復縁屋に頼るって…と一人での復縁にこだわり、誰かの協力を得て復縁をする事に対して抵抗がある方に復縁屋をもっと知ってもらえればと思い書かせていただいています。

本気で復縁したいとお考えなのであれば一度こちらの記事を参考にしていただければと思います。

誰かに復縁した方が良いよと言われて復縁を目指すのは?

大恋愛の末付き合い、お互いの事は分かりあっていたつもりなのに別れてしまった…という悩みを1人で抱えていませんか?大好きな人が自分と同じ気持ちではなかった…突然別れを宣告されてしまい、パニックになってしまった…あの人がいないなら自分はもう生きている意味がない…死にたい…と考える方も多くいらっしゃいます。

同じ様な悩みを抱えている方から日々沢山のご相談をいただき、復縁に向けて前向きに考える方や、復縁を諦め、別の人を探す方向に進む方のどちらも正解であり、最後の決断はご自身でされるものです。

中には復縁屋に復縁した方が良いよ!!という後押しをされる事を望む方もいらっしゃいますが、復縁屋が復縁した方が良いって言ったから復縁を目指すとお考えの方もいらっしゃいます。

しかし、復縁屋は復縁した方がいいよ!という言葉を投げかける事はありません。

復縁するかどうかはご本人が決める事であり、他人が言ったから復縁を目指した所で復縁を叶える事は難しい事を知っています。

関係が悪化してしまい、復縁したいと悩んでいる…だけど自分で決断する事が出来ない…というのであれば、その復縁したいという想いを復縁したい相手にお伝えする事は出来ません。

友人、知人に言われたから復縁を目指した。

もしも復縁したい相手がその言葉を耳にした時、復縁しても良いよ!という言葉を聞けると思いますか?復縁したい相手にそんな事を言うはずがないでしょ!!と返ってくるかもしれませんが、あなたはそのつもりでなくても、そういった気持ちを持っていれば、復縁したい相手への想いは言葉に出さなくても伝わってしまいます。

人は行動や言動の節々から気持ちを察する生き物です。

誰かに言われたから復縁したいと思った…その言葉を出さなくても、あなたの復縁したい相手はあなたの本当の気持ちを感じてしまいます。

この言葉の意味が分からなければ復縁はきっと難しいかと思います。

復縁屋に頼って復縁を目指す事は?

復縁工作で復縁を目指す事は誰にでも「復縁したいけど誰かに手伝って欲しい…」という思いがあるのですから別におかしな事ではありません。

復縁屋というものは復縁したいと本気でお考えになられる方のご相談でなければ、相談時の時点でお断りさせていただいていますから、少なくとも復縁屋に相談しようと思っている時点で本気で復縁をお考えになられている方であると思います。

自分の力では復縁は難しい…自分の力で復縁が出来ないから誰かに頼りたい…手伝ってくれる友人・知人がいないし、どうにかしてでも大切な人を取り戻したいとお考えであれば最終的に行きつく所は復縁屋になり、本気で復縁したいけれど、どうにも出来ない状態であれば復縁屋に依頼するのはおかしな事ではありません。

復縁屋に依頼する事で復縁工作の依頼を絶対にする訳ではありませんし、復縁屋は復縁アドバイスをする事で復縁出来るのであれば復縁工作をした方がいいですよ!!という事はお伝え致しませんし、むしろ復縁工作する必要はないんじゃないですか?と復縁工作に簡単に頼らない様にご説明させていただきます。

復縁工作をしなければならない状況なのか?復縁工作をしなくても良い状況なのか?お客様にしてみれば冷静な判断が中々しづらいので復縁屋に相談したら復縁工作をしなければならないのではないか?とお考えになられるかもしれませんが、復縁屋に頼るという事は必ずしも復縁工作に頼るという事ではなく、復縁の可能性を見出す為の協力者という形で捉えていただければと思います。

だからこそ復縁屋に頼り、復縁を目指す事に関して、第三者の意見を聞く為に復縁相談をする事はおかしな事ではありませんし、プライドが邪魔をして復縁屋に相談出来ない…その結果復縁出来ない…というのであれば、その様なプライドと復縁したい相手とどちらが大切であるか?を考えていただければと思います。

復縁屋に復縁相談したからといって必ずしも復縁出来る訳ではありませんが、頼ってみようと思う気持ちと復縁屋なんかに頼らなくても…という気持ちのどちらを優先して考えるのか?それも自分自身で決める事なのです。

復縁屋に相談すれば短期間で復縁出来る?と相談してくる人へのアドバイス

復縁屋に相談すれば短期間で復縁出来るんでしょ?と言われれば、まずその短期間というのはどれだけの期間を指して短期間と指しているのか?その説明もないままに短期間という言葉が共通の認識であるかの様に相談される方がいらっしゃいますが、この時点であなたの大切な人への話し方に問題がある事に気付かなければならない事を忘れてはいけません。

あなたは短期間というものが共通の認識である様に他人に説明していますが、他人はあなたの短期間の期間がどれだけの期間の認識なのかは分かりません。

復縁屋に相談する際に短期間で復縁出来ますか?復縁絶対に出来ますか?

と聞く前に自分の状況を説明せずに自分の思っている事だけを説明して理解してくれる人はいません。

第三者に対してこの様な説明をするという事は、復縁したい相手への伝え方等にも問題があるにも関わらず、自分はキチンと説明したのに…と相手に全く伝わっていないにも関わらず自分は伝えていた。と思っている節がありますが、ここは絶対に直さなければならない部分でもあります。

自分が分かっているから相手も分かっているだろう。という前提で話しをしていて分かってくれる人はいません。

  • 言っても分かってくれなかった。
  • 何度も説明したのに理解をしてくれない。

と相手が悪いかの様に説明をし、自分自身の改善部分が全く分かっていない…という方は少なくありません。

自分の意志を伝えた。と思われるのであれば本当に伝わっているのか?自分が伝えたと思っているだけで相手は全く理解していないのではないか?自分自身に疑問を投げかける事を一度してみては如何でしょうか?案外復縁したい相手に伝えたつもりになっていても、本当に伝えたい事は全く伝わっていなかったという事は多いモノです。

復縁屋は復縁したい悩みを抱えてる方々の救世主!?

復縁屋で行う復縁工作の成功率は、100%ではありません。復縁工作の成功率が100%ではないのであれば復縁屋は救世主ではない!!いやいや、救世主が絶対に何でも出来るという訳ではない!!!という二つの意見があるかと思います。

復縁したい悩みを抱えている方にしてみれば藁にも縋りたい気持ちで復縁屋に復縁相談する事もあるかと思いますが、そこで復縁出来るかもしれない!?と思える事は少なからず復縁に対して一歩前進している事にお気づきでしょうか?

復縁の可能性が見えるからこそ復縁屋は復縁工作を行います。逆に言えば復縁工作の依頼を請けてくれなければ復縁の可能性は皆無といっていいでしょう。

復縁工作の依頼を請ける以上、復縁屋も復縁の可能性を見出して復縁工作のプランを提案しますが、可能性がある!!と第三者が判断し、それに向けて進む事が出来るのであれば復縁したい人にとって復縁屋は救世主になり得るのではないかと思います。

当然復縁工作の依頼を請ける事が出来ない…という方にしてみれば復縁屋は救世主でも何でもない!!!と思われるかもしれませんが、復縁屋が第三者目線で復縁の可能性が皆無!!!と思えるのであれば、誰がどうやっても復縁出来ないといっている訳ですし、であれば復縁を諦める為に協力させていただいているという事ですから、その想いを諦めるキッカケにもなり得るという事です。

どんな状況であれ復縁工作の依頼を請ける事が出来ますよ!!!という訳ではありません。

どんな状況であれ復縁工作の依頼を100%お請けします!!!というのは復縁の可能性がないにも関わらず、復縁工作の依頼を請ける。これに矛盾を感じずにはいられません。

復縁の可能性が0%の状況で復縁工作の依頼を100%お請けします!となれば何の為の復縁工作の依頼なのか?が分かりません。

  • ダメなモノはダメ。
  • 出来る事は出来る。
  • 可能性があるのであればその可能性に向けて協力させていただく。

お客様の状況を判断させていただき、復縁というものが見えるのであれば復縁屋はご協力させていただく形となりますが、ご自身で復縁を諦めるのか、復縁したいという気持ちを存続させ、復縁を目指すのか、自分の気持ちがどちらを向けば正しいかは自分自身では判断しづらいかと思いますが、そういった判断の材料の一つとして復縁屋を使っていただく事が出来る以上、復縁屋は復縁したいと思っている人にとって救世主になり得る存在にもなるのではないかと思います。