復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

復縁相談時に復縁の可能性が見えない人がいらっしゃり、何故復縁の可能性が見えないかを指摘させていただくと怒る人がいます。

中には失礼な事を言わないで下さい。という人やお前らに何が分かるんだ!!という人までいます。

復縁屋に相談に来るという事は復縁相談をして来るのだと思いますが、復縁屋に相談して復縁の可能性を見出してもらって気持ち良くなれると誤解している人もいます。

復縁屋は復縁の可能性がある状態であれば協力させていただきますが、このままでは協力しても意味がないと判断すれば協力する事が出来ません。

意味がないなら意味がある様にしなければならないのも復縁屋の業務になりますし、意味があるものにする為に厳しい事を言わなければならない事もご理解いただけず怒りだす人がいます。

適切なアドバイスというモノはアドバイスを乞う人にとって気持ちの良い言葉をもらう事がアドバイスではありません。

ダメなモノはダメ!良いモノは良い!とお伝えし、目的に向けて最善のルートを辿っていただく為にアドバイスというものがあります。

そのアドバイスを受け入れたくない。アドバイスを聞き入れたくない。

自分では分からない所があるので復縁屋が指摘した事は受け入れたくない。と言われてしまえば復縁を目指すのはとても無理ではないかという判断を下します。

人の意見を聞き入れる事が出来ない人は復縁したい相手の話しを聞く事は出来ません。

復縁したい相手の話しは特別な人だから聞ける!!!と仰るのですが、聞けないから別れるに至っているという現実を見る事が出来ないという事に気付いていません。

自分にとって都合の良い言葉だけをもらおうとする人は自分にとって都合の良い言葉をもらえる人を探します。

自分にとって都合の良い言葉をもらえる人だけを探す人は特定の誰かに好かれるようにするのではなく、その他大勢の自分に都合の良い言葉を聞かせてくれる人を探すのです。

復縁したいのであれば特定の人物の話しを受け入れる事が出来なければならず、復縁屋に相談するという事は復縁屋を特定の人物として話す練習にもなります。

その復縁屋のアドバイスに対して聞く耳を持つ事も出来ない人が復縁したい相手の話しを聞けるとは思えず、自分にとって都合の良い人の話しを聞きたいというのであれば自分にとって都合の良い相手を探さなければならない為、復縁を諦めるという事と同じになります。

条件を出せるはずがない

復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

復縁したいという状況は自分が復縁したい訳ですから相手に対して条件を出せるはずがありません。

相手に対して自分の要求をするという事は相手は否定する権利を持っているのです。

相手の事を受け入れる姿勢があるから自分は受け入れてもらえるのであって、自分を受け入れて下さい。と相手に伝えた所で相手がNOと言えば受け入れられる事はありません。

復縁屋のアドバイスも同じです。

復縁屋は復縁工作をして下さいとお願いする事は絶対にありませんし、復縁して下さいとお願いする事はありません。

そういう立場ですから、復縁工作の依頼に関して依頼が可能かどうか以前に請けたくないモノであれば請ける必要がありません。

一部悪質な復縁屋は電話相談の段階で復縁工作の契約を強要すると言われていますが、本来の復縁屋の目的は復縁したい人を復縁させてあげたい。と考えるモノであって、復縁させてあげたいと思わない様な人を復縁させてあげよう!と上から目線でいう必要がありません。

本気で復縁したいと考えている様に見えない人に対して復縁屋が協力したいとは思いませんし、その人が復縁成功するとは思えません。

復縁成功するとは思えない人に対して復縁屋が協力出来る事はありませんし、協力したいと思う事もありません。

自分の問題にも関わらず、真剣に考え、努力する事が出来ない人を誰が応援したいと思うのでしょう?

お金を払えば良いんだろ?という人も中にはいらっしゃいますが、復縁屋の目的は復縁させてあげたいという事が目的なので、お金を払って物事を解決させようという考えの人のお金をいただく事はありませんし、そういった方からのご相談、ご依頼は断固としてお断りさせていただいています。

お金で物事を解決してもらおうと自分の抱えている問題に関して他力本願な人が復縁出来ませんし、お金を払う事で自分は努力をしていると考える人が復縁に向かう事はありません。

復縁屋に払う料金はただの支払であって、それが復縁の為の努力ではありません。

お金を払う事を努力と誤解している人は、そのお金をあげるから復縁して下さい。と直接復縁したい相手に言ってみて下さい。

きっとまたフラれます。

お金を払うんだから復縁して欲しい!!復縁して欲しいという条件を出せる立場ではなく、判断をするのは復縁したい相手です。

それと同様に殿様商売の様に見えてしまうかもしれませんが、復縁屋も復縁したい相手と同様に依頼を請けるかどうかの最終的な判断は復縁屋がさせていただきます。

どうしても復縁工作の依頼を請けてもらいたいと懇願されても復縁屋は依頼をお断りさせていただく事ももちろんありますし、復縁して下さいと復縁屋からお願いする事はありません。

復縁したいと思っている人は世の中に沢山いらっしゃいます。

全ての依頼を請ける事が出来ない以上、復縁させたいと思う人でなければ復縁依頼をお請けする事は出来ません。

■⇒冷却期間、どれだけ空ければいいの?

■⇒心が楽になる生き方を