復縁屋と別れさせ屋の別れさせ工作の手法、復縁工作の手法は異なります。

別れさせる為に別れさせ工作をする。復縁する為に復縁工作をする。

言葉にすれば簡単な事ですが行動を起こすとなると簡単な事ではありません

復縁屋と別れさせ屋の工作の手法について、別れさせてでも復縁したい人、どうしても取り戻したい人がいる人の参考にして下さい。

復縁屋の手法

復縁屋の特殊工作は基本的には復縁する為の工作が主になります。

復縁する為に何をすればいいのか、復縁する為に別れさせる方向に進めなければならない…

復縁屋は復縁を目的とした形で復縁工作を行います。

しかし、復縁工作を行うにしても対象者が他に好きな人がいる。対象者は新たな恋人がいる…といった場合には別れさせ工作を行わなければ復縁工作は意味を成しません。

復縁屋の手法の多くはどうすれば復縁出来るのか?という事を模索して、復縁の可能性がある部分に関して仕掛けていく事が主だった工作になります。

復縁の可能性というのは、例えば復縁したい相手が〇〇が好きだった…××の部分を考えたらとても大切な関係を紡ぎたかった…という時に少なからず復縁の可能性があるのならそこをどうにかする事が復縁工作を効果的に行える部分になります。

効果的なポイントを責めずに全く関係のない部分を責めてしまえば復縁工作は全く意味を成しません。

意味のある部分をより効果的に責めるので復縁工作は意味を成しますが、復縁屋はその部分を見ぬく力が長けていなければならず、意味のある事に対して責める事が出来るので復縁工作は効果を成します。

そういった際の復縁屋の手法はポイントを責める事だけに終始するのではなく、ポイントをずらし、あえて復縁とは関係のない部分を責める事でより信用を付ける事も行います。

依頼者が失ってしまった信用を取り戻す為には少しでも信用をつけた人物が後押しする事も重要で、後押しする人物が対象者からの信用を勝ち取る為に奔走し、依頼者の信用を勝ち取る為に工作員が代わりに信用を勝ち取り、勝ち取った信用を元に依頼者にもう一度振り向かせるのが復縁屋の復縁工作になります。

別れさせ屋の手法

別れさせ屋の復縁工作は信用を取り戻すという行為はせず、信用がないままに復縁を進めるというケースが多いのです。

基本的には接触をし、話しが出来ればOKという考えから、復縁を目的として工作をするというよりも工作を目的として接触をする。という考え方をしているのが別れさせ屋の復縁工作の手法になります。

別れさせ屋は復縁について考えるというよりも別れさせる事を目的として考える為、復縁の仕方の知識については一般の方と変わりがありません。

その為、弊社でも別れさせ屋に復縁相談したという話しを聞く事がありますが、復縁についての知識は素人に近いモノがある…という判断をせざるを得ません。

別れさせ屋の手法は、とりあえず接触するという手法の為、全く意味のない接触を試みたりする事もあります。

以前に対象者が交番勤務のお巡りさんという状況で、交番に道を聞きに行く事を繰り返すといった全く復縁に繋がらないであろう接触を繰り返す別れさせ屋もありました。

その接触を何度も繰り返して契約が終了したという別れさせ屋も存在します。

復縁を目的として接触を図るのか?それとも接触を目的として接触を図るのか?ではその後の展望も大きく異なります。

別れさせ屋の目的は復縁ではなく、工作が目的の為、復縁の手法については分からない。としか言いようがありません。

まとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋に任せる事と別れさせ屋に任せる事は根本的な部分が異なり、別れさせ屋は本来別れさせる事が目的ですから、別れさせる為に何をするか?を考える会社になり、復縁する為に何をするか?という会社ではありません。

決められた業務を粛々と定められた期間で工作をするのが復縁屋や別れさせ屋ではなく、目的を持って工作をするのが特殊工作業務の会社になります。

目的を定めてどちらが復縁しやすいのか?それとも別れさせ易いのか?その目的は復縁なのか別れさせなのかそれとも工作が目的なのか?それらを判断するのは自分次第であるという事も忘れてはいけません。

■⇒人に嫌われる人はこんな人

■⇒復縁が困難な人の特徴とは