復縁の可能性があるから努力する。

努力したから復縁出来た。

復縁したい人の考え方の基本は前者で、「復縁の可能性があるから努力する」になっている事が良くあります。

結果ありきの努力というものは努力ではなく、未来が決まっているから頑張ろうというのは頑張るとは言えません。

復縁の可能性がないなら努力しても意味がないじゃないか!!

言いたい事は分かりますが、決まった答えに向かって行う努力を皆さんはした事があるのでしょうか?

受験、就職、大きな買い物、人生において結果の決まっていない事に向けて努力をしていた事はあるかと思いますが、復縁という問題は受験、就職、大きな買い物よりも難しいモノなのです。

決まった答えに向けて暗記や解き方を覚えるだけで合格する受験よりも自分を売り込み、多数いる面接者のハートを射止めて就職先が決まる事よりも、働いてお金を貯めて手に入れる大きな買い物よりも、たった一人の心を震わせ、もう一度付き合うなら自分しかいない…と思わせる復縁は遥かに難しいのです。

正しい解答というものがテストにはあります。

就職の面接の際には正しい面接の仕方という本も沢山出版されています。

大きな買い物は自分との闘い。

ある程度正しいものが分かっているものと、特定の人物の心を揺さぶる事は大きな差があり、簡単なものではありません。

その難しい問題に向けて進むのが復縁ですが、最初から内体が確定していなければ努力したくないというのは裏口入学をする事と変わりませんから努力をする気がないという事になります。

しかし、復縁に内定というものはありません。

内定がないからこそ自分で合格を掴む為に努力をしなければならないのです。

内定があれば努力をするという人を受け入れてくれる復縁したい相手はいません。

別れる前に最後のチャンスで変わらなければ別れるよ。と伝えられて来た人は内定をもらっていたのにも関わらず落とされてしまった人という事になります。

内定をもらっていながら落とされてしまった人が更に内定を欲しがる事や内定がなければ努力しない。

矛盾に感じないのはおかしいと思いませんか?

そして復縁屋を復縁の内定をくれる会社だと誤解する人もとても多く、復縁屋は復縁の内定を出せる会社ではありません。

教習所の様に復縁の仕方をレクチャーし、合格に向けてサポートする会社ですから、実地試験、学科試験共に本人にやる気がなく免許をもらおうと考えていれば復縁に至る事はないのです。

運転をした事がない人が教習所に行かずに運転免許センターに行って一回で免許を取得出来る事がない様に、復縁の経験がない人が復縁に挑もうとしても合格をもらうのはとても難しいのです。

教習所は内定をくれません。

しかし教習所に通えば免許が取得しやすくなる。

努力があって結果がついてくるものなので、復縁を考えているのであれば結果があるから努力をするのではなく、努力した結果復縁に繋がる可能性があるという事を絶対に忘れない様にして下さい。

復縁したい相手の心理を知りたがる

復縁したいといつまで悩んでいますか?