復縁したい時に真っ先に相談するのが友人達への相談だと思います。

どうにかして復縁出来ないかな?復縁したいな…

こういった状況は復縁したい人であれば誰にでもあるかと思います。

そういった時に友人、知人に相談して復縁について話しをする事は普通だと思いますが、友人に復縁相談をする時と復縁屋に復縁相談をする時の復縁アドバイスの内容が変わります。

何故変わるのか?そしてどちらが適切なアドバイスをしてくれるのか?

それらを書いてみたいと思います。

友人はもちろん復縁したい人の味方です。

復縁したい人の味方である友人へ相談すれば良いアドバイスをもらえるかもしれません。

しかし、友人は味方であり、味方である前に友人です。

友人は傷ついている人に対して厳しい事を言えばもっと傷つくのではないか?と同情し、厳しい言葉を伝えてくれる事はありません。

優しい言葉やなだめる言葉を使って頑張りな。諦めな。という言葉を下さります。

厳しい事を言わない。厳しい事を言えない。それを言えば相手が傷つく事を知っているから言えない。

友人だからこそアドバイスをもらえますが、そこに感情がプラスされてしまい、適切なアドバイスをもらう事が出来ない場合があります。

友人は復縁するよりも傷ついている友人を更に傷つける様な事は致しません。

復縁屋と友人との違いはこの部分です。

復縁屋復縁させる為なら、時には厳しい事を言わなければならず、厳しい事を言う為に言葉を選びますが復縁成功と傷つける事を選択するなら当然復縁成功する方を選びます。

厳しい言葉を掛けて復縁してもらえるのであれば復縁屋は目的が復縁なので喜びます。

気遣ったアドバイスをして復縁出来ないという状態と嫌われても良いから復縁成功率を上げるなら嫌われる道を選ぶのが復縁屋の業務です

ダメなものはダメ。良いモノは良い。

それらをきちんと伝える事が出来なければやりたい事かどうか?と聞かれればやりたくない。と答えます。

友人にアドバイスをもらい、自分は頑張ったと思い込む気持ちいい状態で復縁を諦める方向に進むのか?

それとも自分を奮い立たせて復縁への道を進むのか?

状況は日々変わる為、復縁に向けての打ち合わせは常に行わなければならず、アクシデントが起きた時にも対応しなければなりません。

プロであるからこそ復縁したいという気持ちに対して本気で対応します。

なんとかなるよ。ではなく、なんとかしよう!!がプロとの違いです。

この言動、身に憶えがありませんか?

復縁したい未成年の方へ