弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁の相談に来られる方は非常に増えているのですが、別れた原因について考え方がまるっきり対象の方が存在します

復縁する強い気持ちが芽生えている人達の最終目標は「復縁」ですよね。

復縁したいと考えているのであれば、復縁したい相手があなたに向くようにしなければなりません。
が、復縁したい相手の気持ちをもう一度取り戻すという事はとても難しく大きな壁となりますし、そこまで辿り着くにはとてつもない努力が必要になり一筋縄でいくことではありません。

しかし「復縁」という大きな目標に向かうには復縁したい相手の気持ちを取り戻してからこそ初めて復縁というものが可能になるんです。

復縁望む人は多いが・・・

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

現実問題として、実際に復縁したい相手が別れる決断をした理由には、復縁を望む側の目に余る問題に嫌気をさし、もうこの人との将来、あるいはこのまま付き合っていても未来を見据える事が出来ずに別れという決意を固めたといっても過言ではありません

復縁したい相手が抱えている問題そのものが、復縁を望む人に原因があることのほうが多い事は、振られた人自身が理解しているものと考えていますが、なかなかそうではないようで、別れに至る理由を理解していない、原因が何なのかも考えない、改善しない、ということであれば復縁は難しいでしょう。まぁ、原因などを自分自身の責任として反省しない人に復縁を考える事自体考えを改めて欲しいものです。

復縁を望む方は非常に多いにも係わらず、現実には何故復縁する事が出来ない方が絶対数少ないのか?疑問に思われる方もいるのではないですか?

勿論、人間である以上感情というものを持ち合わせているので、些細な喧嘩は何度もあるでしょう、しかし些細な喧嘩と思って軽んじていると後に大きな問題として降りかかってくる事はその時には考えもしません。

復縁ができない人の考え

問題を作った張本人は何とか取り繕ってその問題を回避できないかの自己保全ばかりを考えるようなことがあります。些細な喧嘩の原因は何だったのか?喧嘩になるということは相手は快く思っていることはないんです。嫌な気持ちでいるのは明らかでこの気持ちを逆なでするような言動を繰り返しおこなえば、相手の気持ちが離れていくのは否めませんよね?

些細な喧嘩であっても、その時にしっかりお互いで話し合い解決するようなコミュニケーションを取っていれば後の大問題として発展する事はなかったんではないのですか?

復縁出来ない理由としては大きくこのような問題が原因として考えられます。別れを告げられた人が一番考えなければならない別れた理由を全く理解しようとしていない、していない、別れた原因を直さない(理解できなければ直すという発想すらないのでしょうが・・・)、中には、復縁したい相手がまだ自分の事に好意を持っていると恐ろしい常人では考えられないようなことを勘違いしている人もいる事に、私自身驚く事もしばしあります。

このように、復縁を望む側の心の姿勢に大きな問題があることがよくおわかりになるのではないでしょうか。復縁が出来ない人が少ない理由は明らかだと思いますし当然といっても過言ではないような気がします。

先ほど「復縁したい相手がまだ自分の事に好意を持っている」と恐ろしい勘違いをしている人の特徴は、独自での復縁を目指し、屈折した考えで考え抜いて、屈折したアクションを起こし、復縁したい相手になんとか自分の感情を訴えたり伝えたりしますが、響くことはありません。それどころか復縁したい相手から敬遠され、最終的に疎遠になって連絡も出来ない状態をつくってしまいます。全て、自ら蒔いた種です。

それでも、こういう状態になったとしても、うまくいかない理由を、こう考える人もいるんです!!
復縁したい相手は頑固な人だから・・・
まだ気持ちの整理が出来てないのかも・・・

唖然 (あぜん) とします。

復縁を望む人の思考とは到底思えません。復縁できない人の思考はとてもではありませんが、改善する気持ちに向かわせるまでがとても大変なのです。

復縁したい相手の事が忘れられない、別れたくない、よりを戻したい、と自分だけの偏った想いだけを考えるのではなく、まずは別れた原因を改善し復縁したい相手の幸せを願う為に、復縁したいという考えを持たなければなりません。

本人の意識の持ち方が復縁出来るかどうかを左右することになるのです。はっきり言ってしまえば考え違いをしている人に復縁出来ることは無い、ということで、考えを改める事ができれば復縁可能となるのです。

復縁を可能にさせる人の考え

復縁ができる人というのは、常に”自分の行動に責任を持ち”関係を悪くさせたことは反省点として今後のアプローチの参考材料にすることができます。

これは、復縁したい相手を責めたり、欠点を変えようとするのではなく、まず復縁したい相手に受け入れられるような人間に変わっていけるという前向きさが有るか否かに尽きます。

人生は成功から学ぶこともあるとは思いますが、実は失敗から学ぶことの方が少なくありません。

多くの復縁達成者は、失敗は成功への近道だというほど失敗することを大切に大事にしています。

つまり、失敗することで、その失敗を逆にチャンスに変え、自己努力を懸命に続けているんです。失敗自体は決して悪いことでもありませんし、復縁できない人の特徴でもありません。

自分の足りない部分を見つけそれを改善することで、復縁の成功に欠かすことができない”自分自身の成長”が身に付きます。

復縁したい相手から自分の事がどう見えるか?という部分をしっかり自己分析し、必要な箇所を改善できるのが復縁を可能にさせるのです。

まとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

自分の持っている意識や考えが復縁出来るかどうかを左右するのです。ですから自分の意識や考えについてももっと真剣に自問自答する必要があるはずです。

復縁したいと望んでいる方は、「結果」を求めすぎて、大事な過程を疎かにしている方が多いことがわかります。結果を求めるにはその過程が大事になってくるということをしっかり理解する必要があります。

復縁には復縁したい相手が存在します。復縁したい相手の気持ちも変わらなければ復縁には辿り着く事はありません。

自らを律し、全てを受け入れ、そこから初めて復縁ということを考えなければいけません。

復縁に真摯に向き合うのであれば、弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで全力サポートさせて頂きますのでご相談下さい。

■⇒復縁したいと思わせるポイントとは

■⇒愛情と憎しみは表裏一体です