復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁に悩む人からのご相談をいただきますが、復縁屋へのご相談の際に復縁工作についての問い合わせももちろんあります。

復縁工作って何をしてくれるんですか?という問い合わせや、料金・費用についての問い合わせ、工作の内容や成功率について等、復縁工作の問い合わせも多くいただきます。

それら全てのお問い合わせに対して全ての方と契約をさせていただく訳ではありません。

プランが合わない事もありますし、料金・費用について予算が合わない。という事もありますのが、復縁屋側も全ての依頼を請ける訳ではなく、お断りさせていただくケースも多いので相談される方からのお断りと復縁屋側からお断りさせていただくケースもあります。

復縁屋側と依頼者の考えが合致して初めて復縁工作の契約をする事になりますが、最初から復縁工作の契約が出来ますよ!という条件の元に依頼を請ける訳ではありません。

双方が断る権利を持ち、双方の意見が合致しなければ復縁工作の依頼を請ける事は出来ません。

何かを販売するお店であれば、お客さんが欲しいと思うモノに対してお金を支払えば購入する事が出来ます。

復縁屋は【復縁】を売る会社ではなく、【復縁をサポート】する為の会社なので販売するものがお店とは異なります。

復縁屋の販売するものが【復縁】であれば復縁屋は販売して欲しいという人全員に販売させていただくかと思いますが、残念ですがそうではありません。

スカイダイビングをしたいという人がスカイダイビングによって死の危険がある…と判断されればスカイダイビングをしたいからと言ってお金を支払うからといってもやらせてもらう事は出来ません。

スカイダイビングは地面に着地して初めて成功したと言えるのであって、成功しない可能性が高い方がお金を支払うからといってやらせていただく事は出来ません。

復縁屋も復縁の可能性がないモノ、復縁成功率が0%であると判断する案件であれば依頼を請ける事はなく、どんなにお金を積まれても契約する事は出来ません。

契約する為には依頼者と復縁屋の合意がなければならないので、どちらかが断る状態であれば契約する事は出来ません。

復縁屋と復縁工作の契約をする時は双方の合意の元に行われなければならず、これは契約時に復縁屋が「契約を強要」をするのもおかしいと言える部分になります。

電話相談の段階から契約を強要する復縁屋も存在するようです。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは他の復縁屋の様に相談時の段階も含めて、面談した際も契約の強要をする事はありません。

■⇒何を伝えたか?よりどう伝わったかが大事

■⇒復縁調査はなぜ必要なのか