復縁屋をどの様に使い、どの様な時に頼れば良いのか?復縁屋に頼るならどんな時なのか?復縁屋の使い方が分からない方のご参考にして下さい。

復縁屋が必要な時

復縁屋が必要な時は簡単に言えば復縁したいと思った時に一人ではどうにもならない問題があり、その問題を解決する為に誰かの力を借りる場合、復縁屋が必要になってきます。

復縁したいから何をするのか?が分からない状態であれば復縁に向けてすべき事を指導してもらう人間が必要になり、そういった際に復縁屋の存在は重宝されます。

復縁に向けての道筋をつける事が出来る

復縁屋は一般の方よりも復縁の経験値が高い為、復縁へ向けて何をすればいいのか?という事を知っています。

復縁に向けてどの様にすれば、復縁成功率が高くなるのか?どの様にすれば復縁までの道が見えるのか?復縁したいと考えている方よりも復縁を第三者目線で見れる為、冷静に状況を判断出来る上に復縁屋が培った経験を用いてどの様に行動すれば復縁に近づけるかという道筋をつける事が可能になってきます。

当然の事ですが復縁の可能性がないモノに対して道筋をつける事は出来ません。

断崖絶壁を目の前にして橋を作れるほど復縁屋は何でも出来る訳ではなく、壊れた橋を修繕する為に何をすべきか?というノウハウはあっても完全に壊れてしまったモノを元通りにする事は出来ないのです。

復縁に向けての道筋というモノをつけ、何をし、どうすれば復縁に繋がるのか?という事を知る為に復縁屋を活用する事が出来ます。

復縁に向けたアドバイス

復縁屋はお客様の状況をヒアリングさせていただき、第三者目線でアドバイスをさせていただく事が出来ます。

復縁に向けて何をすべきか?復縁の為にどの様にすればいいのか?間違った方向への努力や何をすれば良いかが分からない…という方をサポートさせていただく事が出来ます。

復縁に向けたアドバイスの中には自己改善という部分が多くを占めますが、その他にもお客様が復縁したいという気持ちが強すぎてしまい、復縁したい相手に会いたいという気持ちを抑える事が出来ない人に対して、無理に会いに行く事を控えていただく事や、何故会いに行ってはいけないのか?といった理由を説明させてご理解していただくアドバイスも行う事が出来ます。

復縁したい人の全てが復縁したい相手に会いに行ってはいけない訳ではありません。

復縁工作中に会っていただくケースはもちろんありますし、お客様の状況によって会ってはいけないケースと会う事を推進するケースもありますから、全てはお客様の状況次第という事になります。

自己改善やお客様が復縁したい相手に会いに行った方が良いか?という判断に対してもアドバイスをする事が出来、メールやラインの添削等も第三者目線で行う事が出来るのですが、全てを復縁屋が行ってしまえばお客様が復縁した後も復縁屋に頼らなくてはならなくなる為、復縁屋がメールやラインの全てを作る事は極力控えさせていただいている事が多くあります。

復縁屋は復縁したい相手に接触が出来る

復縁屋と言えば復縁工作であり、復縁工作の代名詞といえば復縁したい相手への接触です。

復縁したい相手への接触をする事で復縁屋はお客様との別れの原因等を解明に導き、心理誘導によって復縁を意識させる事も可能になります。

復縁したいけど、どう相手にその気持ちを伝えれば良いか分からない…連絡手段がなくなってしまったけど…といった状況にありながらも復縁したいとお考えの方の復縁にはもっとも効果的であり、且つ有効な手段となります。

復縁屋は復縁に向けて何をすればいいのか?という道筋をつける事は出来ますが、それを1人で実践する事が出来ない状況のお客様は沢山いらっしゃいます。

復縁工作の接触によって復縁へと外的要素を用いて導く事が出来るのは復縁屋以外にはなく、復縁占い、復縁メール等の内的要素で復縁に向けて努力をする部分とは決定的に異なります。

復縁屋の頼り方

復縁屋に頼る際に、ご理解いただかなければならないのは、復縁屋はお客様の事も復縁したい相手の事も全く知らないという事をご理解された上で復縁相談をされなければなりません。

復縁したいから復縁屋に頼りたい。という考え方までは決して間違った考え方ではありません。

しかし、状況を全く分からない人に対して「~と思っている」という事を話しても状況が分からなければ何もアドバイスも出来ません。

復縁屋に頼るのであれば今の状況を伝えていただかなければ復縁屋側としても何をどうすれば良いのかが分からず、復縁したいと考える方がまずは状況を説明して下さらなければ何も出来ないという事をご理解いただきたいと思います。

復縁屋に頼る際には「自分の気持ち」を先に伝えるのではなく、状況説明をシッカリと伝える事が必要不可欠になります。

復縁屋への復縁相談の仕方

復縁屋へどの様に復縁相談をすれば復縁問題の解決に繋がるか?復縁相談の仕方によって復縁屋の対応の仕方も異なりますし、同じ事を復縁屋に伝えるにしても全く別で捉えられてしまう事もあるという事をご理解下さい。

復縁屋へ相談する際には基本的には復縁屋もお客様も【復縁】という問題に取り組んでいくという方向性は同じだという事を忘れてはいけません。

復縁したいから復縁屋に頼る。復縁させたいから復縁屋は復縁で悩んでいる方からのご相談を待っている。向いている方向は同じなのですが、そこには当事者であるかそうでないかという問題もあります。

復縁したいという気持ちがありながら、復縁とは全く真逆の考え方をしていれば復縁屋もご協力出来る事はありません。

あくまでも復縁屋は復縁をサポートさせていただく立場なのでお客様が復縁へと向けてどうにかしたいとお考えであればご協力出来る事はありますが、お客様が復縁へと向けてどうにかしたいのではなく、個人的に恨み等を晴らしたい…という様な気持ちであれば復縁屋が協力出来る事はないという事をご理解いただきたいと思います。

復縁屋の必要のない方

復縁屋の必要がないというのは、復縁したいと本気でお考えになられていない方にみえます。

どうしても復縁したい相手がいる!!!というお考えをお持ちの方でなければ復縁したいという気持ちも一瞬のものであり、「復縁出来ればラッキー」という様な気持ちを持たれていれば復縁屋が協力出来る事はありません。

復縁屋は本気で復縁したいと思い、悩んでいる人だからご協力出来る事がありますが、復縁出来ればラッキーという様な考えの方にご協力した所で復縁屋が出来る事はなく、復縁成功した所で復縁屋の協力があったからこそ復縁出来たのではなく、復縁屋の協力は必要のない状態であると言えます。

本気で復縁したい…復縁する為にはどうすればいいんだ…と悩んでいる方が復縁屋の協力出来る方であり、復縁を本気で考えていない方に対して復縁屋がアドバイスをした所で聞き入れる事も出来ないのですから、悩みを抱えているフリをする方、ただ以前に付き合っていた方の愚痴を言いたいだけの方は復縁屋は必要のない存在であると言えます。