復縁したいなら復縁工作、復縁屋

復縁したいから復縁屋に相談してきますが、復縁屋のサポートを受ける事で気持ちの整理をつける事もさせていただき、復縁したいからと暴走する依頼者の行動に制限を掛けさせていただきます。

何度も送り付けてしまうラインやメール、何度もかけてしまう電話、自分が復縁したいという気持ちを抑えられず、相手の事を考える事無く自分の想いを優先してしまいます。

そうなれば当然復縁とは程遠くなります。

自分がした事について何も考えずに冷却期間を置けば考えてくれるのではないか?と都合の良い方向に考えてしまい、常に相手の気持ちを考えなければならない復縁という状況とは真逆

の自分の都合の良い発想しか出ない為、復縁どころか別れた時よりも益々嫌われてしまいます。

益々嫌われている状況にも関わらず、自分がしている事を正当化し、さも相手が間違っているという誤認識の元、復縁出来ない理由が自分にあるにも関わらず相手にも責任があると責任

転嫁をします。

口では復縁したい相手の事を一生懸命に考えている。

復縁の為なら何でもする。と言いながらも我慢をする事も出来ず、自分勝手な行動を起こそうとしていては復縁とは程遠い状況に陥っていくという事も理解が出来ません。

それでは復縁出来ないのも当然であり、復縁したいのであればしなければならない行動は全く違いますよ!!と歯止めを利かせるのが復縁屋の業務の一つになります

やってはいけない事をやってはいけない。と気付く人は極稀で、やってはいけない事に気付かない人がほとんどです。

自分の行動に疑いを持つ事は難しく、自分は正しい事をしていると思って行動するのが大抵の人の思考です。

しかし、客観的に見て間違っている事を間違っていると伝え、教えてあげなければそれに気付く事はありません。

正しい事と間違っている事の判断は中々自分ではつきづらいモノがありますが、それらも合わせてサポートするのが復縁屋の業務になります。

しかし、残念ながら大抵の方が自分は正しい行動をしていると考えている為に復縁屋のサポートに関して関心を示しません。

自分は出来る。と過信した後にどうにもならなくなり、復縁屋に依頼をしてきます。

自分は出来るのであれば復縁したい状況、即ち別れるといった状況に陥り、復縁したいと思う事はありません。

上手に対応出来る方は復縁したい相手と付き合っているから上手に対応が出来、上手に対応出来ないからこそ別れという望んでいない結果に陥ってしまうのです。

別れたという事は正しいと思っていた自分の判断が間違っていたという事でもありますが、自分を疑う事が出来ない人が多く、自分を疑う事が出来ない為に自分の行動は正しいと思い込

み、復縁とは真逆の行動を起こすのです。

真逆の方向に進んでしまい、進む事がなくなるので復縁に至らず、結果的に状況を悪くして復縁屋に相談する事になるのです。

復縁屋側にしてみれば状況を悪化させてしまえば、それだけ復縁が大変になる事を知っていますし、出来るだけ状況を悪化させずに相談して欲しいという気持ちも勿論あります。

しかし、こればかりはお伝えしても自覚してもらう事が中々出来ず、自分で気付いていただかなければなりません。

復縁屋はそんな悩みを抱えている方の心のケアもさせていただき、復縁に向けてサポート出来る範囲は全て行うという事を覚えておいていただければと思います。

■⇒弊社へ依頼した方の懸命な努力は立派です

■⇒コミュニケーション不全が招く破局