別れた恋人ともう一度復縁したいと考える人は、意外と多くいます。

ただ、もう一度恋愛関係になる事が出来るかどうかは、復縁したい相手の気持ち次第となります。

復縁屋ジースタイルから復縁したい人へのアドバイスを送らせていただきます。

復縁したいと一方的に迫っても復縁出来る可能性は低い

復縁したいと考える側は、お互いの事を良く分かっているから、復縁する事で上手くいくようになると考えやすいのに対し、復縁したいと考えていない側は、別れるという決断をする事になった相手だから、復縁してもまたすぐに別れてしまうと、復縁を敬遠してしまう事が高くなります。

一方的に復縁したいと気持ちを伝えると、より敬遠されてしまう原因になってしまう事になりますが、復縁したい相手に気持ちがないという場合、時間が経てば、復縁したい相手は新しい恋に向けて動き出すという事も少なくなく、復縁をしたいと考えるのでしたらタイミングも重要になってきます。

実際に復縁を考えているなら、適度な距離感を保ち、同時に出来る事をしておく準備が大切です。

準備する事は沢山ありますが、別れた時よりも、成長をしている姿を見せる事が出来る様に、別れてしまった原因の改善や、相手が惚れ直しそうな状態を作っておく等の努力をしておく事が大切です。

復縁を考える方の多くは以前の状態に戻りたいと考える方が多いのですが、以前の状態に戻るという事は過去に戻る事だという事を考えてもらいたいと復縁屋としては思う所があります。

以前の状態に戻りたいという事は過去を否定して今を否定する事です。

今を否定するという事は復縁したい相手が下した決断を否定する事にも繋がります。

自分の下した決断を否定されて喜ぶ方はまずいませんから、復縁したいと考えるのであれば復縁したい相手が下した決断を否定してはいけません。

  • これからを共に作っていこうと考える方
  • 過去に戻ろうと考える方

どちらが復縁したい相手に喜ばれるか?自分が同じ立場であったらどう思うのか?という事を考える事が出来るから復縁したい相手も復縁を意識してくれるようになります。

自分の気持ちに素直になるという事は決して悪い事ではありませんが、復縁したい相手の事を心から想う事が出来るから初めて復縁は叶う事になります。

今復縁したい相手がいて、復縁したい相手の事を真剣に考えた上で復縁を考え、どうすればいいのか分からない…という状況であれば、自分勝手な行動になっていないか?相手の気持ちをキチンと尊重しているのか?という事を考えてみる事を復縁屋としてはお勧めします。

復縁に大事なことは相手の気持ちを考えることが重要

大事な人は失ってみて、初めて大切な人だったんだ…と気付く事があり、いつも一緒にいた時には、当たり前のようにしてくれた優しさに失ってから気付く事は復縁屋として復縁相談にのっているとお客様から伝えられる事が良くあります。

ワガママや甘えから復縁したい相手が離れてしまう事に離れてみて、どんなに大事な人だったのか気づいたという方もいらっしゃり、そんな時には、復縁したい相手に会いたいと思うものです。

大抵の方は自分が復縁したいという気持ちばかりを思い出から強めてしまい、復縁出来るのか?という自分の気持ちばかりを優先してしまい、相手の気持ちを考える事が出来なくなります。

復縁出来るのか?というのは自分の気持ちばかりを優先して考えた事じゃない!!!という人も中にはいらっしゃいますが、少なくとも別れを決断したばかりの頃に復縁したいと想う相手は復縁出来るのか?という事を考えていないという事は気付いていただきたいと思います。

復縁に大切な事は復縁したい相手の気持ちを考え、復縁したい…復縁してもいいかな…?と復縁したい相手側を意識させる事が必要で、相手の気持ちを考慮しない様な自分が復縁出来るのか?何をすれば復縁出来るのか?といった事ばかりを考えている様では復縁までを考えさせるのはとても困難であると考えていただきたいと思わなければなりません。

一人で復縁を考える方の中には復縁出来る可能性や復縁したいという気持ちばかりを考えてしまい、復縁というとても難しい問題を考える事を致しません。

誰でも気まずい思いをした相手とは、もう会いたいとは思いません。

復縁したい相手がすごく嫌な気持ちを抱えたままであれば復縁の可能性や復縁したいと考える前に、まずは謝罪をしなければならない事を見て見ぬフリをしてしまい、見て見ぬフリをしたまま復縁したいと考えている…復縁の可能性は?と聞かれても復縁屋にしてみればその前にやれる事はあるのではないですか?という言葉しかかける事が出来ません。

復縁したいと考える前にやれる事をやって、それから復縁を考えるのであれば復縁したい相手も振り向いてくれる可能性がありますが、その部分を見てみぬフリをして復縁したいと唱えたところで復縁したい相手が復縁を意識してくれるのか?という事に気付かなければなりません。

復縁したい相手が怒っているとしたら、時間が経てば、更に嫌な気持ちが残りますし、感情的になり、思ってもいない事を言ってしまったなら、まずは復縁したい相手に謝らなければなりません。

言われた側と言った側では言葉の捉え方が異なります。

自分ではたいした事を言っていないつもりでも復縁したい相手からしてみればとても傷ついた…という事も良くあります。

復縁したいと考えるのであれば自分がしてしまった事などを考え、それらの問題をクリアしてから復縁したいと考える事や復縁の可能性を考える事が必要になります。

復縁したいならストーカーには気をつけよう

メールの返信がなければ、相手からの連絡を待ち、嫌がっている人に何度も連絡をすれば、ストーカー行為になってしまいます。

ストーカーというものはこの位のメールの量や電話の回数位じゃストーカーじゃないだろう…と考えていたり、自分基準で物事を考えられる方になりがちで、復縁したい相手の気持ちを考慮しない方に起こりやすい犯罪です。

復縁したいと考えるのであれば自分のとっている行動は本当に復縁したい相手の為を思っている行動なのか、自分の想いをそのまま行動に移しているのではないか?復縁したい相手の事を考えるからこそ復縁に繋がりますが、自分のとっている行動が復縁したい相手にとって迷惑な行動なのかどうか?復縁以前にまずは人として問題があるような行動をとっていないかどうかを判断してください。

復縁したいからといって頻繁な連絡は逆効果

恋人と別れてしまい立ち直れない…原因がなんであれ、別れるのはそれなりにショックな出来事であり、落ち着く為には時間がかかります。

また、別れてから一人になり冷静に原因やこれまでのことを考える時間ができると、色々と楽しい思い出なども蘇って来るかと思いますが、その想いは復縁したい相手と必ずしも一致しないという事を忘れてはいけません。

復縁の為に焦って頻繁に連絡を取ろうとしても復縁したい相手がどう思っているかで連絡自体が吉と成すか凶と出るかは変わってきます。

別れた後にしつこく連絡をして復縁したい相手が喜ぶのでしたら別れていません。

好意を持っている相手ならば、頻繁に連絡が来るのは嬉しいけれど、別れた相手から頻繁に連絡がくれば、マイナスイメージになり、付き合っていた頃の思い出も悪い印象が残ってしまう事もあります。

別れた状態から、もう一度復縁したいなら、焦る気持ちを抑え、相手の状況や考えなどを知らなければなりません。

復縁したいからとむやみやたらに付き合っていた頃の様に連絡を取りたい気持ちは分かりますが、連絡を取ること自体が正しいのか?という部分から考えてみましょう。

冷却期間と復縁する為の連絡

冷却期間はどの位おいて、どの位冷却期間を設ければ連絡をとっても大丈夫ですか?と復縁屋に相談される方は多くいらっしゃいますが、冷却期間というものは人それぞれで、連絡する事と冷却期間を一緒に考えてしまってはいけません。

そもそも、本当に重要な用事があるにも関わらず冷却期間を設けなければならないから…という理由で連絡を取らなければ復縁出来るかもしれない…という考え自体が間違っている事に気付いていただき、復縁する為の冷却期間を気にするのであれば連絡内容をどうすればいいかという事を気にされた方が復縁成功率は上がります。

冷却期間をどの程度設ける事が必要なのか?というよりももっと根本的な部分を復縁したいと本気でお考えであれば気付かなければなりません。

復縁したいと考えてる人がまずやらなければならない事

お付き合いをしている過程でケンカをしてしまい、そこから別れ話に発展してしまった事は良くあるのではないかと思います。

第三者からしてみれば別れ話ではなく、ケンカの延長なんじゃないか?と思われる状態で悩まれている方は復縁屋にも相談いただきます。

復縁したい相手に暴言を言われてしまい、耐え切れなくなり、売り言葉に買い言葉で別れてしまった…という経験をお持ちの方もいるかと思いますが、その状態で復縁したいと伝える事は正しいのでしょうか?

暴言を言ってしまった…だから謝って復縁したいというのは復縁したいと思う側の気持ちであり、復縁したい相手側にしてみれば、まずは仲直りしなければ復縁なんて考えられない…そして仲直りする為には何が必要なのか分かっていますか?というのが復縁したい相手側の意見ではないでしょうか?

復縁したい相手側にしてみれば暴言を受けた事によって少なからず傷ついてます。

暴言は、言葉の暴力ですから暴言を吐いた方は気にしていなくても暴言を吐かれた方は脳裏にその言葉が焼きつきます。

その暴言をまずは謝罪して許しを請う状態からでなければ、復縁したいという気持ちを伝える事は難しく、この場合であればやらなければならない事はまずは復縁したいという気持ちを伝えるよりも先に謝罪をしなければ先の言葉が出て来ることはありません。

こういった順番を飛ばして復縁したいと考える方が多く、自分は謝っているのに…と自分のした事を正当化してしまう事が多く見られます。

自分のやらなければならない事を冷静に見えていず、自分に甘く考えてしまう事で目的である復縁に届かない原因となりますが、そういった根本の原因をしっかりと考えるからこそ復縁したいという気持ちが復縁したい相手に伝わるものではないでしょうか?

復縁屋の様な専門家に判断してもらう

復縁屋のような専門的な会社ならば、一人では出来ない復縁工作を行って復縁の可能性がより高くなります。

今自分の状況で復縁したいと伝えていいものかどうかを復縁屋に相談して判断してもらうのもひとつの手段です。

新たな恋人を探すという選択肢もありますし、復縁したいと思うならば、それなりの覚悟とお互いが思いやり、別れる原因はどうしてその状況になってしまったのか、また、どうすることが一番お互いにとってよかったのかなどもしっかりと考え結論を出す必要もあります。

相手の考え、気持ちをしっかりと受け止め、復縁して共に歩んでいけるかどうか、または、相手がどうしても復縁する事が出来ないと思う場合には、諦める方向もその時点で決める必要もでてきます。

お互いの気持ちを伝え合い、また、お互いを思いやる気持ちで接して結論を出すようにしましょう。

一人は寂しい・・復縁したいと思ってしまう気持ちとは

長いこと一人暮らしが続けば寂しいと思うのは、当たり前の事ですし、復縁出来たらいいなと考える事も自然な気持ちで、仕事をしている時には、仕事仲間が一緒ですから、寂しさなんて感じることはないでしょうし、趣味の仲間やスポーツで交流がある人等と一緒の時も、そのことに集中出来ていれば、むしろ楽しさを感じているし、充実感も感じている事でしょう。

問題は、仕事はそこそこあるが、仲間と一緒ではなく、一人で行動する事が多いとか、趣味もあるが、オタク的であるとか、スポーツもそれなりに楽しむが深い付き合いの人はいないという具合で、たまに話をする相手がいたとしても、ほとんどが孤独の生活という場合は、深夜物音一つしないときとか、秋風がほほに冷たく感じられるとかという、ふとした瞬間の寂しさを痛烈に感じる事になります。

メル友や親戚などがいたとしても、生活のほとんどが単独で、それが長く続けば、どうしても寂しい気持ちが生まれてしまいます。

そうした事から生まれるのは、昔の相手と復縁したいと思ってしまう気持ちです。

テレビを見ていても、画面の人物や光景が全て、良かったころの自分達の事と重なり、過去を思い出してしまいます。

もっと相手のことを考え、自分のことも省みて、言葉や行動を大切にしていれば、とてもいい関係が続いたはずなのに…そして、あの頃に戻って復縁したいという気持ちが高揚し、復縁できないかと思ってしまいます。

復縁したい相手の状況にもよりますが、復縁の可能性があるのであれば、あらためてアプローチしてもいいのではないでしょうか。

復縁したいという事を率直に打ち明ける事、自分もあらためるという事を理解してもらう事が必要ですが、自分の気持ちに素直になるという事で、その気持ちを復縁したい相手に素直に伝える事が出来、結果的によい結果を生む事にもなります。

人間性に磨きがかかれば復縁成功率は上がります。

自分はダメな人間だ…と思い込んでいませんか?あなたは大変魅力的な人です。復縁したいと考えるのであれば、まずは自信を取り戻す事を考えて下さい。

復縁したいという気持ちが暴走し、焦りから更に自信をなくしてしまう方もいらっしゃいますが、自信のない形で復縁したいと伝えた所でまた同じ事を繰り返してしまうのではないか?という事を言われた時にそんな事はない!!!次は大丈夫!!!!と胸を張って言えますか?復縁したい相手が復縁を考えてくれる際、また同じ事を繰り返してしまい、時間を無駄に使ってしまうのではないかと言うことを心配される方は沢山いらっしゃいます。

そういった復縁したい相手の不安を取り除いてあげる為にも自信を持って対応する事はとても重要な復縁への努力になります。

焦りからは何も生まれません。

復縁したいなら自分に自信を持つ事は絶対に必要なことです。

どうすれば復縁出来るのか?復縁してもらえるのか?と考えるよりも先にまずは自分に自信を持つ事を考えてみてください。

暴走してしまうのは仕方がありません。

復縁を成功に導く為にまずは出来る事からやってみましょう。

もしも自分に自信を持つ事が出来ない…とお考えであれば復縁屋に相談してみて下さい。

復縁したいという気持ちを汲み取り、しっかりと復縁までの筋道をつけてくれます。

復縁したい…復縁の解決策が見つからず悩んでませんか?

復縁するにあたって一度亀裂の入ってしまったものを何をして、どうやって埋め合わせるかというのが一人で復縁を目指す事の一番難しい部分ではないかと思います。

大好きだった人と恋愛が始まり、お付き合いをしていく中でどうしても嫌な所が見えてきてしまうと他に異性を探してしまったり、些細な事の積み重ねで二人の関係に溝が出来てしまいます。

何かで補おうと努力しても報われない時もあり、傷は深まり、別れが訪れてしまいます。

別れた後も復縁したい相手の事が忘れられず、復縁したいけど解決策も見つからず、新しい恋愛も始められないと復縁屋に相談する件数は非常に多いものとなっています。

復縁したい人が忘れられないなら、諦める必要はありません。

もしも諦めるのであればやれるだけの事をしてから諦めても無駄ではなく、復縁に向けての努力をした事で自分の自信に繋がります。

別れの原因には復縁したい相手がいけない部分もあります。

別れた人に原因があるから復縁したいと思わないというのであれば復縁を諦めて新たな異性を探せば良いと思いますし、別れた人に原因があったとしてもそれを受け入れて復縁したいと思うのであれば復縁の為に努力をすればいいのではないかと思います。

復縁したいと感じるのはどのようなタイミング?

復縁とは、「離縁していた者がもとの関係に帰る事」になります。

復縁の考え方や定義に関しては様々持論があるかと思いますが、基本的には縁を取り戻す事を復縁といい、離縁した方との関係を取り戻すためのサポートをさせていただく会社が復縁屋という存在です。

復縁屋ジースタイルの復縁の定義はこちら

これまでの人生の中で人間関係の紆余曲折があったと思います。

それは友人であったり、恋人であったり、上司と部下、先生と生徒といった関係だったかもしれません。

それらの人間関係が壊れ、修復される過程がどのようであったでしょうか?人間関係が壊れるにはまず理由があり、どちらかが、もう一方の気分を害す事など、様々要因があります。

壊れた関係を修復するには、原因を理解し、それに対応する必要があり、謝罪する必要があれば、謝罪をし、二度と同じ過ちを犯さない様に復縁したい気持ちを伝える前に事前に準備をする事が必要です。(時が解決してくれることもありますが)。

復縁という言葉は何かの動作と状態の変化のタイミングを指す言葉ではなく、人間関係を修復させ、ふと気が付くと元に戻っていた時に復縁していたと後から気付くものです。

友人と喧嘩をしてしまい関係が壊れてしまった時、修復に向かって友人との話し合いを経て、お互いが歩み寄りを始める時期がありますが、これではまだ完全には復縁したとは言えず、まだお互いに歩み寄ろうという状況であれば復縁成功とは言えません。

歩み寄る時期を過ぎて気が付いてみると、元と同じ様に歩み寄ろうとせずとも友人関係の復縁が出来ています。

恋人との関係については、もう一度やり直そう、付き合おうという言葉の有無があるかないかで変わってくる事もありますが、復縁とはここで復縁したと気付くものではありません。

復縁を諦める必要はありません。

些細な喧嘩やすれ違いを始めとして、様々な理由で離婚した夫婦でも一定数は復縁したいという願いを持っています。

別れてしまった事を後悔しているのであれば、復縁を諦めてしまうのはまだ早いと言えます。

復縁してもう一度婚姻関係を結び直す夫婦は意外と多く、諦めなければ絶対に叶うものではありませんが、諦めてしまえば復縁は絶対に出来ないという事を頭の片隅に入れておいていただきたいと思います。

時間を置いてみることで新たな解決策が見いだせたり、冷静な判断で復縁に至るケースも多々あります。

復縁には別れた原因と改善点を考える事が重要

復縁したいと思うならば、別れてしまった原因がどの様なものであったのか?それは復縁する事が可能なのか?一度自分の中で原因と改善点を考えなければなりません。

復縁したい相手を思いやり、どうすれば別れずに済んだのか?非がありそれを認めたくないので、相手に不快な思いをさせ、別れる事になってしまったのか?復縁した場合、また、同じ状況にならないか?という点について、じっくり考える事で復縁に繋がります。

お互いが言い合いになる事を回避し、復縁したい相手と上手く折り合っていけるのか?を考える事も復縁したいという事を叶える為に重要です。

復縁したいと思い、復縁したい相手に気持ちを伝えたからといって、復縁したい相手が応じてくれるとは限りませんし、応じてくれた場合でも、復縁したい相手が自分に対して、不審や不安な感情を抱いている場合には、後々トラブルの原因になることもあります。

自分を理解してくれる元彼と復縁したい体験談

一人で食べる食事は本当に寂しく孤独を感じ、今迄は当たり前だと思っていた事がふとした時、孤独を感じる様になります。

復縁を考えるようになったのはそのころからだと思います。

別れた時は、感情ばかりをぶつけてしまい相手のことを粗末に扱っていたんだと思います。一緒にいることが普通のことで別れがくるなんて考えてもみませんでした。

別れて初めて大切な存在だったと気がついたのです。

そんな気持ちをすぐに忘れようと他の人と恋愛を始めようとも考えましたが、一から恋愛を始めることに自分自身疲れてしまったんだと身を持って感じました。

顔色を伺いながら相手に気を使うことも、めんどくさくてもうできないと思いました。メールを交換して少し仲良くなってきても比べてしまっている自分がいました。

比べて、彼女はこうだったにと彼女の良さを再確認していました。寂しい気持ちになるのは、特に夜を過ごす時でした。一人で過ごす夜は本当に寂しいです。

復縁したいと思うようになったのは、やっぱり自分のことを良く知っている相手だからだと思います。

自分を理解してくれて、会話がなくても側にいるだけで良いのです。そうしたことも、一緒にいる時は深く考えずに過ごしていたんだと思います。

自然な自分を知っている相手だから、復縁したいと思ってしまうのです。

初めて会う人だと、どうしても本当の自分を出せません。慎重に会話したり、嫌われないようにしたり駆け引きが大変です。そうしながら、後悔も出てきます。

あの時、別れていなければと何回も思い復縁のことが頭から離れませんでした。

一緒に行った場所に、一人で思い出しながら出掛けたりもします。

少し心が重症だなとも感じています。お互いに感謝する気持ちが足りなくて別れてしまいましたが、復縁したらもう絶対に別れないようにしたいです。

一つ年を取る事に、思い切った行動ができなくなったなと思います。

恋愛にしても、先を読んでしまい思いだけでは動けなくなってしまいました。これからもっとそうなっていくんだと感じています。自分を知ってもらうことを恐れて、新しい出会いが怖くなっているんだと感じます。

もっと大胆に動ければ一番ですが、楽な方をどうしても選んでいる自分がいます。

一人が寂しく、数人の相手と付き合ってみましたがやっぱり復縁したい、やり直したい気持ちです。付き合えば付き合うほど、その気持ちは強くなる一方でした。

失敗をして初めて見えてくることも知りました。

復縁は難しいことだとは思いますがなんとかいい方向に行くようにがんばっていきたいと思います。

色々ありますが、自分が後悔をしないような人生を送りたいです。

遠距離なって別れたけど一本の電話で復縁した体験談

「復縁」を希望することは少なくないでしょうが、その希望が叶う可能性は決して高いものではありません。

ただ、「復縁は成る」ということを証明する意味で私の体験談を紹介します。

私が高校生の頃に付き合っていた彼女とは、高校入学から卒業までの3年間付き合っていました。

彼女の方は1つ年上だったこともあって、交際3年目には県外に引っ越してしまい遠距離恋愛になっていました。

しばらくは順調に恋愛が出来ていましたが、半年を過ぎたころから段々と関係が悪くなってしまいました。

もうじき4年目に突入しようという頃、彼女の方から「他に好きな人が出来た」と別れを切り出され、泣く泣く別れることになりました。

その後、私は進学で彼女の同じ県に引っ越すことになったのですが、連絡を取るのは年に1回程度あるかどうかという状態になっていました。

約2年ほどが経ち、すでに連絡を取り合うことすら無くなってしまいました。

この頃になると、すでに復縁したいと言った気持ちを感じることはほとんどなくなっていたのですが、珍しく(元)彼女から電話が来ました。

そして、用事があるから会えないかという趣旨の話をされ、断る理由もなかったので会うことになりました。

用件は他愛もないものでしたが、それをきっかけにちょくちょく連絡を取るようになっていきました。

再開をしてからしばらくして、別々に過ごしていた時間についてお酒でも飲みながら話をしようと言うことになりました。

すでに下心も復縁についても求めてはいませんでしたが、その日を境に急速に距離が近づいていきました。

過去に交際していた経験があることがネックになるかもしれないと思いもしたのですが、実際は逆に感じました。

過去の記憶であっても「相手の魅力」をしっかりと理解できているので、再開時にその魅力を再確認できたことが気持ちを呼び覚ませた大きな要因だったと思います。

もし、復縁を期待している人が居れば、「一度相手の気持ちを落ち着かせる」と言うことが効果的なのではないかと思いました。