復縁屋は復縁工作の相談をされる際に復縁調査の重要性をお客様にご説明させていただきます。

お客様にしてみれば復縁工作はしてもらいたいけど復縁調査なんていらないのではないか?と思われるかもしれません。

しかし、復縁工作を行う際に復縁屋の立場としては復縁したい相手の情報がなければ工作のしようもなく、お客様が考えている復縁したい相手と実際の復縁したい相手との情報や状況が異なる事も多く、その異なった情報を正しい情報として認識する為に復縁屋は復縁調査をおススメさせていただいています。

復縁屋ジースタイルでも復縁調査の重要性は復縁工作のご契約前にシッカリとご説明させていただいていますが、その復縁調査を行う調査員は普段どんな調査を行っているのか?復縁調査員について書いてみたいと思います。

復縁調査員の拘束時間

復縁調査を行う際は復縁したい相手の状況によって異なります。

絶対に何時から何時までを張り込みという訳ではなく、復縁したい相手の行動次第で拘束時間は異なり、張り込みをしているのももちろん仕事の内ですが、出て来てからが本番です。

出て来るまでの時間がどの程度なのかが分からない以上、復縁調査の拘束時間は何時から何時までと確定したモノはありません。

但し、お客様からの依頼である以上、復縁調査員が勝手に時間を延長して後から料金を請求するといった事がない以上、復縁調査はある程度時間が確定したモノでもあります。

確定した時間はある様でないというのが復縁調査員の拘束時間になります。

復縁調査はどんな事を調べるの?

復縁調査員は復縁したい相手と復縁工作で接触するポイント、交友関係等、復縁に必要であろうことは全て調べます。

状況を把握する為に必要な情報はあって困るモノではなく、情報がないよりはある方が復縁工作をする際もやりやすいという事もありますが、様々な情報が入手する事が出来る為に復縁アドバイスを行う際にも適切な復縁アドバイスをする事が出来ます。

復縁調査を行う事は工作に繋げる為だけのものではなく、お客様の復縁の為の自己改善によるものにも必要になります。

復縁の為に必要な情報は新たな異性の有無だけではない為、復縁調査で得る情報はそれら新たな異性の存在だけではなく、復縁したい相手の行動など、お客様からヒアリングした際に聞いている情報と間違いがないのか?そして復縁工作で事前に接触出来るポイントとして話していた部分に間違いがなく、実際にそこでの接触が可能なのか?

調査をするという事は過去のお客様と復縁したい相手とのやり取り等を分析調査する事も調査の一種ですから、お客様が別れてしまった原因などを過去のやり取りから調べていく事ももちろんですし、一概に尾行、張り込みだけが復縁調査の仕事とは言えません。

復縁調査の結果報告って?

復縁調査は浮気調査と異なり、裁判の資料として使用していただく為のものではありません。

裁判の資料として提出する様な確たる証拠、そして誰がどう見ても浮気しているであろう。といった間違いのない証拠を必要とするモノではなく、復縁の為の情報収集を目的として行うモノですから結果報告に関しても浮気調査の結果報告とは多少異なります。

SNSで知り合った人物で実は本名を知らなかった…といった際にはもちろん本名を調べたものを結果報告として提出させていただきますし、調査報告というモノはお客様の知りたい情報とは別に復縁に向けての足掛かりであるモノを報告させていただきます。

調査結果の報告は昨今ではメールやライン等の電子通信を使っての対応をさせていただく事が多く、紙資料での報告書を渡す際に復縁したい相手に見られてしまったら…という観点から拒否をされる人もとても多く、お客様のニーズに合わせた対応をさせていただいています。

復縁調査員が調べ上げた情報を犯罪行為に使用しないという確約を得た上で知り得た情報を提供させていただく事が復縁調査の報告書になり、そういった報告書は知り得た情報を全て提出させていただく形となります。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています