をネット上に落ちている復縁マニュアルでは見かけますが、送る時間帯よりも作る時間を気にしなければならない事をご存知ですか?

復縁メールを作る時間なんて復縁したい相手は分からないんだから何時でもいいじゃないか!と思われるかもしれませんが復縁したいと気持ちが昂ぶっている状態で作った復縁メールを相手に送りつけようものならどう思うか?相手の気持ちになって相手の立場に立って考えてみて下さい。

復縁したい相手の事を考えているから仕事が終わる時間に送信する。これは本当に相手の事を思い遣っての行動だと思いますか?復縁メールを送った所で復縁したい相手が見る見ないは自由です。

何時に送ろうと見ない可能性もあります。それについて何時に送ろうと意味を要するでしょうか?

答えは「NO」です。

仕事終わりだろうと仕事中だろうと何をしていようと見ないモノは見ません。

この時点で復縁メールの書き方以前の問題である事が分かります。

復縁LINEだったらどうなのか?

復縁LINEなら時間を気にして送らないと相手は見てくれない。仕事中にピコピコ音が鳴ったら迷惑だ!復縁LINEなら時間を気にして送信するのは正しいでしょ!!!

これも答えは「NO」です。

中身を見れるLINEの時間帯を気にして送った所で何時であろうと開きたければ開きますし、開きたくなければ開きません。

何故開きたくないのか?何故開きたくなるのか?こういった事を理解する事が出来なければ送信する時間帯だけを気にしてしまい、復縁メールや復縁LINEを作る時間帯を気にしないで内容を作ってしまいます。

時間帯を気にして復縁メールや復縁LINEの内容を作る意味

復縁メールや復縁LINEを作る時間帯を気にしなさいという理由は深夜帯に考える事と昼間の時間帯に考える事では人間の心理的な部分から全く異なった考え方をしてしまうという事です。

分かり易く言えば、昼間は怖くない墓場に夜行けばお化けが出るんじゃないか?とありもしない事を考えてしまい、実際にそれが見えたかのように行動してしまう事と同様で、見えないモノが見えてしまう現象を脳が作り出してしまうからになります。

復縁メールや復縁LINEをお化けと一緒にするな!と思われるかもしれませんが、復縁したいという気持ちは昼間の時間帯と夜の時間帯、あなたはどちらの時間帯で強くなってしまいますか?

大抵の方が夜の時間帯の方が復縁したい相手の事を考えてしまう…寝る前にベッドの中に入ってからは復縁したい相手の事が頭からこびりついて離れず中々眠れない…という方が大多数かと思います。

そういった時間帯に強い想いを持って復縁したい相手の事を考えるのは当然の心理かと思いますが、その強い想いを復縁したい相手にぶつけて復縁出来ると思いますか?復縁したい!!!復縁したい!!!!という気持ちをぶつけて応じてくれるのであれば、あなたはそんなに頭を悩ませる事はしないでしょう。

復縁したい相手が応じてくれないからこそ頭を悩ませ心を締め付けられ苦しい想いをするのです。

そしてその苦しい気持ちを持った状態で復縁したい相手に想いの丈を綴った復縁メールや復縁LINEを送った所で冷静ではない状態で作られた内容になりますから、復縁しよう!!!という事にはなりません。

復縁メールを送るのであれば送る時間を気にするのではなく、作る時間を気にするのがポイントになります。

復縁したいと強く思っているなら相手を思い遣った内容を!

復縁メールや復縁LINEを作る時間を冷静になれる昼間に作る事が理解出来たのであれば、次は実際にどんな内容を書けばいいのか?という問題になります。

ここまで読んで理解が出来た人は夜中に書くラブレターの恥ずかしさをご存知かと思います。

寝る前に好きな人の事を想ってラブレターを書いてみた…でも朝起きて読んでみたら恥ずかしい事ばかりが書いてあって、結局の所、「好きです。好きです。好きです。好きです。好きです。好きです。好きです。好きです。好きです。」という好きですの羅列だけが綴られていて、何を伝えたいかが分からない…という事になった人も少なくないのではないかと思います。

好きです。

という言葉一度書けば伝わります。どの様に好きなのか?どんな所が好きなのか?という事をツラツラと書いていくよりもたった一言の「好きです。」という言葉の方が遥かに言葉に重みがある事をご存知でしょうか?

どの様に言葉を連ねていても、内容が伴っていなければその言葉は伝わりません。

相手の事を思い遣る気持ちをもった内容を送る事で復縁メールや復縁LINEの効果は高まると言ってもかごんではありません。

そういった所からも「おはよう」などの挨拶をただ送るだけの意味のない復縁メールや復縁LINEは極力避ける様にし、相手が望む形を取れる様な内容をしっかりと作り込み復縁メールや復縁LINEで復縁を目指してみましょう。

復縁屋に復縁メールや復縁LINEを添削してもらう本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋はお客様の要望があれば復縁メールや復縁LINEの添削も行わせていただいています。復縁工作というサービスの一環として復縁したい相手との復縁メールや復縁LINEを添削する事で、お客様の変化を復縁したい相手に与える目的も兼ねています。

復縁工作というとお客様の復縁したい相手に接触し、心理誘導を行い復縁を考えさせる様に仕向けていく事だけを想像されるかもしれませんが、外的要素である復縁工作と同時に内的要素であるお客様の自己改善部分をサポートさせていただく為、復縁工作の依頼を承った後はそういったサービスも含み、内的要素からも復縁を意識させる様に仕向けていきます。

お客様と復縁したい相手の過去のメールのやり取りやLINEのやり取り等を全て網羅し、復縁したい相手の状況を復縁調査で調べ、復縁工作で接触した後、どういったメールやLINEに対して反応があるのか?を網羅した上で復縁したい相手が望む形で復縁メールや復縁LINEを送らせていただく為、復縁メールや復縁LINEから復縁に向けて内的要素を考えてくれる相手も沢山いらっしゃいます。

いつもメールを送ると返事が返って来ない…LINEを送っても既読スルーという状態から返信をとる確率も復縁屋は大幅に上げる事が可能になってきます。

当然そこには復縁屋の持っているデータベースを使った復縁メールや復縁LINEの戦略があり、段階を踏んで送る手法やすぐにでも返信をとる為の手法等が用いられ、一般の方にはそういった事は浸透していません。

復縁のプロだからこそ出来る復縁屋の復縁メールや復縁LINEは復縁工作のサービスの一環としてある事を忘れない様にし、そういったものも有効活用していく為に復縁屋に依頼すると一人で復縁を考える方よりも復縁成功率が飛躍的に上がるのです。

復縁して後悔・する?しない?

別居したけど復縁したい