復縁屋の工作員は一体何をしてくれるんだろう?復縁工作の依頼を考えられた方は一度はこの疑問を持たれたのではないでしょうか?

復縁工作で接触した後にどの様な工作をするのか?復縁屋が実際に行う工作内容について書かせていただこうかと思います。

復縁工作で接触する

復縁工作といえば接触を考える方が多いかと思います。工作=接触は復縁工作の言わば代名詞になっています。

復縁屋=復縁工作=接触なので復縁工作成功が復縁工作による接触と捉える復縁屋もある位ですが、復縁屋ジースタイルでは復縁工作成功=接触ではなく、復縁工作成功=復縁と定義していますので誤解のない様にお願いしています。

復縁工作で接触をする際に工作員はどこで?どの様に?どの様な人間像で接触するか?を考えます。

突然道端で声をかけるナンパの様な接触は異性であれば有効な手段になる事もありますが、復縁を目的とした接触をする場合、異性を使っての接触はあまりおススメする事が出来ません。

復縁工作をする事によって工作員と復縁したい相手との距離が詰まってしまい、お客様との距離を近づかせる弊害になってしまえば復縁工作をする意味がなくなってしまいます。

その為、基本は同性が工作員として接触する事が多く、復縁したい人が男性であれば男性の工作員、復縁したい人が女性であれば女性の工作員を近づけます。

突然道端で声をかける方法は一般的には警戒心を強く持たれてしまう事からあまりおススメする事はなく、人間関係を構築しやすい場所で工作員を接触させる為の場所を復縁調査によって導きます。

復縁工作で接触する事がまず工作員の行う業務です。

接触した後の関係構築

接触した後に人間関係を構築していく事で工作員は復縁したい相手との距離を縮めていきます。

距離を縮めていく事が出来て初めて過去の恋愛話等を聞く事が出来、その中からお客様を少しづつ絞り特定していきます。

工作員はお客様から依頼を請けた事を絶対に口外する事が出来ない以上、工作員がお客様の知り合いを装って復縁したい相手に接触する事は出来ません。

そしてお客様とは全く無関係を装うからこそ復縁したい相手は自分の味方であると認識して下さいます。この部分がとても大きく、復縁したい人の友人が復縁したい相手に復縁してあげる気はないか?という話しをした際に、相手にしてみれば、その友人は自分の味方ではありません。

味方でない人間から復縁をせがまれれば当然反発が生まれます。

反発が生まれれば復縁とは程遠くなり、復縁を意識してもらう事は出来ません。

友人を頼った復縁工作の欠点はこういった部分であり、友人や知人を伝って復縁工作をしてもらえば相手にしてみれば受け入れようとする体制を最初から持ち合わせる事はありません。

復縁を意識させるのであれば相手の味方という状況を作りだし、その上で別れた原因などを聞きだし、復縁に向けて思考を変えていくというプロセスが重要になっていきます。

その為、工作員が相手に接触する場合、お客様からの依頼という事を口外する事がない理由は契約という問題もありますが、後々復縁に向けてお客様から依頼されたとなるとやりづらくなるという理由もあります。

お客様の特定を工作員がする

工作員はお客様との関係を口外しない為に、復縁したい相手からお客様を特定できる情報を入手しなければなりません。

その為には対象者である復縁したい相手と接触した際の過去の恋愛関係を聞きだし、その中から少しづつお客様を特定していき、お客様を絞っていく事が重要になります。

この工程を工作員が抜かしてしまい、工作員がお客様をスグに絞って話しを進めてしまえば当然復縁したい相手は工作員とお客様との関係を疑い出す様になり、復縁へと話しを進めていく事が難しくなります。

徐々に時間をかけてお客様を特定していく事で初めて復縁に向けての話しを進めていく事が出来るのですが、この時点ですぐに復縁と焦ってしまえば復縁を警戒されてしまう事もあります。

工作員は警戒されない様に物事をすすめなければならないので、まずは復縁の話しだけではなく様々な話しを踏まえて恋愛話しを進めていきます。

恋愛の話しや異性の話しをする事がこの人は好きなんだな…という印象を工作員に印象付けさせる作業を行い、その後で復縁に向けての話しを進めていきます。

勿論この時点で復縁調査を行っている為に新しい異性の存在はないという前提のモノになりますが、新しい異性の存在がないという状態なので過去にお付き合いした人物を拾っていく事に対しても不自然ではなくなっていきます。

自然なままに工作員は復縁へと繋がる話しを進めていき、逆に言えばこういった工程を踏まずに復縁の話しをした所で復縁に進む事はありません。

こうした段階を踏まえた上で復縁に付いてどう考えているか?とスグに進むのではなく、まずは別れた原因をお客様以外の過去にお付き合いした方も踏まえて話しを聞きだします。

別れた原因を聞きだした工作員は担当者に連絡を取り、お客様に改善ポイントの復縁アドバイスをする事になりますが、工作員はその後、別れた原因を直せば復縁したいか?という事や、今までに付き合った人の中で誰が一番良かったのか?といった事を踏まえて復縁に向けて意識をさせていきます。

少しづつ意識を復縁へと意識させていく事で恋愛に対しての意識を変えていきます。

意識を恋愛に向けさせ、その上で出会いをなくし復縁に向けて考えさせる方向に誘導していきます。

工作員が復縁に向けて誘導していきますが、その後はお客様と復縁したい相手を特定した復縁工作に移ります。

過去にお付き合いした異性から復縁しても良い人物をピックアップさせ、お客様が選ばれない場合は何故選ばれないのか?という部分を事前に担当者に伝え、お客様には復縁アドバイスをさせていただき改善していただいています。

それが出来ていれば連絡を取らせる方向に進めるか、偶然を装って再会を演出するかを復縁したい相手とお客様の状況によって変えていきます。

再会を演出するのであれば工作員と復縁したい相手が出かけている所にお客様を偶然を装って向かってもらい、再会した後は工作員がフォローを入れながら二人の関係を紡いでいくサポートをさせていただきます。

工作員と復縁したい相手が2人で話している時にお客様の事を話していた等、お互いに意識をさせる様な内容を話していき、少しづつお互いを意識させる様に仕向けていきます。

その後はお客様と復縁したい相手と工作員の数人で会う回数を増やし、タイミングを見計らって二人だけで直接会う方向に仕向けていきます。

タイミングを見計らい復縁したい相手の意識がお客様の方向へ向いた際は工作員は少しづつ距離をおく方向に仕向けていき、復縁成功へと導く過程を作っていきます。

見事に復縁した後はお客様に対しての不満などの受け口として工作員は連絡を取り、それを担当者経由でお客様に伝え、アドバイスを授けます。

そういった一連の工作を行う事が復縁屋の復縁工作員が行う事になります。

こちらのブログをお読みの方はこちらのブログもご覧になっております。