一般的に復縁屋と呼ばれる会社は復縁にまつわるサポートをさせていただく事を業務とし、主に探偵業を営んでいる会社が復縁を目的として調査、工作を行う会社全般を指します。

復縁会社と言えば復縁占いを運営している会社も復縁メール相談を運営している会社も復縁会社と呼ばれ、復縁屋も復縁会社の中の一つのとも言えます。

どの復縁会社も手法は異なりますが復縁を目的とし、直接的なアプローチや間接的なアプローチが一番分かり易い形の分類の仕方になります。

復縁屋の名前の由来は?

復縁屋の名前の由来は、肉屋が肉を売る様に、魚屋が魚を売る様に、復縁屋は【復縁】をサポートする業務をサービスとして販売します。

復縁工作等の工作業務、復縁アドバイス等の自己改善の仕方、魚を販売するお店が魚のプロである様に、復縁屋も復縁のプロである立場から専門的な知識も合わせて提供するので復縁を販売するといえば100%の復縁保障というモノが出来る訳ではないので語弊が生じるかもしれませんが、復縁に向けての情報を提供する会社が復縁屋という事になり、復縁屋の名前の由来は復縁したい相手の調査、工作等で復縁に向けての情報を集める復縁の専門家である所から来ています。

魚を販売しているお店が「魚屋」という名前の魚屋でもおかしい事ではなく、「魚屋××」と一般的には屋号の前に用いられる事が一般的です。

復縁会社と復縁屋の違い

復縁会社と復縁屋の決定的な違いは間接的に相談者の主観の情報を元に復縁に向けて進もうとする復縁メール相談や復縁占い等とは違い、復縁屋は直接的に復縁したい相手に働きかけ、復縁に向けて動き出します。

客観的な情報がないまま、復縁したいと思っている人の情報だけを鵜呑みにして復縁を目指す形で復縁出来る場合の多くは誰かに相談しなくても復縁出来る状況であり、復縁メール相談や復縁占いに頼る人の多くは背中を後押ししてもらいたい人が多く、実際に復縁問題を抱えて、どうすれば良いのかが分からない…という状況とはかけ離れているケースが良く見られます。

復縁屋は相談者からの情報をいただいたものだけを信じて行動するのではなく、復縁したい相手に接触し、最新の情報を入手する工作を仕掛けます。

そして、復縁したいと思う人と復縁したい相手の情報を集め、客観的な立場で状況を分析し、復縁に向けて何をすれば良いのか?という一つ一つの問題をクリアしていくので直接的なアプローチと間接的なアプローチという部分に於いて大きな差があります。

実際に復縁屋が行う復縁工作の手法

実際に復縁屋が行う他の復縁会社とは大きく異なる部分は復縁工作という手法を用いて復縁したい相手に接触する事や事前に行う復縁調査によって今現在相手に新たな恋人がいるのかどうか?といった事を調べます。

新たな恋人の存在があれば他の復縁会社が行う復縁占いや復縁メール相談によって復縁が叶う訳もなく、現実を直視し、見えて来る問題に向けて復縁屋は業務を遂行していくのですが、実際に復縁屋が行う復縁工作の手法はどういったモノなのか?という事を知っている人は少ないのです。

復縁屋が行う工作では相手に接触し、今の状況、彼氏、彼女の有無を本人の口から聞き出す事依頼者と別れた時の情報を入手する様に仕向けます。

もちろんその際に依頼者の情報を流す様な事はなく、あくまでも第三者の立場で偶然を装って接触を試みます。

その為、調査段階で対象者(復縁したい相手)が一切の外出をせず、接触をしない相手に対して物理的に不可能な場合は工作で話しを聞き出す事は出来ません。

良く行くお店や職場等、調査段階で浮き出た情報を元に対象者に接触しますが、接触の段階で依頼者からいただく情報や調査段階で出て来た情報を元に工作員の人柄や為人を作り、対象者から好かれるであろう人物を装い接触を試みます。

接触を試みた後は依頼者の情報を直接聞き出すのではなく話の誘導を行い依頼者の事を対象者から聞き出し、依頼者との関係で何が問題があったのか?という情報を聞き出す事や、依頼者に一方的に問題があるのか?といった問題の定義を行います。

問題の定義を行う事でお互いに悪い部分があったのではないか?という認識を対象者の味方という立場を作った後に行うので自分の味方から問われる言葉で第三者の意見に耳を傾ける様に仕向けます。

その上で依頼者との関係を終わらせた事に関して後悔をさせる様に仕向け、復縁を意識させる様に誘導していきます。

こういった工程を踏まえていくので新たな恋人の存在があれば復縁工作をした所で心が動く事はなく、別れさせ工作で関係を終焉させなければ復縁工作の効果は全くありません。

その為、復縁屋は別れさせ屋も兼業している事が多く、復縁屋だけしか業務を行わない会社は復縁の際にトラブルが起きた際に対処出来ないという問題を抱えます。