復縁工作をする際に依頼者の復縁したい相手に接触し、復縁を促す際に非常に困る事があります。

それは復縁したい相手に事を全く持っておススメ出来ない事です。

復縁したい相手に復縁を意識してもらえる様に心理誘導しますが、対象者が嫌だと思っている部分に関して改善する気もなく自分に嫌がられている部分が全く改善されないな…という際に依頼者の味方になって復縁したい相手を心理誘導しようとしても良い所がなく復縁を勧めようがない時があります。

そうした際に復縁したい相手に彼氏、彼女が出来たらどうするんですか?と聞かれますが、このまま玉砕覚悟で復縁工作を進めても1%の復縁の可能性も見えませんよ。

という状態ですと復縁屋の工作員は先に進めないと考えながらも復縁したい相手からは頻繁に連絡が来る様になっていて、困惑してしまいます。

復縁したい相手にしてみれば、仮に工作員が復縁を進めてしまえば工作員の話しに対して聞く耳を持たなくなってしまいます。

聞く耳を持たない状態にされてしまえば復縁工作は確実に失敗する事が分かっている為に工作員も動くに動けなくなります。

復縁屋が困ってしまう事はどうすれば先に進めるのか?どうすれば復縁出来るのか?全く見えないケースがあります。

復縁を勧めても完全に拒否される事が分かった上で工作をしろと言われればやるしかありません。

復縁したいからという依頼を請けて、復縁を成功させる為なら何でもすると言いながら、我慢する事も出来ず、とりあえず復縁工作を進めて欲しいと言われ、当然の事ながら撃沈する事があります。

進めたくても進められない状況や焦って無理矢理な行動をしてしまえば復縁に繋がる事はありません。

復縁したいから復縁屋に頼るのですが、復縁したいならやらなければならない事があり、それらをやらずに復縁を目指すというのは虫が良すぎる話しで、虫が良すぎる話しをしている事に本人が気付かなければ復縁は遠いと言えます。

復縁が遠いと分かっていながらも復縁工作をして欲しいと依頼を請けるのは難しいのです。

復縁屋は依頼を請けてあげたい。どうにか復縁させてあげたい。と頭を抱えますが、復縁屋が復縁させてあげたいと思っていても当の本人が復縁に向けてシッカリと考えず、焦りから復縁工作、復縁工作と言えば復縁が遠のくのです。

復縁したい時に復縁したいから復縁工作に頼りたい気持ちは分かりますが、ただ単に他人の力を借りて復縁を目指すのではなく、自分が求める復縁の当事者である事を自覚していただかなければ復縁は難しく、復縁が難しい状況になっていく事を理解していただけない方のご相談に復縁屋は頭を悩ませます。

復縁したいから復縁屋に復縁工作の相談をする。その前に復縁したいのであればどうしなければならないか?を自分自身で考えていただく事をおススメします。

■⇒頓珍漢なメッセージのやり取りを改善する

■⇒復縁工作の理解