復縁を真剣に考えているなら…復縁屋、別れさせ屋ジースタイルがあなたの復縁をサポートします

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁の為に依頼をお願いしてくるお客様が日々増えている状況です。それだけ復縁したいと悩んでいる方が多いということなのでしょう。

弊社は、全国を対応しており、関東近隣のお客様から、遠方になると東北、九州と全国のお客様の復縁のお手伝いをさせて頂いてます。

弊社で依頼をお受けするにあたって、復縁調査や、復縁工作などのプロセスを経る為に復縁したい相手の情報を正確に教えていただくのですが、依頼者の方の情報などが曖昧であったり、間違った情報を正しいと思い込んでしまう人も少なくないのです。

このようなお客様に共通する事は、復縁したい相手の事を自身に都合よく解釈し、自身が正しいと思い込んでいる節があるようです。

復縁したい相手の情報や状況を殆ど把握されてない方もいらっしゃいます。あるいは、依頼者の情報が正確でないケースがあるのも否めません。

復縁したい相手の情報は正確なのに越した事はありませんし、その情報が正しいのであれば全く問題はありません。

復縁したい相手の情報が不十分というのであれば、弊社で行う復縁調査をすることで足りない情報は補えるので全く問題はないのですが。

面談の段階で聞いていた情報、例えば、復縁したい相手である対象者の職場が全く違っていたり、自宅の住所も全く違っていたことも、連絡先さえ間違っている場合というのも少なくありません。

実際に最近、依頼者の情報を元に、復縁したい相手の職場を復縁調査掛けたのですが、その職場には何度足を運んでも確認がとれないといったこともありました。

このように、対象者の情報が不正確な場合は、復縁までのプロセスに支障が出てきます。

依頼者の方が、誤った情報を正しいと思い込んで弊社で復縁調査をまずは実行する形で動きますが、誤った情報を頼りに動くわけですから、手間と、時間と、人員が無駄になっていきます。時間が相当ロスするわけです。

情報が正しくない場合は復縁したい相手に対しての思考に誤りがあるわけで、その場合は考え方から訂正していく必要があります。

情報に欲求への特定の気持ちが混同している為、復縁したい相手が好意を持っていると思い込み、連絡は取れると思っているが実際は取れない。または復縁したい相手から完全に嫌われたと思い込み拒否をされていると確認もできず 頭から決めてかかっている場合。

中には、復縁したい相手ではあるが、実際に交際していたわけではないのに、付き合っていたとの思い込み、復縁したい相手から違う情報を聞いていてそれを真実だと思い込んでいる場合。

知りたくない事を認めないのも問題です。復縁したい相手の恋人の存在を認めたくない、復縁したい相手との関係性が破綻している事を認めない場合。

このようなことが復縁したい相手の情報が不正確になってしまう大きな理由となっているのではないのでしょうか。

復縁したい相手(対象者)の情報というのは、多ければいいというものではありません。実際に、復縁活動に必要な情報であればとても好ましくはあるのですが、誤った情報ほど不必要なものはありません。

■⇒

■⇒