復縁屋に依頼する方はどんな人でしょうか?

復縁屋ジースタイルに依頼されたお客様を例にあげてみましょう。

復縁するにはどうすれば良いのかを、自分で悩み考えてはみたが、打つ手が無く、行動すれば、結果悪い方向にしか働かない、このような方は、復縁屋の協力を得ずに復縁する事は、相当困難だと考えられます。

そもそも、一度離別しているわけですから、復縁したいからと自分自身で考え行動し、復縁を迫ったとしても、相手が好意的に受け取ってくれるはずもありません。

逆に、相手の気持ちが離れていく事にも、気付かない状況になってしまっている事が、ほとんどです。

ただし、本人はそんな心の余裕もなく、そこまで考えられずに、行動してしまうものなのです。

復縁屋として長く従事していると、復縁屋に依頼をするお客様のタイプはこのように分けられます。

復縁屋に依頼をするお客様のタイプ

復縁屋に依頼するお客様 その1

ご自身で復縁しようと頑張ってみたが、復縁したい相手に受け入れられなかった方。

当然の事ながら、復縁したい相手の共通の知人や友人に協力を求めたにも関わらず、結局復縁する事が出来なかった。

さらには、状況がより悪化してしまった。

大抵の場合、復縁したい相手から拒絶の意思を伝えられて、復縁を仕方なく諦めるケースが多いのですが、本人がどんなに復縁したいと想う、熱い気持ちを伝えても、相手には届かないと認識した時に、プロである復縁屋に依頼し協力を得ようと、考えるわけなのです。

しかし、復縁屋に依頼して最も難解なのは、このようなケースがある事も知っておいて下さい。

なぜなら、自分で事態を悪化させているのですから。

当然、相談ケースによっては、復縁屋の方から、依頼をお断りする事もあります。

最近はストーカー規制法が改正され、厳しくなったのは、皆さん承知の事だと思います。

復縁したい相手が、拒否の意思表示をとっているのにも関わらず、LINEやメールを送り続けたり、自宅、職場などに出向いて会いに行くといった行動をとれば、ストーカーとして判断されるのは当然の事です。

厳しい言い方をすると、お客様がストーカーのような行為を行っているか、否かを判断するのも、復縁屋としても重要な役割となっているのです。

お客様にストーカーの恐れがあるのであれば、復縁屋は依頼を受ける事が出来ません。

犯罪に加担する事になるわけですから。

探偵業法に定められている以上、法律を無視して契約し、後々トラブルとなったら業務停止などになってしまいます。

そんなリスクを冒す事はできません。

何が申し上げたいかと言いますと、復縁屋に復縁依頼する事をお考えなのであれば、行動起こす前に、ご相談して頂きたいと思います。

復縁屋に依頼するお客様 その2

復縁屋に相談・依頼する方には、復縁したい相手の情報がほとんど、皆無の方もいらっしゃいます。

別れた時期が、かなり前だったりすると、住所、職場や連絡先も変わってしまい、まったく手がかりがない状態になり、復縁したくても自力で動く事も出来ない、なしのつぶての状態に陥ります。

このような状況であるため、復縁屋の調査技術が、必要となってくるわけなのです。

しかし、相手の住所、連絡先を調べあげ判明したところで、復縁したいと思っている相手に、直接連絡してしまうような事をしてしまうと、どうやって調べたのかと、相手は不審に思うに違いありません。

それどころか、何故調べる必要があったのか、恐怖すら覚える事でしょう。相手がそのような警戒心が出てきた場合は、復縁なんか考えるはずもありません。

だからこそ、復縁屋の存在がなければ、復縁には、到底辿り着く事が、困難というわけなのです。

復縁屋には、復縁工作なるものが存在します。

復縁のためにはなくてはならない、プロセスでもあります。

中には、途中から自分で連絡を取ろうとしてしまうお客様がいらっしゃいますが、復縁工作を実行している段階で、勝手な行動をとられてしまうと、それまで積み重ねてきた、復縁のための調査・工作がすべて無駄となり、復縁は失敗となります。

復縁屋に依頼しているの状況であれば、復縁屋との連絡を、心掛けてください。

復縁屋に依頼するお客様 その3

最後に、自分での行動に自信がなく、引け目を感じる方。

特に、自分から別れを告げたにも係わらず、後悔し、復縁したいと思っている人は意外と多くいらっしゃいます。

自分から別れを告げ傷つけたのに、その相手に、もう一度復縁してくれとは、直接言い出しづらいという部分があるので、復縁屋に相談を持ちかけてくる事になります。

相手と距離を取り離れてみて、大事さ・大切さに気付かされたというケースです。

特に多いのが、夫婦が離婚した後に復縁したいと思った場合、子供の事や生活費など様々な要因があります。

だからこそ、自分一人での復縁は困難だと判断するわけなのです。

しかしながら、離婚後の復縁の成功率はけっして悪くはないのです。

案件にもよりますが、まずは一度、復縁屋に相談して、どれだけ真剣に耳を傾けてくれてくれるか、判断されてみる事をオススメ致します。

復縁屋ジースタイルでは、お客様の復縁に関してのお悩みを、真剣に取り組みます。

復縁を知らない復縁屋

復縁屋ジースタイル、怪しさからの脱却宣言