復縁したいから復縁屋に相談して復縁工作等の復縁サポートを求める際に復縁成功率を少しでも上げたい。復縁成功率を高めるにはどうすれば良い?

復縁屋に相談するか悩む人も、復縁屋に相談せずに復縁を悩む人も共通して言える事があります。

それは自分勝手な行動は控えなければならない。という事です。

復縁したい人が復縁したいと思う気持ちは否定しません。

復縁したい人が復縁したいと思わなければ復縁に繋がる事はありません。

しかし、復縁したいという想いから、復縁とは真逆の行動を取ってしまう人は多く、復縁屋に依頼しても復縁屋に依頼せずに復縁を目指すにしても、独りよがりな行動は復縁とは程遠いものがあります。

復縁屋の復縁成功率を上げる為には依頼者の協力は必須条件です。

復縁を目指すのであれば復縁したいのは復縁屋に依頼した本人であり、復縁屋ではないのですから本人のご協力がなければ復縁は遠のきます。

復縁屋の復縁成功率を上げるには暴走する依頼者を止めるだけではなく、復縁に向けて改善していただく部分は改善していただき、少なくとも復縁したい相手から嫌われていない人物にならなければなりません。

別れた時に別に嫌われていない。嫌われていないなら復縁屋に任せれば復縁成功率が高いのか?と言われればそうではなく、嫌われていなくても嫌な部分を直す事や好かれる為に努力を

しようという気持ちがなければ復縁には結びつきません。

もちろん気持ちだけではどうにもらなない部分もあります。

気持ちだけ自分は改善しようと思っている。頑張っている!!と仰る人もいますが、実際に頑張らずに口先だけで何も努力をしなければ好かれるはずもありません。

好かれる人物でなければ復縁を考えてもらう事は出来ませんし、最低限好かれていなくても嫌われたままの状態から脱出、もしくは脱出しようとしている姿が相手に伝わって初めて自分の事を見てくれる様になる。

という事に気付かなければ復縁したいと口先だけで伝えても、復縁の為に努力しているんです!と自分で言っても伝わる事はありません。

自己満足の自己改善や反省、独りよがりな行動、復縁したい人にありがちな部分をサポートする事で復縁屋は復縁成功率を上げる事にも協力します。

復縁したいなら自分は空港だと思って下さい。

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁工作で復縁したい相手に接触した。

そして復縁に向けた心理誘導を行う。

これだけで復縁成功するほど簡単なものではありません。

人の気持を誘導する為には誘導される側もシッカリと受け入れ態勢を作っておかなければならず、受け入れ態勢が整っていなければ復縁を考えさせた所で着陸したいとは思いません。

復縁工作で誘導する場所が荒れ果てた荒野であれば荒れ果てた荒野に降りるのではなく、整った場所に落ち着こうとします。

世の中には異性が沢山いる訳ですから、落ち着こうとする場所は沢山有るのです。

戻って来て欲しい…と考えるなら戻り易い環境を整えるのも復縁したいと思っている人物の必要な仕事です。

戻り易い環境を整備する方法を伝え、アドバイスとして戻り易い環境を作るのも復縁屋の業務の一環ですが、環境整備と誘導が上手く噛み合うからこそ復縁屋の復縁成功率は上がるのです。

1人で復縁を目指す人は復縁したいという環境を中々作りづらく、環境は相手の趣味嗜好等が分かって初めて環境作りが出来るのですが、別れた状態でも付き合っていた時の記憶で環境を作り込もうとしたり、復縁したい相手が望んでいない環境を作ろうとすれば着陸したいとは思いません。

そして1人で復縁を目指す人が環境を整える事が出来たとしても誘導して着陸させられない…というのも復縁の難しさでもあります。

復縁したい相手はどこに着陸したいのかは分かりませんが、荒野よりも環境の整った場所に着陸したいと思うものです。

しかし、一概に整った環境というのは人によって様々であり、環境を整えるというのは自分好みの環境を作るのではなく、相手に合わせた環境を作るから整った環境と呼びます。

自分は頑張っていると復縁したい相手が望んでもいない環境を作った所で着陸したいとは思いません。

相手の好みに合わせた環境作りをしなければいけない事の難しさは考えれば分かるかと思いますが、だからこそ復縁というものは難しく、そういった一つ一つを丁寧にこなしていくので復縁屋の復縁成功率は1人で復縁を目指すよりも高いのです。

そして、その環境作りを実際に行うのは復縁屋ではなく依頼者になりますから復縁屋の復縁成功率を上げる為には依頼者のご協力が必須事項である事は分かるかと思います。

■⇒絶対に復縁を考えてはいけない人

■⇒言葉に誠をこめて話す大切さ