復縁を望む人は自分一人でこの状況を打破しようと、復縁したい相手の状況を考えず、感情の赴くまま勝手な行動をするといった方が多いということがわかっています。

もちろん、二人の想いが一つなら、何の問題もなく相手を想う感情は続いていくことでしょう。

相手の事を思いやる気持ちがあって信頼関係があるならば別れるといった最悪のことにはならないでしょうし、信頼関係が構築できていない場合、その些細な出来事がキッカケで二人の関係がぎくしゃくしはじめ、その後喧嘩が絶えず、最終的には別れてしまうといった最悪の結果になるのです。

復縁屋では復縁に向けての手法の一環として、復縁工作を行い、復縁したいとお悩みのお客様の問題解決、関係修復のお手伝いをさせていただいています。

復縁の為に費やした時間やお金を無駄にしないように

復縁工作?あまり聞きなじみのない言葉ではないのかも知れませんが、復縁には復縁工作を進めていかないと復縁は完結しないといっても過言ではありません。

しかし、復縁工作を実行するにはまず対象者の状況を調査する必要があります。

復縁したい相手の行動をまずは把握することから始めます。

相手の状況を把握することで、現在付き合っている相手が存在するのか?または、好きな相手がいるのか、日々の行動を調査することで少しずつ明らかになってきます。

このように、入念な調査を経て相手の状況がわかった段階で復縁工作が実行されます。

お客様のほとんどの方が調査、復縁工作と段階を踏んで進んでいきますが、このプロセスの最中に勝手な行動をとられることによって、復縁の為に費やした時間やお金等、これまで進めてきたものがすべて水の泡となり、復縁は不可能という結果を招きかねません。

お客様への注意点として、一番気を付けなければならないのは、感情を押さえることが出来なくなり、復縁したい相手へ勝手に連絡を取る、又は、勝手に会いに行くといった行動を絶対に避けなければならないということです。

事実、過去にこのような事例がいくつかありました。

復縁屋の工作員が復縁工作を実行している最中に、復縁したいから、といって、勝手にコンタクトを取れば、せっかく様々な行動による見えてきたものがすべて無駄になり、復縁が失敗するリスクが高まってしまいます

そうなれば時間やコストが無駄になるばかりではなく、復縁したい人と復縁できる可能性はほとんどなくなってしまうのです。

復縁したい相手の声がほんの少しでも聞きたい、一目でもいいから顔を見たい、相手のことが忘れられずで気持ちが焦る気持ちは理解できなくもありません。

ただし、復縁をするためには、まずは自分自身が冷静になり気持ちを制御させるることはとても重要なことなのです。

復縁屋に依頼をした際には、費用が発生します。

決して安くないお金を支払って復縁するんです。これを無駄にすることないよう慎重に行動することが大切なのです。

復縁工作を行う工作員はコミュニケーション能力が高い

一度気持ちが離れてしまうと、関係修復には時間がかかります。

復縁するためにはまずは相手の状況を知る必要性があります。相手を知るには相手の懐に入ることが出来なければ相手をわかることは出来ません。

復縁屋の専属工作員はコミュニケーション能力が非常に高く、復縁工作を遂行する上でなくてはならない存在だとも言えます。

復縁したいと考えていても相手の気持ちは他を向いてるかも可能性が高い可能性もありますのでその場合の復縁は容易ではありません。

全くもって復縁できる可能性がなくなることも考えられるのです。

そのような状況であったとしても、自分が復縁したいからという欲求だけで、相手の気持ちを考えず行動するとどうなるでしょう?おのずと結果はみえてきますよね。

復縁したい相手はあなたに気持ちがないわけですから、あなたの気持ちを訴えたところで相手の気持ちが動くかといったら答えはNOです

知人や友人に真剣に復縁相談したところで、かえってくる答えはおおよそ予想できます。

仮に復縁の協力をしてくれるとなっても出来ることに限界があるはずです。

そのような状況にある方のための復縁屋というものが存在しているのです。

復縁屋とは復縁したい相手との関係修復をお手伝いできる唯一の場所なのです。

復縁屋の復縁工作をについては何度もご説明さしあげているのでご承知かと思いますが、復縁工作なくしての復縁の可能性はかなり低いと考えていいでしょう。

復縁には相手を知る上で重要な過程が復縁工作というものです。当然復縁工作は、依頼内容や状況によって工作内容は大きく異なってきます。

シンプルなというか、よく使われる手法としては、復縁の相手がよく立ち入る場所などを調査の段階で把握し、まずは顔を知ってもらうことからはじめます。

接触するわけですが、初めて会った人に対してプライベートな話しをするはずもありませんよね?ここで踏み込んだ話しなどできるわけないので、まずは顔を覚えてもらう程度で終わらせます。

その後、何度かその場所に通い、相手と打ち解けあえ、友好な関係になれれば徐々に接触をはかるというものです。

もちろん、復縁工作を行う工作員は人とのコミュニケーション能力が高い人員なので相手に知られるということはありませんのでご安心を。

復縁工作を実行する工作員は男女存在しますが、復縁したい相手によってどちらの工作員を接触させるかは、調査内容をせいさしたうえこちらで判断します。

復縁したい相手が男性だから工作員も男性 と言うことではありません。

状況によっては、相手は女性であっても、男性工作員をもありますし、また逆のケースも考えられますね。

そのときの状況を判断し進めていかないと、復縁という厳しい階段をあがりきることはできません。

復縁工作は何度もチャレンジできることではありませんし、今回復縁は出来ませんでしたが次頑張りましょう! などとお客様に対し伝えることはできません。

今回のチャンスを逃すと、依頼者に次はないのですから。

復縁工作での復縁への誘導方法

復縁屋でとりおこなう復縁工作の成功事例は様々な手法があります。

日頃から喧嘩が絶えず彼、彼女等と別れてしまった時の復縁工作になりますが、まずは同棲していた場合、帰宅しないとなると依頼者は、毎日不安な気持ちで毎日を送ることとなります。

現在、その彼が今どのような生活をしているのか、何故家に戻らなくなったのか原因を探ります。

同棲している恋人同士だと、些細な喧嘩で家にもどらないような例はそんなにあるものでもありません。

そして、自分が住んでる場所に戻ってこないとなるとかなり問題は大きいような気がします。

現在どのような状況であるかを調査することが先決になって行きます。

実際にこのケースで復縁工作が成功した復縁の事例ですが、相手の職業が営業関係の業務に従事していた関係で簡単に接触する事ができました。

相手との接触に成功してしまえば、そこから少しずつ友好関係を良くしていき相手の気持ちを少しずつ探っていくことが可能になるのです。

復縁したい相手からの不安な気持ち等正直な想いを吐露させ、こういうやり方であればいい関係になれることを逆にアドバイスを送ります。

さらには、復縁したい相手の方から復縁を持ちかけるように慎重に誘導していくのです。

心理カウンセラーのように優しく諭すこととお客様の元に戻るよう誘導するのが復縁工作の一つの手法となります。

少なからず、気持ちの揺らぎがありますので、すぐには結果を求めることは厳しいですが、接触でき、相手と良好な関係を保つことが出来るのであれば、さらにいうと、浮気相手もいない状況であれば復縁を成功させるのはそれほど難しい事ではありません。

これからの生活を向上させていくために、様々なアドバイスをしながらサポートしますので、以前のよりも、関係が良好になる事は間違いありません。

喧嘩が絶えなく、家出してしまうケースは些細な口論から発展してしまう場合があり、衝動的な部分が多いので気持ちを汲んであげる事で復縁まで解決できるものなのです。