復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁したいから復縁屋に依頼する、そして復縁工作の内容を聞いて復縁の可能性が出てくるかもしれない…

復縁したい人が最終的に頼るのが復縁屋であり、復縁工作の手法や本当に復縁できるのか?という話しを聞くために復縁工作の相談をします。

復縁相談をする時に、対象者(復縁したい相手)にどうやって接触をすれば良いのか?復縁したい相手に対する心理誘導はどの様にしてくれるのか?そしてそれらの手法を用いて本当に復縁できるのか?という事を知りたいと思うのが復縁したい人達であり、それらの不安を解消する為に復縁屋は出来ないことを出来ると言ってはならず、出来ることの範囲内で復縁の可能性を見出さなければなりません。

復縁屋が復縁工作によって出来ることは心理誘導を行うことは出来ますが、PTSD等の心的外傷を及ぼしていたり、DV等の暴力行為を行った記憶を消すような超能力を使う事は出来ませんから、あくまでも人間の出来る範囲内での復縁への取り組みとしてサポートすることが復縁屋の行う復縁工作になります。

復縁屋と復縁工作の仕組みは復縁したい相手に接触し、なぜ別れたのか?という原因を解明し、その原因解明をした後に改善を施し、復縁までに繋げるのが業務になります。

別れ話を出された際に別れの原因について教えてくれるケースはありますが、その事実が真実と反している事は良くあり、復縁したいと思っている側は相手が教えてくれた事を改善すれば復縁できるんじゃないか?と考え、教えてくれた部分に関して自己改善を頑張りますが、本当の理由が異なる場合、その頑張りは無駄に終わってしまいます。

例えば別れる間際に二股状態になっている人がいて、自分が二股をしているから良心の呵責に苛まれて別れて欲しいという人がいますが、自分が二股(この場合は浮気になります。)しているから別れて欲しいという事を伝えることはしたくない…と考えるのが人の常であり、その場合は浮気をしているから別れたいではなく、違う理由を持ち出して別れを切り出されます。

違う理由を聞いた人はそれを真に受けて、じゃあその部分を直せば復縁できるのではないか?と考えますが、現実はそこを直したところで復縁には辿り着きません。

復縁する為には異なった部分を改善しなければならず、この場合は浮気している相手との破局を迎えさせなければどんなに自己改善したところで復縁には辿り着かず、復縁に辿り着かない努力をして頑張ったから復縁して欲しいと伝えた所で復縁には結びつかない事から心が折れてしまい、復縁を諦めるケースが良くあります。

復縁したいなら復縁したい相手の新たな恋人との関係を終わらせなければならず、そういった新たな恋人の存在の判明を含む別れの原因を解明していくのが復縁屋の業務であり、復縁工作というものは、それらの原因を解明した後に改善していき、改善した後の復縁へのキッカケ作りをする為のものであると考えていただければ分かりやすいのではないかと思います。

そのため、復縁工作単体で復縁出来ると考えるのではなく、復縁工作はあくまでもサポートであり、復縁調査、復縁アドバイス等の復縁業務の中の一環でしかありません。

復縁したい本人が努力もなく、原因が分かった所で改善に向けて何もしなければ復縁工作を行い、キッカケ作りをした所で復縁出来ることはありません。

そうした安易な気持ちで復縁したいと思った所で復縁できないことは誰しもがご存知かと思いますが、中には復縁屋に全て任せれば復縁させてくれるだろう…と安易に物事を考える人もいらっしゃいます。

そういった方の場合、復縁工作を行ったところで復縁の可能性は0%に近いと考えられますし、復縁の可能性が0%であれば復縁屋は復縁工作の依頼を請けませんが、アドバイスはさせていただきます。

そういったアドバイスを元に復縁工作は意味を成し、功を奏すので復縁屋の復縁工作の仕組みは原因の解明などを踏まえた後のキッカケ作りだと認識していただければ100%復縁できますか?という様なご質問はなくなります。

■⇒アドバイスがしにくいメールとは?

■⇒決別の理由を明確に