復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

復縁工作の相談をしていて契約をするかどうか?で悩んでいる状態で復縁したい相手から連絡が来てしまい、自分で状態を悪くしてしまう人がいます。

復縁屋に相談するにも優柔不断で決断する事が出来ず、時間ばかりを掛けてしまい復縁したい…でもどうしよう…と先に進む事が出来ず復縁を焦るばかりで時間が経過していきます。

復縁屋に相談する前にも時間が経過していきます。

復縁屋と契約する前にも時間が経過していきます。

その間にどれだけ復縁にとってマイナスの事を行っているのか?そして、そのマイナスがどれだけ復縁にとってマイナスなのか?を考える人はあまりいらっしゃいません。

復縁屋に相談して、アドバイスをもらった後に自分の力でどうにかなるのではないか?と考え、シッカリと理解をしていない為に間違った解釈のまま復縁したい相手とやり取りをしてしまい、復縁とは違う方向に進んでしまう事があります。

こういった事があるので復縁屋は適当なアドバイスをする事が出来ません。

適当なアドバイスをする事が出来ない為に適当なアドバイスをする事は出来ません。とお伝えすると「ケチ」という言葉をいただく事があります。

しっかりと理解していただいた上での行動を取ってもらえるのであれば復縁屋は復縁に向けたアドバイスをさせていただきますが、理解をせずに表面上の言葉だけを受けとり、表面上の言葉だけで理解したと誤解したまま復縁活動を行うであろう人に対して、復縁屋が行ったアドバイスが原因で復縁が出来ない状態になってしまう可能性もあるので、簡単にアドバイスをする事が出来ません。

復縁屋はケチだからアドバイスをするのではなく、シッカリと理解した上で行動してもらえる方であればアドバイスをしますし、自身の力で復縁出来るのであれば、それが一番だと考えるのが復縁屋の立場です。

復縁したいから復縁屋に頼るという決断は間違っていませんが、復縁屋に頼る時期と復縁屋に頼った後の行動がとても重要であり、その行動次第で復縁に向かう可能性があるのです。

その可能性を潰してしまう方ももちろんいますし、復縁屋がアドバイスをした直後に復縁したい相手に連絡をしてしまい拗らせてしまうケースもあります。

本当に復縁したいと考えるのであれば我慢をする事や相手の事を想った行動をする事が必要です。

復縁屋からアドバイスをもらったのであれば、そのアドバイスの意味を本当に理解していただいて復縁活動を行っていただきたいと思います。

■⇒復縁したい相手に気になる人がいる?

■⇒浮気(不倫)を正当化する人